JAJSFS8 July   2018 BQ25601D

PRODUCTION DATA.  

  1. 特長
  2. アプリケーション
  3. 概要
    1.     アプリケーション概略図
  4. 改訂履歴
  5. 概要(続き)
  6. Device Comparison Table
  7. Pin Configuration and Functions
    1.     Pin Functions
  8. Specifications
    1. 8.1 Absolute Maximum Ratings
    2. 8.2 ESD Ratings
    3. 8.3 Recommended Operating Conditions
    4. 8.4 Thermal information
    5. 8.5 Electrical Characteristics
    6. 8.6 Timing Requirements
    7. 8.7 Typical Characteristics
  9. Detailed Description
    1. 9.1 Overview
    2. 9.2 Functional Block Diagram
    3. 9.3 Feature Description
      1. 9.3.1 Power-On-Reset (POR)
      2. 9.3.2 Device Power Up from Battery without Input Source
      3. 9.3.3 Power Up from Input Source
        1. 9.3.3.1 Power Up REGN Regulation
        2. 9.3.3.2 Poor Source Qualification
        3. 9.3.3.3 Input Source Type Detection
          1. 9.3.3.3.1 D+/D– Detection Sets Input Current Limit in BQ25601D
        4. 9.3.3.4 Input Voltage Limit Threshold Setting (VINDPM Threshold)
        5. 9.3.3.5 Converter Power-Up
      4. 9.3.4 Boost Mode Operation From Battery
      5. 9.3.5 Host Mode and Standalone Power Management
        1. 9.3.5.1 Host Mode and Default Mode in BQ25601D
      6. 9.3.6 Power Path Management
      7. 9.3.7 Battery Charging Management
        1. 9.3.7.1 Autonomous Charging Cycle
        2. 9.3.7.2 Battery Charging Profile
        3. 9.3.7.3 Charging Termination
        4. 9.3.7.4 Thermistor Qualification
        5. 9.3.7.5 JEITA Guideline Compliance During Charging Mode
        6. 9.3.7.6 Boost Mode Thermistor Monitor during Battery Discharge Mode
        7. 9.3.7.7 Charging Safety Timer
    4. 9.4 Device Functional Modes
      1. 9.4.1 Narrow VDC Architecture
      2. 9.4.2 Dynamic Power Management
      3. 9.4.3 Supplement Mode
      4. 9.4.4 Shipping Mode and QON Pin
        1. 9.4.4.1 BATFET Disable Mode (Shipping Mode)
        2. 9.4.4.2 BATFET Enable (Exit Shipping Mode)
        3. 9.4.4.3 BATFET Full System Reset
        4. 9.4.4.4 QON Pin Operations
      5. 9.4.5 Status Outputs (PG, STAT, INT)
        1. 9.4.5.1 Power Good indicator ( PGPin PG_STAT Bit)
        2. 9.4.5.2 Charging Status indicator (STAT)
        3. 9.4.5.3 Interrupt to Host (INT)
    5. 9.5 Protections
      1. 9.5.1 Voltage and Current Monitoring in Converter Operation
        1. 9.5.1.1 Voltage and Current Monitoring in Buck Mode
          1. 9.5.1.1.1 Input Overvoltage (ACOV)
          2. 9.5.1.1.2 System Overvoltage Protection (SYSOVP)
      2. 9.5.2 Voltage and Current Monitoring in Boost Mode
        1. 9.5.2.1 VBUS Soft Start
        2. 9.5.2.2 VBUS Output Protection
        3. 9.5.2.3 Boost Mode Overvoltage Protection
      3. 9.5.3 Thermal Regulation and Thermal Shutdown
        1. 9.5.3.1 Thermal Protection in Buck Mode
        2. 9.5.3.2 Thermal Protection in Boost Mode
      4. 9.5.4 Battery Protection
        1. 9.5.4.1 Battery overvoltage Protection (BATOVP)
        2. 9.5.4.2 Battery Over-Discharge Protection
        3. 9.5.4.3 System Over-Current Protection
    6. 9.6 Programming
      1. 9.6.1 Serial Interface
        1. 9.6.1.1 Data Validity
        2. 9.6.1.2 START and STOP Conditions
        3. 9.6.1.3 Byte Format
        4. 9.6.1.4 Acknowledge (ACK) and Not Acknowledge (NACK)
        5. 9.6.1.5 Slave Address and Data Direction Bit
        6. 9.6.1.6 Single Read and Write
        7. 9.6.1.7 Multi-Read and Multi-Write
    7. 9.7 Register Maps
      1. 9.7.1  REG00 (address = 00) [reset = 00010111]
        1. Table 6. REG00 Field Descriptions
      2. 9.7.2  REG01 (address = 01) [reset = 00011010]
        1. Table 7. REG01 Field Descriptions
      3. 9.7.3  REG02 (address = 02) [reset = 10100010]
        1. Table 8. REG02 Field Descriptions
      4. 9.7.4  REG03 (address = 03) [reset = 00100010]
        1. Table 9. REG03 Field Descriptions
      5. 9.7.5  REG04 (address = 04) [reset = 01011000]
        1. Table 10. REG04 Field Descriptions
      6. 9.7.6  REG05 (address = 05) [reset = 10011111]
        1. Table 11. REG05 Field Descriptions
      7. 9.7.7  REG06 (address = 06) [reset = 01100110]
        1. Table 12. REG06 Field Descriptions
      8. 9.7.8  REG07 (address = 07) [reset = 01001100]
        1. Table 13. REG07 Field Descriptions
      9. 9.7.9  REG08 (address = 08) [reset = xxxxxxxx]
        1. Table 14. REG08 Field Descriptions
      10. 9.7.10 REG09 (address = 09) [reset = xxxxxxxx]
        1. Table 15. REG09 Field Descriptions
      11. 9.7.11 REG0A (address = 0A) [reset = xxxxxx00]
        1. Table 16. REG0A Field Descriptions
      12. 9.7.12 REG0B (address = 0B) [reset = 00111xxx]
        1. Table 17. REG0B Field Descriptions
  10. 10Application and Implementation
    1. 10.1 Application information
    2. 10.2 Typical Application
      1. 10.2.1 Design Requirements
      2. 10.2.2 Detailed Design Procedure
        1. 10.2.2.1 Custom Design With WEBENCH® Tools
        2. 10.2.2.2 Inductor Selection
        3. 10.2.2.3 Input Capacitor
        4. 10.2.2.4 Output Capacitor
      3. 10.2.3 Application Curves
  11. 11Power Supply Recommendations
  12. 12Layout
    1. 12.1 Layout Guidelines
    2. 12.2 Layout Example
  13. 13デバイスおよびドキュメントのサポート
    1. 13.1 デバイス・サポート
      1. 13.1.1 開発サポート
        1. 13.1.1.1 WEBENCH®ツールによるカスタム設計
    2. 13.2 ドキュメントのサポート
      1. 13.2.1 関連資料
    3. 13.3 ドキュメントの更新通知を受け取る方法
    4. 13.4 コミュニティ・リソース
    5. 13.5 商標
    6. 13.6 静電気放電に関する注意事項
    7. 13.7 Glossary
  14. 14メカニカル、パッケージ、および注文情報

