C64x+ IQMath ライブラリ、仮想浮動小数点エンジン
SPRC542
この製品はすでに市場にリリースされており、ご購入できます。 一部の製品は、より新しい代替品を使用できる可能性があります。

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報


注文
型番 TI またはサードパーティからご購入 供給状況 現在のバージョン   更新日   説明  

C64XPLUS-IQMATHSRC:
C64x+ IQMath ライブラリ - ソース

無償



ACTIVE v2.01.04.00   23 MAY 2011   Source code for TMS320C64x+ IQMath library.  

SPRC542:
C64x+ IQMath ライブラリ - バイナリ(承認不要)

無償



ACTIVE v2.01.04.00   23 MAY 2011   IQmath is a collection of high precision mathematical functions to port the floating-point algorithm into fixed point code on C64x+ devices.  

概要

Texas Instruments TMS320C64x+ IQmath Library is collection of highly optimized and high precision mathematical Function Library for C/C++ programmers to seamlessly port the floating-point algorithm into fixed point code on TMS320C64x+ devices. These routines are typically used in computationally intensive real-time applications where optimal execution speed & high accuracy is critical. By using these routines you can achieve execution speeds considerable faster than equivalent code written in standard ANSI C language. In addition, by providing ready-to-use high precision functions, TI IQmath library can shorten significantly your DSP application development time. The IQmath library release also includes example implementation of complex FFT and FIR kernels using the IQmath kernels.

技術資料
ユーザー・ガイド (1)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 286 2008年 12月 1日
関連製品

ソフトウェア (1)

名前 型番 ソフトウェア・タイプ
C64x+IQMathLibrary Simulink ブロック  SPRC590  ソフトウェア・ライブラリ 

TI デバイス (3)

型番 名前 製品ファミリ
TMS320C6457  通信インフラ・デジタル・シグナル・プロセッサ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
TMS320C6474  マルチコア・デジタル・シグナル・プロセッサ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
TMS320DM648  デジタル・メディア・プロセッサ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

技術記事