PHYTEC phyCORE-AM335x システム・オン・モジュール PHYTC-3P-PHYCORE-AM335X (供給中)

概要/特長

技術資料

注文情報



概要

PHYCORE®-AM335x SOM は高い処理性能、低消費電力、先進グラフィック処理機能を含む高集積の豊富なペリフェラル・セット、リアルタイム・プロトコル・サポートを特長とする TI の Sitara™ AM335x プロセッサ・ファミリをサポートします。この 220 ピン SOM インターコネクトにより、デュアル USB OTG、デュアル・ギガビット・イーサネット、CAN、LCD などのインターフェイスに容易にアクセスできます。

PHYTEC はシステム・オン・モジュール(SOM)、組込みミドルウェア、設計サービスで業界をリードするプロバイダ兼インテグレータであり、複雑な製品の迅速かつ容易な市場投入を可能にします。設計から製造までの段階で、お客様が PHYTEC の深い専門知識、製品の高品質、サプライ・チェーンにおけるノウハウ、迅速で協力的な活動の実践のメリットを活用できるようにしています。自社アセンブリと外部製造パートナーにより、PHYTEC は少量から量産までのカスタム・ソリューションを提供しています。

30 年以上にわたり、PHYTEC は SOM、関連ハードウェア、ソフトウェア、キット、設計サービスを広範な業界のお客様に提供してきました。PHYTEC のお客様はこれらのソリューションにより開発期間の短縮、開発コストや設計リスクの低減を実現しています。PHYTEC は TI との戦略的提携を通じて、Sitara プロセッサや他の TI デバイス向けに市場初のソリューションを発表しています。

PHYTEC は TI サードパーティ・ネットワークのメンバーであり、本社をドイツのマインツに置くとともに、拠点を米国、フランス、中国、インドに展開しています。

PHYTEC の詳細についてはwww.phytec.com をご覧ください。

特長
  • PowerVR SGX530 3D グラフィックス
  • 産業用通信サブシステム
  • 最大 1GB の DDR3 / 2GB NAND
  • SD/SDIO/MMC、USB、CAN、UART、I2S、I2C、ディスプレイ、10/100/1000Mbps イーサネット
  • 産業用温度範囲:-40℃ ~ +85℃


注文
型番 サード・パーティーからご購入 供給状況

PCM-051:
PHYTEC phyCORE-AM335x システム・オン・モジュール


To  PHYTEC
ACTIVE

TI デバイス (7)

型番 名前 製品ファミリ
AM3351  Sitara プロセッサ  Sitara プロセッサ 
AM3352  Sitara Processor: Arm Cortex-A8, 1Gb Ethernet, display, CAN  Sitara プロセッサ 
AM3354  Sitara processor: Arm Cortex-A8, 3D graphics, CAN  Sitara プロセッサ 
AM3356  Sitara processor: Arm Cortex-A8, PRU-ICSS, CAN  Sitara プロセッサ 
AM3357  Sitara processor: Arm Cortex-A8, EtherCAT, PRU-ICSS, CAN  Sitara プロセッサ 
AM3358  Sitara processor: Arm Cortex-A8, 3D graphics, PRU-ICSS, CAN  Sitara プロセッサ 
AM3359  Sitara processor: Arm Cortex-A8, EtherCAT, 3D, PRU-ICSS, CAN  Sitara プロセッサ 

シンボル/フットプリント

型番 パッケージ | ピン数 CAD ファイル(.bxl) STEP モデル(.stp)
AM3351 NFBGA (ZCE)| 298 ダウンロード
AM3352 NFBGA (ZCE)| 298 ダウンロード ダウンロード
ダウンロード ダウンロード
AM3354 NFBGA (ZCE)| 298 ダウンロード ダウンロード
ダウンロード ダウンロード
AM3356 NFBGA (ZCE)| 298 ダウンロード
ダウンロード ダウンロード
AM3357 ダウンロード ダウンロード
AM3358 NFBGA (ZCE)| 298 ダウンロード
ダウンロード ダウンロード
AM3359 ダウンロード ダウンロード

テキサス・インスツルメンツは Accelerated Designs, Inc. と連携して、TI 製品用の回路図記号と PCB レイアウト・フットプリントを提供しています。

ステップ 1: ソフトウェアをダウンロードしてインストールします 無償ダウンロード

ステップ 2:CAD ファイル(.bxl)のテーブルから記号およびフットプリントをダウンロードします。



技術記事

免責事項

(TI 以外のサイトへのリンクを含め)上記の特定の情報とリソースは、TI のデベロッパー・ネットワークに属するサード・パーティー・メンバーから提供されていることがあり、利用者の便宜を図る目的で掲載しています。TI は、かかる情報や資料の提供者ではなく、それらの内容に責任を負うこともありません。利用者は、意図している用途との適合性について、かかる情報や資料を自分自身で注意深く評価するものとします。かかる資料やリソースのここへの掲載は、TI によるそれらサード・パーティーの承認を暗黙的に意味するものではなく、単独であれ、TI のいかなる製品やサービスとの組み合わせであれ、サード・パーティーの製品またはサービスの適合性に関する保証または表明として解釈してはならないものとします。