JAJSDZ1A January   2017  – August 2017 CC2640R2F-Q1

PRODUCTION DATA.  

  1. 1デバイスの概要
    1. 1.1 特長
    2. 1.2 アプリケーション
    3. 1.3 概要
    4. 1.4 機能ブロック図
  2. 2改訂履歴
  3. 3 Device Comparison
    1. 3.1 Related Products
  4. 4Terminal Configuration and Functions
    1. 4.1 Pin Diagram - RGZ Package
    2. 4.2 Signal Descriptions - RGZ Package
    3. 4.3 Wettable Flanks
  5. 5Specifications
    1. 5.1  Absolute Maximum Ratings
    2. 5.2  ESD Ratings
    3. 5.3  Recommended Operating Conditions
    4. 5.4  Power Consumption Summary
    5. 5.5  General Characteristics
    6. 5.6  1-Mbps GFSK (Bluetooth low energy Technology) - RX
    7. 5.7  1-Mbps GFSK (Bluetooth low energy Technology) - TX
    8. 5.8  24-MHz Crystal Oscillator (XOSC_HF)
    9. 5.9  32.768-kHz Crystal Oscillator (XOSC_LF)
    10. 5.10 48-MHz RC Oscillator (RCOSC_HF)
    11. 5.11 32-kHz RC Oscillator (RCOSC_LF)
    12. 5.12 ADC Characteristics
    13. 5.13 Temperature Sensor
    14. 5.14 Battery Monitor
    15. 5.15 Continuous Time Comparator
    16. 5.16 Low-Power Clocked Comparator
    17. 5.17 Programmable Current Source
    18. 5.18 Synchronous Serial Interface (SSI)
    19. 5.19 DC Characteristics
    20. 5.20 Thermal Resistance Characteristics for RGZ Package
    21. 5.21 Timing Requirements
    22. 5.22 Switching Characteristics
    23. 5.23 Typical Characteristics
  6. 6Detailed Description
    1. 6.1  Overview
    2. 6.2  Functional Block Diagram
    3. 6.3  Main CPU
    4. 6.4  RF Core
    5. 6.5  Sensor Controller
    6. 6.6  Memory
    7. 6.7  Debug
    8. 6.8  Power Management
    9. 6.9  Clock Systems
    10. 6.10 General Peripherals and Modules
    11. 6.11 System Architecture
  7. 7Application, Implementation, and Layout
    1. 7.1 Application Information
    2. 7.2 7 × 7 Internal Differential (7ID) Application Circuit
      1. 7.2.1 Layout
  8. 8デバイスおよびドキュメントのサポート
    1. 8.1  デバイスの項目表記
    2. 8.2  ツールとソフトウェア
    3. 8.3  ドキュメントのサポート
    4. 8.4  テキサス・インスツルメンツのローパワーRF Webサイト
    5. 8.5  コミュニティ・リソース
    6. 8.6  追加情報
    7. 8.7  商標
    8. 8.8  静電気放電に関する注意事項
    9. 8.9  Export Control Notice
    10. 8.10 Glossary
  9. 9メカニカル、パッケージ、および注文情報
    1. 9.1 パッケージ情報

