ポインティング・デバイス

TI 製 2.4GHz RF SOC とブースト・コンバータを使用するワイヤレス・キーボードとワイヤレス・マウス用ブロック図 (SBD)

設計上の考慮事項

ワイヤレス・マウスは、ノート PC やデスクトップ PC ユーザーにとって欠かせないアクセサリになりつつあります。

ワイヤレス・マウスを設計する際は、高性能なシステムを維持すると同時に、バッテリー寿命を延長できるように消費電力を最適なレベルに抑える必要があります。ナノ・ドングルのようなマウスに人気が集まる最近の傾向によって、小型の IC ソリューションのニーズも高まっています。

CC2510Fx/CC2511Fx を使用した TI のソリューションは、低消費電力のワイヤレス・アプリケーション向けに設計された、真の低コストな 2.4GHz システム・オン・チップ(SoC)です。CC2510Fx/CC2511Fx は、最先端の RF トランシーバ CC2500 の優れた性能と、最大 32KB のシステム内蔵プログラマブル・フラッシュ、4KB の RAM、およびその他の強力な機能を持つ、業界標準である 8051 MCU のエンハンスト・バージョンを組み合わせています。小型の 6x6mm パッケージは、ワイヤレス・マウス・アプリケーションに最適です。

CC2510Fx/CC2511Fx は、超低消費電力を必要とするシステムに最適です。これは複数の高度な低消費電力の動作モードを備えているため、ごくわずかな電流しか必要としません。8051 マイクロコントローラ・コア(内蔵)は、高性能な低消費電力ブロックでもあります。

CC2511Fx には、フルスピード USB コントローラが追加されています。 - USB インターフェイスを使用した PC への接続が迅速かつ簡単になり、USB インターフェイスの高データ・レート(12Mbps)により、RS-232 またはロースピード USB インターフェイスのボトルネックを回避できます。

コア RF SOC 周辺のパワー・ブロック向け TI のソリューション - (USB 5V から降圧する)送信側の LDO および受信側のブースト・コンバータは、超低消費電力で実装面積が小さいため、システム全体の性能、消費電力、およびサイズを最適化できます。

View more

技術資料

アプリケーション・ノート

アプリケーション・ノート (1)

タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 743 KB 2012年 9月 5日

技術記事

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください