車体/ライティング

オートモーティブ

ボディ・エレクトロニクスとライティングの業務が進展します

乗客の快適性と利便性の向上を加速

自動車が搭載しているボディ・エレクトロニクスとライティング・システムは、ドライバーや乗員、また状況によっては自動車の外部にいる場合でも、快適さと利便性の向上につながります。アダプティブ・ヘッドライト、効率的なボディ関連モーター、HVAC (エアコン) システムから、ボディ・コントロール・モジュール、ゲートウェイ、カー・アクセス・システム向けのスケーラブルなソリューションまで、ボディ・エレクトロニクスとライティングの各分野で変化を続ける設計のニーズにお客様が対応するのに役立つさまざまな専門知識が TI にはあります。TI の製品とシステム・リソースを活用すると、先進的で効率的かつフレキシブルなボディ・エレクトロニクスとライティング・システムを製作できます。設計をすぐに開始できます。

ボディ関連モーター向け制御モジュールの設計で、時間短縮とスペース節減を実現

物理的な快適性および利便性の向上を目的として、自動車はドアシートトランクサンルーフなどのモジュールで合計 20 個以上のボディ関連モーターを搭載していることもあります。TI のモーター制御 IC はアナログ統合を通じて、開発期間の短縮、過電流検出や過熱検出などの保護機能による信頼性の向上、安全機能のサポートに貢献します。各種モーターを想定するデバイスで構成された TI のスケーラブルな製品ラインアップは、EMI の低減、熱関連の課題の最小化、電源オフ状態のブレーキ機能と車両位置管理の実現に貢献します。

車載ライティング

モーター・ドライバ IC へのアナログ機能の統合を通じて、EMI の低減、放熱の管理、電流のセンス、電源オフ状態でのブレーキ、診断機能と保護機能の搭載による各種支援機能を実現する方法をご覧ください。

このトレーニングは、ドア、シート、トランク、サンルーフの各モーター制御モジュールに注目し、ボディ関連モーター制御モジュールの設計簡素化に役立つ、有益なアナログ機能について説明します。

ボディ向けモーター制御システムの最新情報

DRV8718-Q1

車載対応、インライン電流センス・アンプ搭載、40V、8 チャネル、ハーフブリッジ・スマート・ゲート・ドライバ

TCAN1043A-Q1

車載対応、ウェークとインヒビット機能搭載、CAN-FD トランシーバ

TPS1HB16-Q1

車載、調整可能な電流制限機能搭載、40V、16mΩ、1 チャネル・スマート・ハイサイド・スイッチ

効率的でスケーラブルな BCM (ボディ・コントロール・モジュール)、ゲートウェイとパワー・ディストリビューション・ボックス・システムを設計できます

電動化とアーキテクチャ進化を実現するには、ボディ・コントロール・モジュール (BCM)ゲートウェイパワー・ディストリビューション・ボックス (PDB)のいっそうの効率向上とスケーラビリティ向上を通じて、さまざまな自動車モデルのニーズを満たせるようにする必要があります。トランシーバと SBC (システム・ベーシス・チップ)Jacinto™ 車載プロセッサハイサイド・スイッチなどで構成された TI の製品ラインアップを採用すると、BCM (ボディ・コントロール・モジュール) は診断機能と検出機能を強化し、ゾーン制御、ドメイン制御、または集中型アーキテクチャ向けのスケーラブルなゲートウェイ・システムを実現するほか、PDB (パワー・ディストリビューション・ボックス) またはスマート・ジャンクション・ボックスの採用を通じてシステム全体で電力を効率的に管理することができます。

自動車のシート

ゾーン・アーキテクチャの採用が広がっている理由をご確認ください。自動車全体で ECU (電子制御ユニット) を編成し、ネットワーク・アーキテクチャと電源アーキテクチャを最適化することができます。

24V システムの入力を監視する最適化済み回路、リレーのような誘導性回路の駆動、開路条件の検出、BCM (ボディ・コントロール・モジュール) の動作をリンプ・ホーム (非常時の最小機能維持) モードに移行する方法をご確認ください。