パッケージ・オプション

メカニカル・データ(パッケージ|ピン)
サーマルパッド・メカニカル・データ
発注情報

概要(続き)

BQ25601D、シングル・セル・リチウムイオン/リチウムポリマー・バッテリ用の高度に統合された3.0Aスイッチモード・バッテリ充電管理およびシステム電力パス管理デバイスです。広範なスマートフォン、タブレット、および携帯型デバイスについて、高い入力電圧をサポートし、高速な充電を行います。電力パスのインピーダンスが低いため、スイッチ・モードの動作効率が最適化され、バッテリ充電時間の短縮と、放電フェーズにおけるバッテリ駆動時間の延長を実現できます。入力電圧および電流レギュレーションにより、バッテリに最大限の充電電力を供給できます。このソリューションは、入力逆電流ブロックFET (RBFET Q1)、ハイサイド・スイッチングFET (HSFET、Q2)、ローサイド・スイッチングFET (LSFET、Q3)、およびシステムとバッテリの間のバッテリFET (BATFET、Q4)を高度に統合しています。また、ハイサイド・ゲート・ドライブ用のブートストラップ・ダイオードを内蔵し、システム設計の簡素化を実現しています。I2Cシリアル・インターフェイスで充電およびシステム設定を行うことで、このデバイスは真に柔軟なソリューションになります。

このデバイスは、標準のUSBホスト・ポート、USB充電ポート、USB対応高電圧アダプタなど、幅広い入力ソースをサポートしています。このデバイスは、内蔵されたUSBインターフェイスに基づき、デフォルトの入力電流制限を設定しています。デフォルトの入力電流制限を設定するため、デバイスは内蔵のUSBインターフェイスを使用するか、USB PHYデバイスなどシステムに内蔵されている検出回路の結果を使用します。このデバイスは、入力電流および電圧のレギュレーションにより、USB 2.0およびUSB 3.0の電力仕様に準拠しています。また、このデバイスはUSB On-the-Go (OTG)の動作電力定格仕様にも合致しており、VBUS上で最大1.2Aまでの定電流制限により、5.15Vを供給します。

電力パス管理により、システムはバッテリ電圧より少し上で、最低システム電圧の3.5Vより低下しないようにレギュレートされます(プログラム可能)。この機能により、システムはバッテリが完全に消耗した、または取り除かれたときでも、動作を継続できます。入力電流制限または電圧制限に達すると、電力パス管理により、充電電流が自動的にゼロまで低下されます。システム負荷が引き続き増大すると、電力パスはシステムの電力要件が満たされるまで、バッテリの放電を行います。この補助モードにより、入力ソースの過負荷が防止されます。

このデバイスはソフトウェア制御なしに、充電サイクルを開始・完了できます。バッテリ電圧を感知し、プレコンディショニング、定電流、定電圧という3フェーズでバッテリを充電します。充電サイクルの終わりに、充電電流がプリセットされた制限を下回り、バッテリ電圧が再充電スレッショルドを上回ると、充電器は自動的に処理を終了します。十分に充電されたバッテリが再充電スレッショルドを下回ると、充電器は自動的にまた充電サイクルを開始します。

この充電器は、バッテリの負温度係数サーミスタ監視、充電安全タイマ、過電圧/過電流保護など、バッテリ充電とシステム運用に向けた多様な安全機能を備えています。サーマル・レギュレーションにより、接合部温度が110℃を超えると充電電流が低減されます(プログラム可能)。STAT出力により、充電状態とフォルト状態がレポートされます。その他の安全機能として、充電および昇圧モードでのバッテリ温度センシング、サーマル・レギュレーションおよびサーマル・シャットダウン、入力UVLOおよび過電圧保護があります。適切な電源が存在する場合、VBUS_GDビットによって示されます。フォルトが発生すると、INT出力により即座にホストに通知します。

また、このデバイスにはBATFETイネーブルおよびリセット制御用のQONピンがあり、低消費電力のシップ・モードの終了、またはシステムの完全なリセット機能を実行できます。

このデバイスは、24ピン、4mm×4mm×0.75mmの薄型WQFNパッケージで供給されます。