センサ・コントローラ・スタジオ(未定)
SENSOR-CONTROLLER-STUDIO
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報


注文
型番 TI またはサードパーティからご購入 アラートを受け取る 供給状況 現在のバージョン   更新日  

SENSOR-CONTROLLER-STUDIO:
センサ・コントローラ・スタジオ

無償



ACTIVE 2.5.0   25-JUL-2019  

概要

Sensor Controller Studio is used to write, test and debug code for the CC26xx/CC13xx Sensor Controller, allowing for ultra-low power application design.

The tool generates a Sensor Controller Interface driver, which is a set of C source files to be compiled into the System CPU (ARM Cortex-M3/M4) application. These source files contain the Sensor Controller firmware image and associated definitions, and generic functions that allow the System CPU application to control the Sensor Controller and exchange data.

The Sensor Controller is a small CPU core that is highly optimized for low power consumption and efficient peripheral operation. The Sensor Controller is located in the CC26xx/CC13xx auxiliary (AUX) power/clock domain, and can perform simple background tasks autonomously and independently of the System CPU and the MCU domain power state. Such tasks include but are not limited to:

  • Analog sensor polling, using the ADC or comparator
  • Digital sensor polling, using SPI, I2C or other protocols
  • Capacitive sensing, using current source, comparator and time-to-digital converter (TDC)

The Sensor Controller is user programmable, using a simple programming language with syntax similar to C. This allows for sensor polling and other tasks to be specified as sequential algorithms, rather than static configuration of complex peripheral modules, timers, DMA, register programmable state machines, event routing and so on. The main advantages are:

  • Flexibility
  • Dynamic reuse of hardware resources
  • Ability to perform simple data processing without need for dedicated hardware
  • Observability and debugging options

Resources

特長
  • Contains ready to use examples for several common use-cases
  • Full toolchain with built-in compiler and assembler for programming in a C-like programming language
  • Provides rapid development by using the integrated sensor controller task testing and debugging functionality including visualization of sensor data and verification of algorithms
  • Generates code that is easy to integrate into the system CPU application
  • Software examples and code generation for System CPU application projects IAR and CCS

技術資料
その他の技術資料 (2)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 1067 2019年 7月 29日
PDF 261 2019年 1月 4日
関連製品

設計キット&評価モジュール  ( 10 )

TI デバイス (15)

型番 名前 製品ファミリ
CC1310  SimpleLink™ Sub-1 GHz 超低消費電力ワイヤレス・マイコン  SimpleLink ソリューション 
CC1312R  SimpleLink™ Sub-1GHz ワイヤレス・マイコン  SimpleLink ソリューション 
CC1350  SimpleLink 超低消費電力デュアル・バンド・ワイヤレス・マイコン  SimpleLink ソリューション 
CC1352P  パワー・アンプ内蔵の SimpleLink™ マルチバンド・ワイヤレス・マイコン  SimpleLink ソリューション 
CC1352R  SimpleLink™ マルチバンド・ワイヤレス・マイコン  SimpleLink ソリューション 
CC2620  SimpleLink™ RF4CE 超低消費電力ワイヤレス・マイコン  ワイヤレス・コネクティビティ 
CC2630  SimpleLink™ ZigBee および 6LoWPAN 超低消費電力ワイヤレス・マイコン  SimpleLink ソリューション 
CC2640  SimpleLink Bluetooth Smart 超低消費電力ワイヤレス・マイコン  SimpleLink ソリューション 
CC2640R2F  SimpleLink Bluetooth® Low Energy ワイヤレス・マイコン  SimpleLink ソリューション 
CC2640R2F-Q1  車載認証済み SimpleLink Bluetooth® Low Energy ワイヤレス・マイコン  SimpleLink ソリューション 
CC2642R  SimpleLink™ Bluetooth® Low Energy ワイヤレス・マイコン  SimpleLink ソリューション 
CC2650  SimpleLink マルチスタンダード 2.4 GHz 超低消費電力ワイヤレス・マイコン  SimpleLink ソリューション 
CC2652P  SimpleLink™ Arm Cortex-M4F multiprotocol 2.4 GHz wireless MCU with integrated power amplifier  SimpleLink ソリューション 
CC2652R  SimpleLink™ マルチスタンダード・ワイヤレス・マイコン  SimpleLink ソリューション 
CC2652RB  SimpleLink™ Arm® Cortex®-M4F multiprotocol 2.4 GHz crystal-less BAW wireless MCU  SimpleLink ソリューション 

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

技術記事