空気品質およびガス検出

可変風量制御(VAV)ボックス

設計上の考慮事項

大気環境センサとガス検出センサは、ほこりの粒子、揮発性有機化合物(VOC)汚染物質、CO2 などの気体と粒子を検出し、換気の制御が可能です。換気量が多すぎる場合、電力消費が大きくなるほか、HVAC(空調)システム内で、かびや白かびが増殖する可能性があります。一方、換気量が少なすぎる場合、眠気、めまい、呼吸器疾患関連の問題を発生させる可能性があり、長期的な健康問題につながります。適切な大気環境センサとガス検出センサを使用すると、ビル内に新鮮な空気を取り入れ、汚染物質を取り除くことができます。TI Designs リファレンス・デザインは、以下の機能を実現します:

  • 酸素、ガス、PM2.5 粒子、PM10 粒子を測定するためのアナログ・フロント・エンド(AFE)ソリューション
  • ワイヤレス・センサ・ノード(WSN)でバッテリ寿命を大幅に延長
  • Wi-Fi ブリッジを使用して、有線通信システムワイヤレス通信システムを追加

技術資料

アプリケーション・ノート

アプリケーション・ノート (6)

タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 表示回数 英語版
PDF 323 KB 2018年 2月 12日 0
PDF 140 KB 2018年 2月 12日 0
PDF 142 KB 2018年 2月 6日 0
PDF 100 KB 2018年 1月 10日 0
PDF 339 KB 2017年 11月 27日 0
HTM 8 KB 2013年 2月 12日 0

製品カタログ/ホワイト・ペーパー

ホワイト・ペーパー (4)

タイトル 概要 種類 サイズ (MB) 日付 表示回数 英語版
PDF 1.23 MB 2018年 1月 10日 0
PDF 775 KB 2016年 8月 25日 0
PDF 960 KB 2016年 3月 21日 0
PDF 884 KB 2015年 11月 4日 0

ブログ

サポートとトレーニング

TI のサポート・フォーラムをお試しください
このパーツに関連するエキスパートからの回答の検索 新しい質問の投稿

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください。