4 回路出力、高効率フライバック、インバータ内の絶縁ゲート・ドライバ用 - リファレンス・デザイン
PMP9486
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報


リファレンス・デザインと TI のリソースに関する重要なお知らせと免責事項を表示


概要

PMP9486 は 4 出力の Fly-Buck コンバータであり、DC/AC セクションの絶縁型ドライバ段(グランドを基準とするハイサイド・ソース)の駆動を目的としています。用途は、商用または家庭用のインバータ(たとえば、ソーラー・マイクロ・インバータ)であり、LM5017 レギュレータ IC を使用しています。  このデザインは、20Vin ~ 40Vin DC の入力(マイクロインバータの場合はシングル・パネルから、または 12V/24V のバッテリから)を受け入れ、絶縁型の 14.5V と 9V @100mA(共通のグランドが基準)という出力を供給します。  フライバック・コンバータやプッシュプル・コンバータを使用する場合に比べて、小型サイズ、安価、より効率的なソリューションという特長があります。  各出力に 100mA 負荷が接続されている場合に、88% の高効率を達成します。

特長
  • 簡潔、少ない BOM(部品表)点数、低コストのデザイン
  • ループ補償が不要
  • 既製の磁気製品
  • クランプ回路なしで過渡保護
  • 各出力に 100mA 負荷が接続されている場合に 88% の効率
  • インバータの場合は、外部アダプタが不要

リファレンス・デザインと TI のリソースに関する重要なお知らせと免責事項を表示


  



回路図/ブロック図

システム全体の機能把握をサポート。

回路図のダウンロード

テスト・データ

認証済みテスト、シミュレーション・データをもとに結果を表示。

テスト・データのダウンロード

設計ファイル

設計期間の短縮をサポートする、そのまま使えるシステム・ファイルを ダウンロード。Viewerの取得。

設計ファイルのダウンロード


機能一覧
 PMP9486.1
(Output Voltage 1)
Vin (Min) (V)20
Vin (Max) (V)40
Vout (Nom) (V)14
Iout (Max) (A).1
Output Power (W)1.4
絶縁/非絶縁Isolated
入力タイプDC
トポロジーFlybuck

TI デバイス (1)

リファレンス・デザインで使用されている TI 製品の無償サンプルのご注文とツールのご購入

型番 名前 製品ファミリ 無償サンプル/購入 設計キット&評価モジュール
LM5017  LM5017 100 V、600 mA、コンスタント・オンタイム、同期整流・降圧   オフライン型 / 絶縁型 DC/DC コントローラとコンバータ  無償サンプル/購入 設計キット&評価モジュール表示

シンボル/フットプリント

型番 パッケージ | ピン数 CAD ファイル(.bxl) STEP モデル(.stp)
LM5017 ダウンロード ダウンロード
ダウンロード ダウンロード

テキサス・インスツルメンツは Accelerated Designs, Inc. と連携して、TI 製品用の回路図記号と PCB レイアウト・フットプリントを提供しています。

ステップ 1: ソフトウェアをダウンロードしてインストールします 無償ダウンロード

ステップ 2:CAD ファイル(.bxl)のテーブルから記号およびフットプリントをダウンロードします。


技術資料

リファレンス・デザインと TI のリソースに関する重要なお知らせと免責事項を表示

ユーザー・ガイド (1)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 2249 2014年 9月 23日
設計ファイル (3)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
ZIP 160 2014年 9月 23日
PDF 23 2014年 9月 23日
PDF 205 2014年 9月 23日

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

技術記事