WLAN/Wi-Fi アクセス・ポイント

TI によるワイヤレス・アクセス ポイント システム ソリューション

設計上の考慮事項

Wireless Access Point System

Wireless Access Point System shows a portable wireless sensor module (PWSM) with low frequency (LF) wake up function, data communication over Sub 1GHz Band and LF wireless rechargeable.

A typical task of the PWSM is capture data from different sensors over a long period by a LF wake up interrupt start to transmit the stored data to a CC430F6147 wireless access point system (WAPS). That means the LF wake up control the date when the transfer of sensor data start. This may occur depending on the customer application several times a day. The standard control function of PWSM is carried out by LF signal.

LF wake up can be done by a LF reader or WAPS. Depending of the LF antenna type the distance between LF reader or WAPS and PWSM can be up to 4m (13 feet).

PWSM can be used depending on the battery size long periods, without recharging.

Even the LF wireless battery charge was done with the LF reader or WAPS (charging station). For battery recharging we send out a 134.2 kHz CW signal on the charging station. In the LF wireless battery recharging mode should be placed the PWSM at the distance of about 20 mm (0.787 in) from the charging station.

During the recharging process can be transmit data and start firmware update (BSL) over Sub 1GHz Band.

RF430F5978 combines a CC430F6137 ultra-low-power microcontroller system-on-chip with integrated sub 1GHz transceiver cores consists of several devices featuring different sets of peripherals targeted for a wide range of applications. The architecture, combined with five low-power modes, is optimized to achieve extended battery life in portable measurement applications. The device features the powerful MSP430™ 16-bit RISC CPU, 16-bit registers, and constant generators that contribute to maximum code efficiency. The RF430F5978 provides a tight integration between the microcontroller core, its peripherals, software, and the RF transceiver, making these true system-on-chip solutions easy to use as well as improving performance.

Power Management device TPS62175 regulated the input LF antenna voltage 4.75V-28V to step down to input voltage 5.0V for battery charger device BQ24040. BQ24040 is a high integrated Li-Ion and Li-Pol linear charger device. The BQ24040 managed the recharge process of the LI-Ion battery. VDD voltage of RF430F5978 is controlled by TPS71401 for power up and guaranteed system operation, but the TPS62238 controlled the VDD voltage in active and Sleep mode.

技術資料

アプリケーション・ノート

アプリケーション・ノート (6)

タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 表示回数 英語版
PDF 113 KB 2018年 7月 20日 0
PDF 3.1 MB 2017年 2月 10日 0 英語版をダウンロード (Rev.A)
HTM 8 KB 2016年 9月 7日 0
PDF 114 KB 2014年 4月 11日 0
HTM 8 KB 2012年 9月 7日 0
HTM 8 KB 2007年 11月 30日 0

製品カタログ/ホワイト・ペーパー

製品カタログ (1)

タイトル 概要 種類 サイズ (MB) 日付 表示回数 英語版
PDF 398 KB 2010年 5月 3日 0

ホワイト・ペーパー (2)

タイトル 概要 種類 サイズ (MB) 日付 表示回数 英語版
PDF 106 KB 2014年 3月 13日 0
PDF 1.45 MB 2014年 2月 20日 0

ブログ

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください