V2X(車車間 / 路車間通信)

テレマティックス - V2X(車車間 / 路車間通信)

設計上の考慮事項

V2X(車車間および路車間通信)は、米国運輸省が主に推進している、テレマティックスの次の大きなステップです。車両相互間、または車両と「他の各種要素」(路側機や情報システムなど)の間で情報を受け渡すことができるマルチポイント・ネットワークを意味します。TI のリファレンス・デザインと関連 IC を採用すると、帯域幅拡大やソリューション・サイズ縮小を実現し、より小型、より高速、より効率的な V2X 設計が可能になります。

V2X の利点:

  • 車両、インフラ、クラウドの相互間で、安全かつ信頼性の高い通信
  • DSRC(専用短距離通信)と携帯電話 / スマートフォン・ベースの通信を活用した、交通の改善
  • 車両と他の要素の相互間でコネクティビティのレベルが向上

技術資料

セレクション/ソリューション・ガイド

セレクション・ガイド (1)

タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 表示回数 英語版
PDF 120 KB 2018年 7月 27日 0

ブログ

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください