LMK04610 デュアル PLL 付き超低ノイズ / 低電力 JESD204B 準拠クロック・ジッタ・クリーナの EVM
LMK04610EVM
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報


主なドキュメント
Download - PDF Icon

概要

The LMK04610EVM features LMK04610 ultra Low-noise and low power JESD204B compliant Dual Loop Jitter Cleaner. With a power consumption of only 900 mW with all outputs running, LMK04610 supports sub-74 fs jitter (12 kHz to 20 MHz) using a low noise VCXO module. Integrated LDOs provide high PSRR that enables the use of DC/DC converters.

特長
  • Dual Loop Architecture with typical 60 fs rms from 10 kHz to 20 MHz  at 122.88 MHz output frequency
  • Integrated Loopfilter support easy prototyping
  • 0.9 W typical power consumption for 10 outputs at 122.88 MHz
  • Jumper configurable supplies with on-board LDOs and DCDC converters
  • GUI platform for full access to device registers

製品内容

  • LMK04610EVM
  • USB2ANY Programmer

注文
型番 TI またはサードパーティからご購入 オーダー・オプション 供給状況

LMK04610EVM:
LMK04610 デュアル PLL 搭載、超低ノイズ / 低電力 JESD204B 準拠クロック・ジッタ・クリーナの EVM

$399.00(USD)


価格は各社サイトをご覧ください



ACTIVE

TI の評価品に関する標準契約約款が適用されます

技術資料
データシート (2)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 8677 2017年 10月 26日 最新の英語版をダウンロード (Rev.B)
PDF 2967 2018年 1月 9日
ユーザー・ガイド (1)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 8637 2017年 2月 1日
その他の技術資料 (1)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 38 2019年 1月 2日
関連製品

ソフトウェア (1)

名前 型番 ソフトウェア・タイプ
テキサス・インスツルメンツのクロックおよびシンセサイザ(TICS)プロ・ソフトウェア  TICSPRO-SW  アプリケーション・ソフトウェアとフレームワーク 

TI デバイス (5)

型番 名前 製品ファミリ
LMK04610  デュアル PLL 搭載超低ノイズ / 低消費電力 JESD204B 準拠クロック・ジッタ・クリーナ  クロックとタイミング 
LP5907  250mA、超低ノイズ、低ドロップアウト・レギュレータ  電源 IC 
SN74AVC2T45-Q1  オートモーティブ、2 ビット、デュアル電源バス・トランシーバ、設定電圧なレベル変換 / 3 ステート  電圧レベルシフタ 
TPS54120  Integrated DCDC and LDO Low Noise 1A Power Supply  降圧 
TPS7A8101  Low-Noise, High-Bandwidth PSRR, Low-Dropout 1-A Linear Regulator  電源 IC 

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

技術記事