Linux ドライバ、OPT3001 用 OPT3001SW-LINUX (供給中)

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報



概要

The Linux driver supports the OPT30001 Digital Ambient Light Sensor (ALS) with High Precision Human Eye Response. The Linux driver supports communication through the I2C bus and registers to the IIO (Industrial Input/Output) class of the Linux kernel.

 

Linux Mainline Status

Available in Linux Main line: Yes
Available through git.ti.com: N/A

Supported Devices:

  • opt3001

 

Linux Source Files

The files associated with this device are:

  1. drivers/iio/light/opt3001.c

Source Files

drivers/iio/light/opt3001.c

 

Enabling Driver Support

Configure kernel with "make menuconfig" (alternatively use "make xconfig" or
"make nconfig")

Menuconfig Location

Symbol: OPT3001 [=y]
Type  : tristate
Prompt: Texas Instruments OPT3001 Light Sensor
  Location:
    -> Device Drivers
      -> Industrial I/O support (IIO [=y])
        -> Light sensors
  Defined at drivers/iio/light/Kconfig:226
  Depends on: IIO [=y] && I2C [=y]

Fixes and Code Enhancements

 

If there are fixes and or code enhancements that need to be added to this
driver please either

1. Send the patches to the relevant Linux Kernel community as listed in the maintainers file located: Here

or

2.  Contact your TI representative.

 

関連製品

TI デバイス (2)

型番 名前 製品ファミリ
OPT3001  周辺光センサ  特殊センサ 
OPT3006  超薄型周辺光センサ(ALS)  特殊センサ 

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

技術記事