ADC インターフェイス・アプリケーションにおける MFB フィルタ用の設計方法 MFBFILTER-CALC (供給中)

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報


注文
型番 供給状況

MFBFILTER-CALC:
ADC インターフェイス・アプリケーションの MFB フィルタ設計手法

ACTIVE
主なドキュメント
Download - PDF Icon

概要

NOTE: Calculator software is available when downloading the application note.

  • Click on "abstract" to view abstract of document.
  • Open the ZIP file to extract the calculator tool.
  • Open the PDF file to view the application note.

While the Multiple FeedBack (MFB) filter topology is well-known, its application to very high dynamic range analog-to-digital converter (ADC) interfaces requires a careful consideration of component value selection. This application report develops the ideal transfer function, then introduces a component selection methodology and discusses its impact on noise and distortion. The impact of the amplifier Gain Bandwidth Product on final pole locations is also included, showing several examples. A complete high dynamic range, differential I/O filter for wide dynamic range ADC driving is then designed. A simple design spreadsheet embodying this design approach is available for download with this application report.

特長

The spreadsheet comprises five related worksheets:

  1. MFBdesign: This worksheet allows the user to select a part number, set target filter specifications, and design the component values. This design sequence has been shown in the examples used in this application note.
  2. PartSelection: This worksheet contains the list of amplifiers with their required specifications and allows the designer to select a part and then load the needed data in the MFBdesign sheet. The part number must be entered in the MFBdesign sheet exactly as listed here (NOTE: Selection is case-sensitive). Also, this sheet shows the resulting loop gain plots and final phase margin. This sheet is where a CT value would be selected for noise gain control if a non-unity-gain stable amplifier is selected.
  3. NoiseGainPlot: The noise gain calculations are performed on this worksheet, with the plot replicated in the PartTable sheet.
  4. PartAolgain: Each of the device open-loop gain over frequency values are tabulated.
  5. PartAolphase: Each of the device open-loop phase values are tabulated.

技術資料
アプリケーション・ノート (1)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
複数ファイル   2005年 2月 23日
関連製品

TI デバイス (28)

型番 名前 製品ファミリ
OPA131  汎用 FET 入力オペアンプ  オペアンプ (op amps) 
OPA227  超高精度、低雑音オペアンプ  オペアンプ (op amps) 
OPA228  高精度、低ノイズ・オペアンプ  オペアンプ (op amps) 
OPA2613  デュアル、広帯域、大出力電流、オペアンプ、電流制限付  オペアンプ (op amps) 
OPA2614  デュアル、広ゲイン帯域、大電流出力オペアンプ、電流制限付  オペアンプ (op amps) 
OPA2822  SpeedPlus デュアル広帯域、低ノイズ、オペアンプ  オペアンプ (op amps) 
OPA340  単一電源、レール・ツー・レール オペアンプ MicroAmplifier™ シリーズ  オペアンプ (op amps) 
OPA350  高速、単電源、レール・ツー・レール・オペアンプ、M icroAmplifier™ シリーズ  オペアンプ (op amps) 
OPA355  2.5 V、200 MHz GBW、CMOS シングル・オペアンプ、シャットダウン付  オペアンプ (op amps) 
OPA627  高精度高速 Difet® オペアンプ  オペアンプ (op amps) 
OPA637  高精度、高速 Difet® オペアンプ  オペアンプ (op amps) 
OPA656  広帯域 ユニティ・ゲイン安定、FET入力 オペアンプ  オペアンプ (op amps) 
OPA657  1.6GHz、低ノイズ、FET入力 オペアンプ  オペアンプ (op amps) 
OPA690  広帯域、電圧帰還型オペアンプ、ディスエーブル付き  オペアンプ (op amps) 
OPA727  e-trim 20 MHz、高精度 CMOS オペアンプ  オペアンプ (op amps) 
OPA820  ユニティ・ゲイン安定、低ノイズ、電圧フィードバック・オペアンプ  オペアンプ (op amps) 
OPA830  低消費電力、単電源オペアンプ  オペアンプ (op amps) 
OPA842  広帯域、低歪、ユニティ・ゲイン・ステーブル、電圧帰還型オペアンプ  オペアンプ (op amps) 
OPA843  ワイドバンド、低歪み、中ゲイン、電圧帰還オペアンプ  オペアンプ (op amps) 
OPA846  広帯域、低ノイズ、電圧フィードバック・オペアンプ  オペアンプ (op amps) 
OPA847  広帯域、超低雑音、電圧帰還オペアンプ、シャットダウン付  オペアンプ (op amps) 
THS4031  100 MHz 低雑音 電圧帰還アンプ  オペアンプ (op amps) 
THS4130  完全差動入出力 低ノイズアンプ、シャットダウン回路付  スペシャル・ファンクション・アンプ 
THS4271  超高速、超低歪、高速アンプ  オペアンプ (op amps) 
THS4502  高速完全差動アンプ  スペシャル・ファンクション・アンプ 
THS4508  ワイドバンド 完全差動アンプ  スペシャル・ファンクション・アンプ 
THS4511  広帯域、低ノイズ、低歪み、完全差動アンプ  スペシャル・ファンクション・アンプ 
THS4631  高速 FET 入力オペアンプ  オペアンプ (op amps) 

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

技術記事