BCM (ボディ・コントロール・モジュール) やゲートウェイ・システムの最新情報

DP83TG720S-Q1

車載対応、RGMII と SGMII をサポート、1000Base-T1、イーサネット PHY

DRV8244-Q1

車載対応、電流センシング機能とフィードバック機能内蔵、40V、21A の H ブリッジ・ドライバ

TPS27SA08-Q1

車載対応、電流監視機能搭載、36V、8mΩ、10A、1 チャネル・スマート・ハイサイド・スイッチ

効率的な HVAC (エアコン) モジュールの開発

自動車の電動化により、自動車業界の変革が進行しています。ボディ・エレクトロニクスも例外ではありません。HVAC (エアコン) システムは、自動車の中でも 2 番目に電力の大きいシステムなので、48V、400V、または 800V を使用する HV/EV (ハイブリッド車と電気自動車) で、電力効率の優れた HVAC (エアコン) システムを設計することが重要です。ゲート・ドライバブラシレス・モーター・ドライバ降圧コンバータマイコン (MCU) などで構成された TI の製品ラインアップは、内燃機関 (エンジン) 自動車または HV/EV (ハイブリッド車と電気自動車) 向けの効率的な HVAC (エアコン) システムの設計に役立ちます。

車載 HMI

HV/EV (ハイブリッド車と電気自動車) で HVAC (エアコン) システムの設計がどのように変化しているかをお読みください。新しい制御モジュール、お客様独自のサブシステム、各種機能ソリューションを含め、実装全体に関する検討を開始しやすくなります。

単一のモーター・ドライバですべてのモーターまたはフラップ・アクチュエータを駆動する方法をご確認ください。そうすれば、基板面積の節減とコスト削減に加え、設計上の複数の課題を克服できます。

HVAC (エアコン) システムの最新情報

UCC23513-Q1

車載対応、8V/12V UVLO 機能搭載、5.7kVrms、4A/5A、シングルチャネル、光互換、絶縁型ゲート・ドライバ

TMS320F280025-Q1

車載対応、100MHz、FPU、TMU (三角関数算術演算ユニット)、128KB フラッシュ搭載、C2000™ 32 ビット・マイコン

LM25180-Q1

車載対応、65V、1.5A の MOSFET 内蔵、42VIN、フォトカプラ不使用のフライバック・コンバータ

スマートでスケーラブルかつ効率的な車載ライティング・システムの設計

車載ライティングは、急速な進化を続けており、機能向上や、ドライバー、歩行者、路上にいる他の自動車の安全性向上に貢献しています。アダプティブ・ヘッドライトアニメーション (パターン点滅) リア・ライトから、カスタマイズ可能な車内照明や、より高輝度でカスタマイズ可能なスモール・ライトまで、TI には多様なデバイス、各種 LED ドライバDLP® 車載製品で構成された製品ラインアップがあり、エンド・ツー・エンド (車両の先端から末尾まで)、およびその間に位置するライティングのニーズ全般に対応できます。

車載 HMI

開発中ライティングのロードマップに影響を及ぼす 5 種類の半導体テクノロジーの詳細、およびこれらのトレンドがそれぞれ、エンジニアの皆様にどのような設計上の課題を投げかけるかについてご確認ください。

電力需要の上昇、放熱の管理、障害検出と保護、電磁適合性 (EMC) など、車載リア・ライティング・システムの電気的課題を克服する方法をお読みください。

車載対応、ライティング・システムの最新情報

TPS92633-Q1

車載対応、熱均衡機能とオフボード・ビニング (複数のボード外 LED の一括類似制御) 機能搭載、3 チャネル・ハイサイド LED ドライバ

TPS92519-Q1

車載対応、2A デュアル同期整流降圧 LED ドライバ

TPS92663A-Q1

車載ヘッドライト・システム向け、高輝度 LED マトリクス・マネージャ