リピータ

リピータ向け IC / リファレンス・デザイン

設計上の考慮事項

ワイヤレス・リピータは、空港、ショッピング・モール、公共施設などの大きな建物の内部で携帯電話の信号を増幅し、これがワイヤレス・インフラ・ネットワークの重要機能の一つとなっています。しかし、近年の携帯電話会社の統合により、一部の電話会社では、連続しないスペクトラム帯域が使用されています。この結果、電話会社の複数のスペクトラム帯域を 1 つのワイヤレス・リピータ・デバイスで増幅するのが非常に困難になります。

電話会社は、自社のスペクトラム帯域を選択的に増幅することを要求しており、他の会社が所有する帯域への干渉を起こさないように、携帯電話リピータは、他社が所有する帯域に属するワイヤレス信号を除去するか、抑制する必要があります。これらの帯域は、増幅中のチャネルに隣接している場合があります。機器メーカーは、デジタル・シグナル・プロセッサ技術の高レベルな精度および再現性を利用して、ワイヤレス・インフラ・アプリケーション向けの信号リピータを短期間で開発し、市場に投入する傾向にあります。さらに、デジタル・テクノロジーを導入することにより、アナログ・リピータの実装に比べて、BOM(部品表)、開発コスト、および製造コストが大幅に削減されます。

完全な IF トランシーバ・シグナル・チェーンの実装とデジタル・フィルタ設計ツールと一緒に TI の TSW4100 デジタル・リピータ・デモンストレーション・キットを使用することにより、機器のメーカーは、ワイヤレス・インフラ・デジタル・リピータ・システムを以前よりもはるかに短期間で、コスト効率よく市場に投入することができます。TSW4100 は、スペクトル内の他のチャネルに干渉や増幅をしないで、3 つのチャネル(各 5MHz 幅)と 1 つのチャネル(10MHz 幅)を増幅できます。TSW4100 を使用すると、リピータのコンセプト実証設計を短期間で実装し、市場への投入期間を大幅に削減できます。さらに、デジタル・フィルタ設計ソフトウェアを備えた、完全な TSW4100 デモ・キットを使用すると、アナログ・フィルタ設計技術に比べて、高精度なシグナル・フィルタの開発期間を 1/10 に削減できます。

推奨リソース

arrow プロセッサ電源のリファレンス・デザイン
arrow TSW4100 回路図

技術資料

アプリケーション・ノート

アプリケーション・ノート (2)

タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 表示回数 英語版
HTM 8 KB 2006年 1月 25日 15
HTM 8 KB 2004年 6月 3日 7

設計ファイル (1)

タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 表示回数 英語版
PDF 399 KB 2008年 1月 9日 58

製品カタログ/ホワイト・ペーパー

製品カタログ (2)

タイトル 概要 種類 サイズ (MB) 日付 表示回数 英語版
PDF 228 KB 2011年 6月 9日 58
PDF 208 KB 2011年 4月 25日 194

ホワイト・ペーパー (4)

タイトル 概要 種類 サイズ (MB) 日付 表示回数 英語版
PDF 1014 KB 2011年 5月 17日 119
PDF 562 KB 2010年 12月 21日 50
PDF 423 KB 2010年 11月 9日 67
PDF 180 KB 2009年 10月 26日 44

サポートとトレーニング

TI のサポート・フォーラムをお試しください
このパーツに関連するエキスパートからの回答の検索 新しい質問の投稿

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください。

その他のサポート

ニュース・リリース/寄稿記事

Blogs