産業用

エンジニアリングのスマート化推進ファクトリ・オートメーション / 制御設計

ファクトリ・オートメーションと制御のアプリケーションに固有の設計リソース、対話型ブロック図、デバイスをご覧ください

エネルギーの節約とシステム寿命の延長につながる、インテリジェントでフレキシビリティが高く、効率的なファクトリ・オートメーション・アプリケーションを設計できます。組込み製品とアナログ製品で構成された TI の強力な製品ラインアップ、システムに関する専門知識、技術リソースの提供を通じたサポートなどを活用してスマート・ファクトリ・アプリケーションの開発を推進できるので、産業用通信やロボットから、IEC 61508 などの機能安全規格への準拠まで、多分野に対応できます。

オートメーション・テクノロジー

産業用通信

産業用通信

設計でシームレスなコネクティビティとスケーラビリティを実現

多くの最新システムは、システム設計のコネクティビティ全体を強化する通信インターフェイスの搭載を進めていますが、同時に、設計エンジニアの皆様にとって新たな課題が発生する可能性もあります。TI は、多様な産業用通信規格をサポートしています。シリアル・インターフェイス (IO-Link、CAN、RS-485) や産業用イーサネットから、TSN (時間に制約のあるネットワーク) やシングルペア・イーサネット (SPE) などの新しいテクノロジーまで、幅広い規格です。このサポートを活用すると、設計者の皆様は高度なコネクティビティとスケーラビリティを実現し、業界の現在のトレンドとそのニーズに対応することができます。

ファクトリ (工場) でコネクティビティと制御能力を向上させることは、ますます重要性を増しています。あらゆる規模のシステムで多様な要件を満たすには、ファクトリ全体の通信を最適化する必要があります。

機能安全

ロボット

機能安全システム認証手続きの効率化

危険な事態につながる危険な故障の可能性を低下させるために、ファクトリの現場で監視と診断を実施できるようにする必要があります。IEC 61508、ISO 13849、IEC 61800、IEC 60730 などの業界規格を満たせるように、TI のエキスパートは各種製品を設計および製造し、お客様からの信頼を継続的に強化すると同時に、機能安全の認定を支援しています。

機能安全の設計をする場合、正しい設計を実現するには厳密性、情報管理、時間が必要となります。このホワイト・ペーパーは、機能安全の設計を効率化するために必要なリソースを提供する TI のアプローチについて説明します。

ロボット

機能安全

次世代ロボット設計向けテクノロジー

設計者の皆様はロボットを設計する際に、安全機能やセンサを追加し、高スループットや処理能力の統合強化を実現すると同時に、電力要件を満たすという課題に直面しています。TI は、高精度のモーター制御、信頼性の高いリアルタイム通信、高度なセンシング機能を実現するテクノロジーを提供して、これらの需要に対応します。

協力ロボット (コボット) とファクトリ (工場) 向けロボットに注目し、ロボット・システムの設計に関する複数の技術資料を取りまとめた包括的な概要です。

Industry 4.0 (産業革命 4.0)

Industry 4.0 (産業革命 4.0)

ファクトリ・オートメーションの設計でフレキシビリティと生産性の向上に貢献する各種要因を実現します

次世代の産業用センシング、制御、通信、機能安全、パワー・マネージメントを設計できます。TI の革新的なアナログ製品や組込みプロセッシング製品、システムに関する専門知識、使いやすい設計ツールはシステムのデジタル化を可能にし、よりスマート、より安全で、より効率の高い工場の実現に役立ちます。

産業用イーサネットの採用に関して業界をリードしている各組織は、 TSN テクノロジーを活用しています。TI の Sitara® プロセッサは、100Mbps から 1Gbps への産業用イーサネットへの移行をサポートします。