DRA8x Jacinto™ プロセッサ向けプロセッサ・ソフトウェア開発キット(SDK)
PROCESSOR-SDK-DRA8X
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報


注文
型番 TI またはサードパーティからご購入 アラートを受け取る 供給状況 現在のバージョン   更新日   OS  

PROCESSOR-SDK-LINUX-AUTOMOTIVE-DRA80M:
DRA80M 向け車載 Linux プロセッサ SDK

無償



ACTIVE 06.00.00.07   07-Jul-2019   Linux  

概要

プロセッサ SDK Linux Automotive はインフォテインメント/ゲートウェイ SoC である TI の Jacinto™ DRAx ファミリ向けの基礎的なソフトウェア開発プラットフォームです。このソフトウェア・フレームワークにより、次世代自動車向けの再構成可能なデジタル・インストルメント・クラスタ、統合型コックピット、車内インフォテインメント、テレマティクス、リアシート・インフォテインメント、ゲートウェイ・コントローラ、ドメイン・コントローラなど、機能の豊富なインフォテインメント/ゲートウェイ・ソリューションの開発が可能になります。この SDK は共通のプロセッサ SDK プラットフォームをベースとしています。

特長
  • Open Linux のサポート
  • Linux のカーネルとブートローダ
  • ファイル・システム
  • サンプル・アプリケーション:
    • Arm ベンチマーク:Dhrystone、Linpack、Whetstone
    • 暗号化:AES、3DES、MD5、SHA
    • プログラマブル・リアルタイム・ユニット(PRU)
    • コア間通信向け IPC
    • リアルタイム・コア向け TI-RTOS
  • フラッシュ・ツールや Pin Mux Utility などのホスト・ツール
  • Linux 開発向け Code Composer Studio™ IDE
  • 技術資料

技術資料
ホワイト・ペーパー (6)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 3302 2020年 2月 28日 英語版をダウンロード
PDF 3332 2020年 1月 28日 英語版をダウンロード
PDF 1440 2020年 3月 1日
PDF 1856 2020年 3月 1日
PDF 847 2020年 3月 1日
PDF 809 2020年 3月 1日
関連製品

ハードウェア開発 (1)

名前 型番 ツール・タイプ
DRA80xM の評価モジュール  DRA80XMEVM  評価基板 

TI デバイス (1)

型番 名前 製品ファミリ
DRA80M  車載ゲートウェイ向け、デュアル Arm Cortex-R5F 採用、最大クワッド構成の Arm Cortex-A53 / 統合型マイコン  オートモーティブ・プロセッサ 

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

技術記事