パッケージ・オプション

デバイスごとのパッケージ図は、PDF版データシートをご参照ください。

メカニカル・データ(パッケージ|ピン)
  • RGZ|48
サーマルパッド・メカニカル・データ
発注情報

デバイスの概要

特長

  • 車載アプリケーション用に認定済み
  • 下記内容でAEC-Q100認定済み
    • デバイス温度グレード2: 動作時周囲温度範囲-40℃~+105℃
    • デバイスHBM ESD分類レベル2
    • デバイスCDM ESD分類レベルC3
  • マイコン
    • パワフルな ARM® Cortex®-M3
    • EEMBC CoreMark®スコア: 142
    • 最大48MHzのクロック速度
    • 275KB不揮発性メモリ(128KBのイン・システム・プログラマブル・フラッシュを含む)
    • 最高28KBのシステムSRAM、そのうち20KBは超低リークのSRAM
    • キャッシュまたはシステムRAMとして使用可能な8KBのSRAM
    • 2ピンcJTAGおよびJTAGデバッグ
    • OTA (Over-The-Air)アップグレードに対応
  • 超低消費電力センサ・コントローラ
    • システムの他の部分から自律して動作可能
    • 16ビット・アーキテクチャ
    • 超低リークSRAM: 2KB (コードおよびデータ用)
  • 高効率のコード・サイズ・アーキテクチャ: ドライバ、Bluetooth® Low Energyコントローラ、ブートローダをROMに格納することで、アプリケーションで利用可能なフラッシュが増加
  • RoHS準拠の車載グレード・パッケージ
    • ウェッタブル・フランクを備えた7mm×7mm RGZ VQFN48
  • ペリフェラル
    • 31のGPIO、すべてのデジタル・ペリフェラル・ピンを任意のGPIOに配線可能
    • 4個の汎用タイマ・モジュール
      (8個の16ビットまたは4個の32ビット・タイマ、それぞれPWM)
    • 12ビットADC、200kサンプル/秒、8チャネルのアナログ・セレクタ
    • 連続時間コンパレータ
    • 超低消費電力アナログ・コンパレータ
    • プログラマブル電流ソース
    • UART
    • SSI×2(SPI、MICROWIRE、TI)
    • I2C、I2S
    • リアルタイム・クロック(RTC)
    • AES-128セキュリティ・モジュール
    • TRNG (True Random Number Generator)
    • 8つの静電容量式センシング・ボタンのサポート
    • 組み込みの温度センサ
  • 外部システム
    • オンチップの内蔵DC/DCコンバータ
    • 非常に少ない数の外付け部品
    • シームレスに統合された SimpleLink™CC2590 およびCC2592レンジ・エクステンダ
  • 低消費電力
    • 幅広い電源電圧範囲: 1.8~3.8V
    • アクティブ・モードRX: 6.1mA
    • アクティブ・モードTX (0dBm時): 7.0mA
    • アクティブ・モードTX (+5dBm時): 9.3mA
    • アクティブ・モードMCU: 61µA/MHz
    • アクティブ・モードMCU: 48.5 CoreMark/mA
    • アクティブ・モードのセンサ・コントローラ:
      0.4mA + 8.2µA/MHz
    • スタンバイ: 1.3µA (RTC動作、RAM/CPU保持)
    • シャットダウン: 150nA (外部イベントによるウェークアップ)
  • RF部
    • Bluetooth Low Energy (BLE) 4.2および5仕様と互換性のある2.4GHz RFトランシーバ
    • 優れたレシーバ感度 (Bluetooth Low Energy1Mbpsで-97dBm)、選択性、およびブロッキング性能
    • 出力電力を最大+5dBmまでプログラム可能
    • Bluetooth Low Energy 1Mbpsでリンク・バジェット102dB
    • 国際的な無線周波数規制への準拠を目標としたシステムに最適
      • ETSI EN 300 328およびEN 300 440(ヨーロッパ)
      • FCC CFR47 Part 15(米国)
      • ARIB STD-T66(日本)
  • ツールおよび開発環境
    • フル機能の開発キット
    • Sensor Controller Studio
    • SmartRF™ツール・ポートフォリオ
    • IAR Embedded Workbench® for ARM
    • Code Composer Studio™(CCS)
    • CCS Cloud

アプリケーション

  • 車載用アプリケーション
    • カー・アクセス
    • キーレス・エントリ
    • パッシブ・エントリ/パッシブ・スタート(PEPS)システム
    • カー・シェアリング
    • パイロテッド・パーキング
    • ワイヤレス・オンボード診断(OBD)
    • ケーブルの代替
    • リモート・コントローラ
    • センサ
  • 産業用
    • 物流
    • 生産および製造 オートメーション
    • アセット・トラッキングおよび管理
    • HMIおよびリモート・ディスプレイ
    • アクセス制御

概要

SimpleLink™ Bluetooth® Low Energy CC2640R2F-Q1デバイスは、パッシブ・エントリ/パッシブ・スタート(PEPS)、リモート・キーレス・エントリ(RKE)、カー・シェアリング、パイロテッド・パーキング、ケーブル代替、スマートフォン接続といったBluetooth 4.2およびBluetooth 5 Low Energy車載アプリケーションを対象とした、AEC-Q100準拠のワイヤレス・マイクロコントローラ(MCU)です。

このデバイスは、コスト効率に優れた2.4GHz RFデバイスであるSimpleLink™超低消費電力ファミリのメンバです。アクティブ時のRFおよびMCU電流、および低消費電力モード時の消費電流が非常に低いため、バッテリ駆動時間が非常に長く、小さなコイン型電池での動作や自動車用バッテリに接続されたノードでの低消費電力動作が可能です。優れたレシーバ感度とプログラム可能な出力により、要求の厳しい車載用RF環境に必要とされる、業界最先端のRF性能を実現しています。

CC2640R2F-Q1ワイヤレスMCUには、32ビットのARM® Cortex®-M3プロセッサが搭載されており、メイン・アプリケーション・プロセッサとして48MHzで動作するほか、Bluetooth 4.2 Low Energyコントローラとホスト・ライブラリをROMに格納しています。このアーキテクチャにより、総合的なシステム性能が向上し、消費電力が減少し、アプリケーション用に多くのフラッシュ・メモリを解放できます。

また、このデバイスはグレード2温度範囲(-40℃~+105℃)でAEC-Q100認定済みであり、ウェッタブル・フランク付きの7mm×7mm VQFNパッケージで供給されています。ウェッタブル・フランクは、生産ライン・コストの削減と、ハンダ付け箇所の光学検査による信頼性の向上に役立ちます。

Bluetooth Low Energyソフトウェア・スタックは、ti.comから無償で入手できます。

製品情報(1)

型番 パッケージ 本体サイズ(公称)
CC2640R2FTWRGZQ1 ウェッタブル・フランク付きVQFN (48) 7.00mm×7.00mm
詳細については、Section 9を参照してください。

機能ブロック図

Figure 1-1 にCC2640R2F-Q1デバイスのブロック図を示します。

CC2640R2F-Q1 CC2640R2F_Q1_FBD.gif Figure 1-1 ブロック図