オートモーティブ

自動車の電動化を推進

48V と高電圧の各ハイブリッド車、電気自動車、パワートレイン・システムの各分野で、TI は信頼できるパートナー

コンスーマ、各種規制ともに電動化への流れを求めており、自動車業界の変革を促しています。同時に、エンジニアの皆様への期待はこれまで以上に高くなっています。マイルド・ハイブリッドからフル電動化まで、お客様が開発中のさまざまな設計で最も重要な課題に取り組むうえで、TI は役立つ専門知識を提供しています。次世代の電動化自動車を設計するには、適切なアナログ製品と組込みプロセッシング製品、およびそれらに関する詳細なサポートが必要です。TI は、これらすべてを提供できるように継続的に取り組みを進めています。TI には数十年にわたる経験があります。これらを反映した製品やリソースを活用すると、効率の改善、電力密度の向上、信頼性の向上、最高クラスの各種安全基準への対応、継続的なコスト削減を実現でき、電動化自動車があらゆる利用者から手の届きやすい存在になります。お客様と TI が協力すると、輸送の分野で持続性をいっそう高めるエンジニアリングを実現できます。

最新情報

UCC5870-Q1

車載対応、機能安全準拠、15A、絶縁型 IGBT/SiC MOSFET ゲート・ドライバ

BQ79616-Q1

ASIL-D に準拠した、16S(16 個の直列)車載高精度バッテリ・モニタ、バランサ、統合型プロテクタ

CC2662R-Q1

Automotive qualified SimpleLink™ wireless MCU for use in wireless battery management systems

コンボ・ボックス・アーキテクチャ採用で、効率を最大化できます

トラクション・インバータDC/DC コンバータオンボード・チャージャを統合すると、自動車の重量軽減、全体的なコストの削減、電力密度の向上を実現でき、電気自動車の量産と普及を支援できます。複数のシステムを統合しようとする場合、複雑な磁気素子の統合や、より高度な制御アルゴリズムの必要性など、新たな技術的課題に直面しがちです。お客様がどのような水準の統合を必要としている場合でも、TI は設計目標の達成に役立つ各種製品、リソース、専門知識を提供しています。たとえば、制御アルゴリズムに関する複数の課題の簡素化に貢献する C2000™ マイコンや、効率的な統合を可能にする絶縁型ゲート・ドライバなどの製品で構成されている高電圧絶縁製品ラインアップが該当します。

コンボボックスを採用した電気自動車 (EV) のパワートレインに関する 3D のイラスト

このホワイト・ペーパー (英語) は、統合型パワートレイン・ソリューションを使用して、電気自動車 (EV) にパワー・エレクトロニクスを迅速に導入する場合の利点を説明しています。

このホワイト・ペーパーは、C2000™ マイコン (MCU) を使用している EV のパワートレイン・システムに制御を統合する場合の利点と課題について説明します

TI のワイヤレス BMS ソリューション採用で EV (電気自動車) のバッテリ管理を革新

ワイヤレス・バッテリ管理システム (BMS) を採用すると、複数のケーブルとコネクタを除外する方法で、信頼性や設計のフレキシビリティを向上させると同時に、システムのコストを削減することもできます。ただし、ワイヤレス BMS には、ASIL D 機能安全準拠を達成するなどの課題があります。

TI には、TÜV SÜD 評価済みの機能安全コンセプトと独自のワイヤレス・プロトコルがあります。これらを通じて、業界で初めて最善のネットワーク可用性を実現しました。その結果、お客様は信頼性と効率が世界最高クラスの電気自動車 (EV) を製作しやすくなります。

この開発キットを使用すると、ワイヤレス BMS アプリケーション向けに、SimpleLink™ 2.4GHz CC2662R-Q1 ワイヤレス・マイコン (MCU) と、BQ79616-Q1 車載高精度バッテリ・モニタ・デバイスの組み合わせを活用する開発を迅速化できます。 

このホワイト・ペーパーは、ワイヤレス・バッテリ管理システムの設計時に直面する、機能安全に関する独自の課題について説明します。

48V 電気系の利点を活用できます

自動車の電動化に伴い、電力使用量が増加しています。12V から 48V への変換48V から高電圧への変換 アーキテクチャは使用可能な電力を増大し、こうしたニーズに対応します。一方で、48V 電源を導入すると、設計に関して新しい要件と課題が発生します。特に 48V バッテリの高精度の監視と保護、および ASIL (Automotive Safety Integrity Level、車載セーフティ・インテグリティ・レベル)-D 認定を達成すると同時に、自動車全体のスケールでコストを管理する必要が生じます。TI のアナログ製品と組込みプロセッシング製品は、この課題に対応しています。入力電圧範囲の広い DC/DC コンバータとブラシレス DC モーター・ドライバを採用すると、高い水準の電力密度で安全を実現できます。高精度のセンシング製品を取り揃えた製品ラインアップも役に立ちます。高性能で低消費電力のマイコンで構成された幅広い選択肢は、開発プロセスの簡素化に貢献し、48V 設計の課題全般の解決に役立ちます。 48V バッテリ管理システム48V と 12V の間での双方向 DC/DC コンバータスタータとジェネレータに関する TI のリソースをご確認ください。

電気自動車 (EV) の 48V パワートレインに関する 3D のイラスト

システムの電力需要の増加に対応するために、ハイブリッド車と電気自動車 (HV/EV) で 48V レールがますます一般的になっています。昇降圧コントローラを活用してデュアル・バス・トポロジをサポートする方法をご確認ください。

スタータ・ジェネレータ・システムは、48V のマイルド・ハイブリッド自動車アーキテクチャの重要な要素です。その継続的な進化の詳細をご確認ください。