TI の注目ソリューション

絶縁型インターフェイス・ソリューション

TI の絶縁型インターフェイス・ソリューションは、TI の PROFIBUS と CAN トランシーバに対する 1 次側と 2 次側電源に高精度の安定化レールを提供し、高コストの光カプラ・フィードバック回路を不要にします。これにより、今日の産業用オートメーション機器向けに最もシンプルで、しかも効率と設計自由度の最も高い絶縁型インターフェイス・ソリューションが実現します。

ソリューションの主な特長:

  • TPS55010 のイネーブル、ソフト・スタート、フォルト機能により、通信インターフェイスのパワーアップ/ダウン機能のマイコンによるフル制御が可能になり、消費電力を最大限、節減できます。
  • 可変型の高スイッチング周波数により、効率の向上、ソリューション・サイズの低減、センシティブな周波数帯域の回避を実現できます。
  • TI の絶縁型 PROFIBUS と CAN トランシーバに使用されているガルバニック絶縁技術は、全使用時間と全温度/湿度範囲にわたって、定評のある信頼性と安定性を提供します。

製品情報: 

データシートのダウンロード、無償サンプル/ツールのご注文
  • TPS55010 : 2.95V ~ 6V 入力、2W、絶縁型 DC/DC コンバータ、FET 内蔵
  • ISO1176 : 絶縁型 PROFIBUS RS-485 トランシーバ
  • ISO1050 : 絶縁型 5V CAN トランシーバ


注目ソリューション 一覧