JAJSFO5C June   2018  – April 2021 TMP117

PRODUCTION DATA  

  1. 特長
  2. アプリケーション
  3. 概要
  4. Revision History
  5. Pin Configuration and Functions
  6. Specifications
    1. 6.1 Absolute Maximum Ratings
    2. 6.2 ESD Ratings
    3. 6.3 Recommended Operating Conditions
    4. 6.4 Thermal Information
    5. 6.5 Electrical Characteristics
    6. 6.6 Switching Characteristics
    7. 6.7 Two-Wire Interface Timing
    8. 6.8 Timing Diagram
    9. 6.9 Typical Characteristics
  7. Detailed Description
    1. 7.1 Overview
    2. 7.2 Functional Block Diagrams
    3. 7.3 Feature Description
      1. 7.3.1 Power Up
      2. 7.3.2 Averaging
      3. 7.3.3 Temperature Result and Limits
    4. 7.4 Device Functional Modes
      1. 7.4.1 Continuous Conversion Mode
      2. 7.4.2 Shutdown Mode (SD)
      3. 7.4.3 One-Shot Mode (OS)
      4. 7.4.4 Therm and Alert Modes
        1. 7.4.4.1 Alert Mode
        2. 7.4.4.2 Therm Mode
    5. 7.5 Programming
      1. 7.5.1 EEPROM Programming
        1. 7.5.1.1 EEPROM Overview
        2. 7.5.1.2 Programming the EEPROM
      2. 7.5.2 Pointer Register
      3. 7.5.3 I2C and SMBus Interface
        1. 7.5.3.1 Serial Interface
          1. 7.5.3.1.1 Bus Overview
          2. 7.5.3.1.2 Serial Bus Address
          3. 7.5.3.1.3 Writing and Reading Operation
          4. 7.5.3.1.4 Slave Mode Operations
            1. 7.5.3.1.4.1 Slave Receiver Mode
            2. 7.5.3.1.4.2 Slave Transmitter Mode
          5. 7.5.3.1.5 SMBus Alert Function
          6. 7.5.3.1.6 General-Call Reset Function
          7. 7.5.3.1.7 Timeout Function
          8. 7.5.3.1.8 Timing Diagrams
    6. 7.6 Register Map
  8. Application and Implementation
    1. 8.1 Application Information
    2. 8.2 Typical Application
      1. 8.2.1 Design Requirements
      2. 8.2.2 Detailed Design Procedure
        1. 8.2.2.1 Noise and Averaging
        2. 8.2.2.2 Self-Heating Effect (SHE)
        3. 8.2.2.3 Synchronized Temperature Measurements
      3. 8.2.3 Application Curves
  9. Power Supply Recommendations
  10. 10Layout
    1. 10.1 Layout Guidelines
    2. 10.2 Layout Examples
  11. 11Device and Documentation Support
    1. 11.1 Documentation Support
      1. 11.1.1 Related Documentation
    2. 11.2 Receiving Notification of Documentation Updates
    3. 11.3 サポート・リソース
    4. 11.4 Trademarks
    5. 11.5 静電気放電に関する注意事項
    6. 11.6 用語集
  12. 12Mechanical, Packaging, and Orderable Information

パッケージ・オプション

デバイスごとのパッケージ図は、PDF版データシートをご参照ください。

メカニカル・データ(パッケージ|ピン)
  • DRV|6
  • YBG|6
サーマルパッド・メカニカル・データ
発注情報

概要

TMP117 は高精度のデジタル温度センサであり、ASTM E1112 および ISO 80601 の電子医療体温計の要件を満たすように設計されています。較正不要で、–20℃~50℃の温度範囲にわたって 0.0078℃の分解能、最大 ±0.1℃の精度で 16 ビットの温度結果を提供します。TMP117 は、I2C および SMBus™ 互換インターフェイスでプログラム可能なアラート機能を備え、1 つのバスで最大 4 つのデバイスをサポートできます。汎用的に使用できる 48 ビットの追加メモリと一体化されたデバイス設定用 EEPROM も内蔵しています。

TMP117 は低消費電力であるため、自己発熱による測定精度への影響を最小限に抑えることができます。1.7V~5.5V で動作し、標準的な消費電流は 3.5µA です。

医療用途以外では、シングル・チップのデジタル温度センサとして、白金 RTD の代替になります。TMP117 は Class AA RTD と同等の精度を持ちながら、PT100 RTD で一般的に必要な電力と比べて、わずかな電力しか使用しません。TMP117 では、高精度の基準、配線のマッチング、複雑なアルゴリズム、較正など、RTD の複雑さの多くが解消されるため、設計を簡素化できます。

TMP117 ユニットは製造時のセットアップで 100% テスト済みであり、このテストは NIST トレース可能で、ISO/IEC 17025 で認められた標準に対して較正済みの機器により検証されています。

製品情報(1)
部品番号 パッケージ 本体サイズ (公称)
TMP117 WSON (6) 2.00mm × 2.00mm
DSBGA (6) 1.53mm × 1.00mm
提供されているすべてのパッケージについては、データシートの末尾にあるパッケージ・オプションについての付録を参照してください。
GUID-3C752076-7AF5-4879-A4E4-CFB129129067-low.gifYBG の温度精度
GUID-369FEF61-D5F2-4CCC-8B79-1E9A2E3D2EF1-low.gifDRV の温度精度