JAJSB91C May   2004  – May 2017 LM386

PRODUCTION DATA.  

  1. 特長
  2. アプリケーション
  3. 概要
  4. 改訂履歴
  5. Pin Configuration and Functions
  6. Specifications
    1. 6.1 Absolute Maximum Ratings
    2. 6.2 ESD Ratings
    3. 6.3 Recommended Operating Conditions
    4. 6.4 Thermal Information
    5. 6.5 Electrical Characteristics
    6. 6.6 Typical Characteristics
  7. Parameter Measurement Information
  8. Detailed Description
    1. 8.1 Overview
    2. 8.2 Functional Block Diagram
    3. 8.3 Feature Description
    4. 8.4 Device Functional Modes
  9. Application and Implementation
    1. 9.1 Application Information
    2. 9.2 Typical Application
      1. 9.2.1 LM386 with Gain = 20
        1. 9.2.1.1 Design Requirements
        2. 9.2.1.2 Detailed Design Procedure
          1. 9.2.1.2.1 Gain Control
          2. 9.2.1.2.2 Input Biasing
        3. 9.2.1.3 Application Curve
      2. 9.2.2 LM386 with Gain = 200
        1. 9.2.2.1 Design Requirements
        2. 9.2.2.2 Detailed Design Procedure
        3. 9.2.2.3 Application Curve
      3. 9.2.3 LM386 with Gain = 50
        1. 9.2.3.1 Design Requirements
        2. 9.2.3.2 Detailed Design Procedure
        3. 9.2.3.3 Application Curve
      4. 9.2.4 Low Distortion Power Wienbridge Oscillator
        1. 9.2.4.1 Design Requirements
        2. 9.2.4.2 Detailed Design Procedure
        3. 9.2.4.3 Application Curve
      5. 9.2.5 LM386 with Bass Boost
        1. 9.2.5.1 Design Requirements
        2. 9.2.5.2 Detailed Design Procedure
        3. 9.2.5.3 Application Curve
      6. 9.2.6 Square Wave Oscillator
        1. 9.2.6.1 Detailed Design Procedure
        2. 9.2.6.2 Application Curve
      7. 9.2.7 AM Radio Power Amplifier
        1. 9.2.7.1 Design Requirements
        2. 9.2.7.2 Detailed Design Procedure
        3. 9.2.7.3 Application Curve
  10. 10Power Supply Recommendations
  11. 11Layout
    1. 11.1 Layout Guidelines
    2. 11.2 Layout Examples
  12. 12デバイスおよびドキュメントのサポート
    1. 12.1 デバイス・サポート
      1. 12.1.1 開発サポート
    2. 12.2 ドキュメントのサポート
    3. 12.3 関連リンク
    4. 12.4 ドキュメントの更新通知を受け取る方法
    5. 12.5 コミュニティ・リソース
    6. 12.6 商標
    7. 12.7 静電気放電に関する注意事項
    8. 12.8 Glossary
  13. 13メカニカル、パッケージ、および注文情報

パッケージ・オプション

デバイスごとのパッケージ図は、PDF版データシートをご参照ください。

メカニカル・データ(パッケージ|ピン)
  • D|8
  • P|8
  • DGK|8
サーマルパッド・メカニカル・データ
発注情報

特長

  • バッテリでの動作
  • 必要な外付け部品が最小限
  • 広い電源電圧範囲: 4V~12Vまたは5V~18V
  • 低い静止消費電流: 4mA
  • 20~200の電圧ゲイン
  • 入力はグランドが基準
  • 出力静止電圧の自己センタリング
  • 低歪: 0.2% (AV = 20、VS = 6V、RL = 8Ω、PO = 125mW、f = 1kHz)
  • 8ピンのMSOPパッケージで供給

アプリケーション

  • AM/FMラジオのアンプ
  • 携帯テープ・プレーヤのアンプ
  • インターコム
  • テレビ用サウンド・システム
  • ライン・ドライバ
  • 超音波ドライバ
  • 小型サーボ・ドライバ
  • パワー・コンバータ

概要

LM386M-1およびLM386MX-1は、低電圧の消費者向けアプリケーションで使用するよう設計されたパワー・アンプです。外付け部品数を減らすため、ゲインは内部的に20に設定されていますが、ピン1と8との間に外付け抵抗とコンデンサを追加すると、20~200の任意の値にゲインを増大できます。

入力はグランドを基準とし、出力は自動的に電源電圧の半分にバイアスされます。静止時の消費電力は6V電源での動作時にわずか24mWであるため、LM386M-1およびLM386MX-1はバッテリでの動作に最適です。

製品情報(1)

型番 パッケージ 本体サイズ(公称)
LM386N-1 PDIP (8) 9.60mm×6.35mm
LM386N-3 PDIP (8) 9.60mm×6.35mm
LM386N-4 PDIP (8) 9.60mm×6.35mm
LM386M-1 SOIC (8) 4.90mm×3.90mm
LM386MX-1 SOIC (8) 4.90mm×3.90mm
LM386MMX-1 VSSOP (8) 3.00mm×3.00mm
  1. 利用可能なすべてのパッケージについては、このデータシートの末尾にある注文情報を参照してください。

回路図

LM386 lm386_equivalent_schematic.gif