JAJS311C February   2008  – November 2016 TPS51200

PRODUCTION DATA.  

  1. 特長
  2. アプリケーション
  3. 概要
  4. 改訂履歴
  5. Pin Configuration and Functions
  6. Specifications
    1. 6.1 Absolute Maximum Ratings
    2. 6.2 ESD Ratings
    3. 6.3 Recommended Operating Conditions
    4. 6.4 Thermal Information
    5. 6.5 Electrical Characteristics
    6. 6.6 Typical Characteristics
  7. Detailed Description
    1. 7.1 Overview
    2. 7.2 Functional Block Diagram
    3. 7.3 Feature Description
      1. 7.3.1  Sink and Source Regulator (VO Pin)
      2. 7.3.2  Reference Input (REFIN Pin)
      3. 7.3.3  Reference Output (REFOUT Pin)
      4. 7.3.4  Soft-Start Sequencing
      5. 7.3.5  Enable Control (EN Pin)
      6. 7.3.6  Powergood Function (PGOOD Pin)
      7. 7.3.7  Current Protection (VO Pin)
      8. 7.3.8  UVLO Protection (VIN Pin)
      9. 7.3.9  Thermal Shutdown
      10. 7.3.10 Tracking Start-up and Shutdown
      11. 7.3.11 Output Tolerance Consideration for VTT DIMM Applications
      12. 7.3.12 REFOUT (VREF) Consideration for DDR2 Applications
    4. 7.4 Device Functional Modes
      1. 7.4.1 Low Input Voltage Applications
      2. 7.4.2 S3 and Pseudo-S5 Support
  8. Application and Implementation
    1. 8.1 Application Information
    2. 8.2 Typical Application
      1. 8.2.1 Design Requirements
      2. 8.2.2 Detailed Design Procedure
        1. 8.2.2.1 Input Voltage Capacitor
        2. 8.2.2.2 VLDO Input Capacitor
        3. 8.2.2.3 Output Capacitor
      3. 8.2.3 Application Curves
    3. 8.3 System Examples
      1. 8.3.1 3.3-VIN, DDR2 Configuration
      2. 8.3.2 2.5-VIN, DDR3 Configuration
      3. 8.3.3 3.3-VIN, LP DDR3 or DDR4 Configuration
      4. 8.3.4 3.3-VIN, DDR3 Tracking Configuration
      5. 8.3.5 3.3-VIN, LDO Configuration
      6. 8.3.6 3.3-VIN, DDR3 Configuration with LFP
  9. Power Supply Recommendations
  10. 10Layout
    1. 10.1 Layout Guidelines
    2. 10.2 Layout Example
    3. 10.3 Thermal Design Considerations
  11. 11デバイスおよびドキュメントのサポート
    1. 11.1 デバイス・サポート
      1. 11.1.1 デベロッパー・ネットワークの製品に関する免責事項
      2. 11.1.2 開発サポート
        1. 11.1.2.1 評価モジュール
        2. 11.1.2.2 SPICEモデル
    2. 11.2 ドキュメントのサポート
      1. 11.2.1 関連資料
    3. 11.3 コミュニティ・リソース
    4. 11.4 商標
    5. 11.5 静電気放電に関する注意事項
    6. 11.6 Glossary
  12. 12メカニカル、パッケージ、および注文情報

パッケージ・オプション

メカニカル・データ(パッケージ|ピン)
サーマルパッド・メカニカル・データ
発注情報

特長

  • 入力電圧: 2.5Vレールと3.3Vレールをサポート
  • VLDOIN電圧範囲: 1.1V~3.5V
  • シンク/ソース終端レギュレータにドループ補正を内蔵
  • メモリ終端アプリケーション(DDR)に必要な最低出力容量20μF (通常は3×10μF MLCC)
  • PGOODによる出力レギュレーション監視
  • EN入力
  • REFIN入力により、直接または分圧抵抗経由で入力を柔軟にトラッキング可能
  • リモート・センシング(VOSNS)
  • ±10mAのバッファ付きリファレンス(REFOUT)
  • ソフトスタート、UVLO、OCLを内蔵
  • サーマル・シャットダウン
  • DDR、DDR2、DDR3、DDR3L、低消費電力DDR3、DDR4 VTTに対応
  • サーマル・パッド付き10ピンVSONパッケージ

アプリケーション

  • DDR、DDR2、DDR3、DDR3L、低消費電力DDR3、DDR4用のメモリ終端レギュレータ
  • ノートPC、デスクトップPC、サーバー
  • テレコムおよびデータコム
  • 基地局
  • LCD-TVおよびPDP-TV
  • 複写機およびプリンタ
  • セットトップ・ボックス

概要

TPS51200デバイスは、シンクおよびソースのダブル・データ・レート(DDR)終端レギュレータで、容積が主要な考慮事項である低入力電圧、低コスト、低ノイズのシステムに特化して設計されています。

TPS51200は高速な過渡応答を維持し、必要な最小出力容量はわずか20μFです。TPS51200はリモート・センシング機能をサポートし、DDR、DDR2、DDR3、DDR3L、低消費電力DDR3、DDR4 VTTのすべてのバス終端電力要件に対応しています。

さらに、TPS51200は出力レギュレーションを監視するためのオープン・ドレインPGOOD信号と、S3 (RAMへのサスペンド)時にVTTを放電するため使用可能なEN信号を、DDRアプリケーションに供給します。

デバイスは熱効率の高い10ピンのVSONサーマル・パッド・パッケージで供給され、グリーンおよび鉛フリーの両方の基準を満たしています。温度定格は-40℃~+85℃です。

製品情報(1)

型番 パッケージ 本体サイズ(公称)
TPS51200 VSON (10) 3.00mm×3.00mm
  1. 提供されているすべてのパッケージについては、データシートの末尾にある注文情報を参照してください。

単純化されたDDRアプリケーション

TPS51200 simp_app_slus812.gif