ハイブリッド/電気/パワー・トレイン・システム

オートモーティブ

自動車の電動化を推進。 

48V と高電圧の各ハイブリッド車、電気自動車、パワートレイン・システムの各分野で、TI は信頼できるパートナー

コンスーマ、各種規制ともに電動化への流れを求めており、電動化の流れは、自動車業界の変革を促しています。同時に、エンジニアへの期待はこれまで以上に高くなっており、マイルド・ハイブリッドからフル電動化まで、お客様が開発中のさまざまな設計で最も重要な課題に取り組むうえで、TI は役立つ専門知識を提供しています。次世代の電動化自動車を設計するには、適切なアナログ製品と組込みプロセッシング製品、およびそれらに関する詳細なサポートが必要です。TI は、これらすべてを提供できるように継続的に取り組みを進めています。TI には数十年にわたる経験があります。これらを反映した製品やリソースを活用すると、効率の改善、電力密度の向上、信頼性の向上、最高クラスの各種安全基準への対応、継続的なコスト削減を実現でき、電動化自動車があらゆる利用者から手の届きやすい存在になります。お客様と TI が協力すると、輸送の分野で持続性をいっそう高めるエンジニアリングを実現できます。

パワートレイン・システムのサイズ 50% 縮小とコスト半減

統合型のパワートレイン・アーキテクチャ採用で、より手ごろに入手可能な電気自動車 (EV)。TI の技術と専門知識を活用すると、設計の簡素化、コスト削減、信頼性の向上を実現できます。その結果、分散型電源アーキテクチャから、単一のパワートレイン・ドメイン・コントローラ、電力段、機械式筐体まで、システム全体をスケール化することができます。TI 製品を採用すると、98% のシステム効率と最大クラスの電力密度を実現すると同時に、機能安全認証を効率化することができます

このリファレンス・デザインは、20,000 RPM を達成するために双方向 DC/DC モジュールを搭載した高速トラクション・モーター・ドライブを搭載する、パワートレイン向けのリファレンスを提示します。

このホワイト・ペーパー (英語) は、統合型パワートレイン・ソリューションを使用して、EV (電気自動車) にパワー・エレクトロニクスを迅速に導入する場合の利点を説明しています。

統合型パワートレイン・システムに関する最新情報

TMS320F28388D

1.5MB のフラッシュとコネクティビティ・マネージャ搭載、C2000™ 32 ビット・リアルタイム・マイコン

LMG3522R030-Q1

車載対応、ドライバと保護機能と温度レポート機能を内蔵、650V、30mΩ の GaN FET

UCC14240-Q1

車載対応、トランス内蔵、1.5W、24V 入力 (VIN)、レギュレーション済み、3kVRMS の絶縁型 DC/DC モジュール

先進的なバッテリ管理システムを採用すると、EV (電気自動車) の導入を迅速化できます

世界が電動化を推進している状況で、バッテリは電気自動車の重要な部品になっています。高精度のバッテリ・モニタとバランサを採用すると、充電状態に関する精度を高め、電気自動車の航続距離を延長することができます。また、リン酸イオン (LiFePO4) を含め、多様なバッテリ・ケミストリーをサポートします。

ワイヤレス・バッテリ管理システム (BMS) を採用すると、複数のケーブルとコネクタを除外する方法で、信頼性や設計のフレキシビリティを向上させると同時に、システムのコストを削減することもできます。TI には、TÜV SÜD 評価済みの機能安全コンセプトと独自のワイヤレス・プロトコルがあります。これらを通じて、業界で初めて最善のネットワーク可用性を実現しました。その結果、お客様は信頼性と効率が世界最高クラスの EV (電気自動車) を製作しやすくなります。

電流と電圧を同期する方法で、HV/EV (ハイブリッド車と電気自動車) のバッテリ管理システムの精度が向上

電気自動車のワイヤレス・バッテリ管理システムでネットワーク可用性が重要な理由を解説します。 

BMS (バッテリ管理システム) システムの新機能

TPSI2140-Q1

車載対応、2mA のアバランシェ定格、1400V、50mA、絶縁型スイッチ

SIMPLELINK-WBMS-SDK

SimpleLink™ ワイヤレス・バッテリ管理システム (BMS) ソフトウェア開発キット

BQ79631-Q1

車載対応、垂直インターフェイス搭載、16S (16 個の直列) バッテリ・ジャンクション・ボックスの電流センス

48V 電気系の利点を活用できます

自動車の電動化に伴い、電力使用量が増加しています。12V から 48V への変換48V から高電圧への変換アーキテクチャは使用可能な電力を増やし、こうしたニーズに対応します。48V の電源電圧を導入すると、設計に関して新しい要件と課題が発生します。48V バッテリの高精度の監視と保護、および ASIL (Automotive Safety Integrity Level、車載セーフティ・インテグリティ・レベル) D 認定を達成すると同時に、自動車全体のスケールでコストを管理する必要が生じます。

TI は、アナログ製品と組込みプロセッシング・デバイスを通じて、48V の設計に関するさまざまな課題の解決を支援します。TI はそのために、以下の選択肢を提供しています。高い水準の電力密度で安全性を実現する、入力電圧範囲の広い DC/DC コンバータとブラシレス DC モーター・ドライバ。高精度センシング製品で構成された製品ラインアップ。お客様の設計ニーズに対応する、高性能かつ低消費電力のマイコンで構成された幅広い製品ラインアップ。

48V BMS 'バッテリ管理システム)48V と 12V の双方向 DC/DC コンバータスタータと発電機に関する TI の各種リソースをご確認ください。

BMS の効率を最大化するために 50 年にわたって電流を測定する方法と、追加の診断機能を活用して機能安全の計算を支援する方法をご確認ください。

電流センシング機能を内蔵した各種バッテリ・モニタを活用し、BMS (バッテリ管理システム) の BOM (部品表) 点数低減、サイズの縮小、精度向上を実現する方法をご確認ください。

48V システムに関する最新情報

BQ75614-Q1

車載対応、ASIL D 準拠、14S (14 個の直列)、高精度バッテリ・モニタ、バランサ、統合型プロテクタ

DRV3255-Q1

車載対応、ゲート・ドライブ電流のピーク・シンク (吸い込み) 値が 4.5A、3 相、統合型ゲート・ドライバ・ユニット (GDU)

INA240-Q1

車載対応、強化型 PWM 除去機能搭載、-4 ~ 80V、双方向、超高精度電流センス・アンプ