車載シャントベース ±500A 高精度電流検出のリファレンス・デザイン TIDA-03040 (供給中)

概要/特長

技術資料

サポートとトレーニング

注文情報


リファレンス・デザインと TI のリソースに関する重要なお知らせと免責事項を表示


概要

このシャント・ベース電流センサ・リファレンス・デザインは、-40℃ ~ +125℃ の温度範囲にわたって、誤差 0.2% FSR 未満の精度を実現しています。バッテリ管理システム、モーター電流など、多くの車載アプリケーションで高精度の電流センシングは重要な役割を果たします。全般的に、これらの場所で見受けられる非線形性、温度ドリフト、シャントの公差は、精度に望ましくない影響を及ぼす可能性があります。このデザインは、TI の電流シャント・モニタ(INA240)とシグナル・コンディショナ(PGA400-Q1)を使用して、これらの問題を解決します。

特長
  • 温度範囲全体(–40℃ ~ 125℃)で 0.2% FSR の精度
  • ±500A のハイサイド / ローサイド電流センシングに最適
  • 温度と非線形性を補償(2 次の温度補償と線形性補償アルゴリズム)
  • ハーネス障害に対する保護機能(過電圧、逆極性、入出力信号の保護)
  • 電磁干渉(EMI)の保護

リファレンス・デザインと TI のリソースに関する重要なお知らせと免責事項を表示


  



回路図/ブロック図

システム全体の機能把握をサポート。

回路図のダウンロード

デザイン・ガイド

認証済みテスト、シミュレーション・データをもとに結果を表示。

デザイン・ガイドのダウンロード

設計ファイル

設計期間の短縮をサポートする、そのまま使えるシステム・ファイルを ダウンロード。Viewerの取得。

設計ファイルのダウンロード


TI デバイス (3)

リファレンス・デザインで使用されている TI 製品の無償サンプルのご注文とツールのご購入

型番 名前 製品ファミリ 無償サンプル/購入 設計キット&評価モジュール
INA240  電圧出力、ハイ/ローサイド測定、双方向、ゼロドリフト・シリーズ  電流センス・アンプ  無償サンプル/購入 設計キット&評価モジュール表示
PGA400-Q1  オートモーティブ・カタログ、プログラム可能なセンサ・シグナル・コンディショナ  特殊センサ  無償サンプル/購入 設計キット&評価モジュール表示
TPS709-Q1  150mA、30V、超低 Iq、広入力範囲、低ドロップアウト、逆電流保護付き、オートモーティブ用  電源 IC  無償サンプル/購入 設計キット&評価モジュール表示

シンボル/フットプリント

型番 パッケージ | ピン数 CAD ファイル(.bxl) STEP モデル(.stp)
INA240 ダウンロード
ダウンロード
PGA400-Q1 ダウンロード -
TPS709-Q1 ダウンロード ダウンロード
ダウンロード ダウンロード

テキサス・インスツルメンツは Accelerated Designs, Inc. と連携して、TI 製品用の回路図記号と PCB レイアウト・フットプリントを提供しています。

ステップ 1: ソフトウェアをダウンロードしてインストールします 無償ダウンロード

ステップ 2:CAD ファイル(.bxl)のテーブルから記号およびフットプリントをダウンロードします。


技術資料

リファレンス・デザインと TI のリソースに関する重要なお知らせと免責事項を表示

ユーザー・ガイド (3)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
PDF 1818 2017年 8月 7日 英語版をダウンロード (Rev.A)
PDF 3364 2017年 3月 27日
PDF 612 2015年 6月 30日
設計ファイル (6)
タイトル 種類 サイズ (KB) 日付 英語版
ZIP 433 2017年 2月 28日
ZIP 452 2017年 2月 28日
PDF 895 2017年 2月 28日
PDF 152 2017年 2月 28日
PDF 68 2017年 2月 28日
PDF 491 2017年 2月 28日

サポートとトレーニング

技術的な質問と回答を豊富に掲載している TI の包括的なオンライン・ナレッジ・ベースは 24 時間 365 日ご利用になれます。

TI のエキスパートによる回答の検索

コミュニティ内のコンテンツは、個別の TI 投稿者やコミュニティ投稿者によって「現状のまま」提供されるもので、TI による仕様の追加を意図するものではありません。
使用条件をご確認ください

TI 製品の品質、パッケージ、ご注文に関するお問い合わせは、TI のサポート・ページをご覧ください

技術記事