SIMPLE SWITCHER® LMZ パワー・モジュールによるカレント・シェア(電流共有)


 

新しい LMZ2 シリーズ・パワー・モジュールは複数のモジュールの並列接続により、大電流中間電圧レールと FPGA アプリケーションで最大 60A の出力電流を提供します。


LMZ10504 は EN55022(CISPR22)Class B EMI 規格に準拠しています




アプリケーションに 10A 超の負荷電流が必要な場合、新しい LMZ2 シリーズのパワー・モジュールでは、複数のデバイス間で負荷を共有する構成が可能です。

最新パワー・モジュールの中でカレント・シェア機能を持つのは、以下の 4 製品です。

製品シリーズ 製品名 出力電流 最小入力電圧 最大入力電圧 最小出力 最大出力 周波数(kHz) 周波数同期 カレント・シェア パッケージ
LMZ220xx LMZ22008 8A 6V 20V 0.8V 6V 315 ~ 600 TO-PMOD11
LMZ22010 10A
LMZ236xx LMZ23608 8A 6V 36V 0.8V 6V 315 ~ 600 TO-PMOD11
LMZ23610 10A
LMZ2360xH LMZ23606H 6A 6V 36V 3V 16V 315 ~ 600 TO-PMOD11
LMZ23608H 8A

複数のデバイス間で負荷電流を共有するには、電流を共有するすべてのモジュールの SH(シェア)ピンを接続し、1 つのモジュールをマスターとして、残りのモジュールをスレーブとして設定します。 この 3 つの簡単なステップだけで、10A を超える出力電流を実現できます。

同相動作、多相動作を含め、カレント・シェアの詳細情報については、以下のアプリケーション・ノートをご参照ください。