マルチメディア・フレームワーク製品(MFP)- コーデック・エンジン、フレームワーク・コンポーネントおよび XDAIS

(供給中) TMDMFP

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報


注文
型番 TI またはサードパーティからご購入 供給状況

MFP-LINUXUTILS:
TI Linux ユーティリティ

無償


ACTIVE

MFP-WINCEUTILS:
TI WinCE ユーティリティ

無償


ACTIVE

MFP-XDAIS:
TI eXpressDSP アルゴリズム相互運用性規格開発キット


ACTIVE

MFP-CODECENGINE:
TI コーデック・エンジン

無償


ACTIVE

MFP-FRAMEWORKCMPNTS:
TI フレームワーク・コンポーネント

無償


ACTIVE

TMDMFP:
マルチメディア・フレームワーク製品(MFP)- コーデック・エンジン、フレームワーク・コンポーネントおよび XDAIS

該当なし ACTIVE

概要

Multimedia Framework Products (MFP)

A major advantage of programmable DSPs over fixed-function devices is their ability to accelerate multiple multimedia functions in a single device. TI multimedia framework products are designed to enable users to easily share a DSP between algorithms by handling issues like data buffer cache coherency, DMA resource contention, and efficient use of scratch memory. Developers can then leverage their application-specific expertise to create differentiated products.

TI provides both a codec execution framework, known as Codec Engine, as well as lower-level components for developers who wish to create an eXpressDSP-compliant framework from scratch. If you previously used TI References Frameworks (such as RF5), please contact TI for information on these.

特長
Multimedia Framework Products (MFP) - Codec Engine and xDAIS Framework Components

Codec Engine - Codec Engine is a codec execution framework that automates the invocation and instantiation of eXpressDSP-compliant codecs and algorithms. Codec Engine can execute in ARM-only, ARM-DSP, or DSP-only environments and supports concurrent execution of multiple channels and codecs. It does not provide A/V synchronization or manage application I/O, but rather accepts and delivers elementary audio and video streams. Codec Engine is designed to be used in conjunction with higher layer frameworks or middleware that provide a/v synchronization, video port and disk I/O, or network streaming while calling Codec Engine's eXpressDSP-compliant APIs for actual encoding, decoding, and processing. This approach enables system providers to easily differentiate their applications while still leveraging Codec Engine.

In the ARM environment, Codec Engine is currently ported to the Linux operating system. Contact your TI sales representative to inquire about availability of Codec Engine for other ARM operating systems. In DSP environments, Codec Engine uses the DSP/BIOS operating system. Codec Engine performs the following functions:
  • Automated dynamic instantiation of eXpressDSP-compliant codecs, including creation of a DSP/BIOS task to execute the codec and providing DMA and scratch memory resources as requested by the codec through the IALG and IDMA interfaces. Codec Engine simplifies the task of efficiently executing multiple codecs on a single DSP.
  • Transparent execution of codecs regardless of where the application resides with the respect to the codecs. In some ARM-DSP applications, it may be desirable to execute audio codecs, for example, on the ARM and video codecs on the DSP. In addition, developers may have multiple versions of an application code base, some using ARM-DSP based devices and others using DSP-only devices. Codec Engine provides the same application interface for invoking a codec regardless of whether the codec resides on the same core or whether it needs to be invoked remotely on a DSP from an ARM. Codec Engine automatically handles the remote invocation and execution and any required cache management for the data buffers.
  • Codec Engine provides APIs for acquiring system resource data, such as DSP CPU and memory usage by codecs. Developers can view this system resource data using the Eclipse-based Data Visualization Toolkit.
  • Codec Engine provides standardized configuration tooling for creating the codec combinations needed for a specific application.
xDAIS Framework Components - For developers who prefer complete control over application development, TI also provides low-level components that enable a framework to easily interact with eXpressDSP-compliant algorithms. xDAIS Framework Components query algorithms for their memory and DMA resource requirements and then enable sharing of resources if desirable. xDAIS Framework Components include the following three modules:
  • DSKT: DSKT uses the xDAIS IALG interface to determine what system memory resources they require and then allocates the memory while instantiating the codec.
  • DMAN3: DMAN uses the xDAIS IDMA3 interface to determine which DMA resources are required by a codec. DMAN3 includes several enhancements to take full advantage of the DMA (including QDMA and EDMA 3.0) capabilities offered by the 64+ core.
  • ACPY3: ACPY3 is commonly used by video codecs that frequently perform memory-to-memory copies. ACPY3 performs fast DMA-based memory-to-memory copies using DMA resources acquired through DMAN3. ACPY3 is highly optimized to deliver maximum performance for 64+ devices.

Multimedia Framework Products (MFP) - Downloads

Multimedia Framework Products (MFP) - includes the following:
技術資料
データシート (1)
タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 表示回数 英語版
PDF 1189 2010年 6月 24日
アプリケーション・ノート (2)
タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 表示回数 英語版
PDF 859 2007年 10月 29日 0
複数ファイル   2007年 2月 20日 0
ユーザー・ガイド (2)
タイトル 概要 種類 サイズ (KB) 日付 表示回数 英語版
PDF 259 2007年 9月 30日 0
PDF 201 2007年 9月 30日 0
関連製品

ソフトウェア (1)

名前 型番 ソフトウェア・タイプ
eXpressDSP アルゴリズム・スタンダード – xDAIS デベロッパーズ・キットと xDM  TMDXDAISXDM  ソフトウェア・コーデック 

TI デバイス (17)

型番 名前 製品ファミリ
TMS320DM335  DaVinci デジタル・メディア・システムオンチップ(DMSoC)  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
TMS320DM355  デジタル・メディア・システムオンチップ(DMSoC)  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
TMS320DM357  DaVinci デジタル・メディア・システムオンチップ(DMSoC)  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
TMS320DM6431  デジタル・メディア・プロセッサ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
TMS320DM6431Q  デジタル・メディア・プロセッサ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
TMS320DM6433  デジタル・メディア・プロセッサ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
TMS320DM6433Q  デジタル・メディア・プロセッサ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
TMS320DM6435  デジタル・メディア・プロセッサ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
TMS320DM6435Q  デジタル・メディア・プロセッサ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
TMS320DM6437  デジタル・メディア・プロセッサ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
TMS320DM6437Q  デジタル・メディア・プロセッサ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
TMS320DM6441  DaVinci デジタル・メディア・システムオンチップ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
TMS320DM6443  DaVinci デジタル・メディア・システムオンチップ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
TMS320DM6446  DaVinci デジタル・メディア・システムオンチップ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
TMS320DM6467  デジタル・メディア・システムオンチップ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
TMS320DM647  デジタル・メディア・プロセッサ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 
TMS320DM648  デジタル・メディア・プロセッサ  DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ) 

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

Blogs