産業用

産業用 – ロボット

産業用ロボットのアプリケーション 

TI の革新的なアナログと組込みテクノロジーを活用し、インテリジェントで洗練された、未来を先取りするロボット・システムを開発してください。新しいシステム・ブロック図を使用すると、産業用ロボット、物流用ロボット、サービス・ロボットの次期設計に最適な、包括的にテストされたリファレンス・デザインや製品を迅速に検索することができます。

TI の革新的なアナログと組込みテクノロジーを活用し、インテリジェントで洗練された、未来を先取りするロボット・システムを開発してください。新しいシステム・ブロック図を使用すると、産業用ロボット、物流用ロボット、サービス・ロボットの次期設計に最適な、包括的にテストされたリファレンス・デザインや製品を迅速に検索することができます。

エンジニア向け産業用ロボット設計ガイド

ロボットは工場でますます重要になってきており、よりインテリジェントで自律的、安全で効率的になることが重要です。これらすべては、堅牢なリアルタイム通信を搭載した、精密なモーター制御、高度なセンシング技術、エッジでの処理などの技術により実現しています。

産業用ロボット

厳格なリアルタイム通信と優れた EMC 耐性、およびクラス最高の絶縁テクノロジーにより、過酷な産業環境におけるロボット、CNC、サーボ・ドライブ制御モジュール・システム内の同期軸のポジション、トルク、速度を制御します。

物流用ロボット

物流センターの効率とスループットを次のレベルに引き上げます。TI のミリ波またはタイム・オブ・フライト(ToF)センシング・テクノロジーを使用して、非常に混雑した物流センターの障害物を高精度で検出できます。

サービス・ロボット

タイム・オブ・フライト(ToF)やミリ波など、さまざまなセンサ・ソリューションで SLAM(Simultaneous Localization and Mapping、自己位置推定と環境地図作成の同時実施)性能を最適化できます。ロボットの自律機能を高める小型で高効率のモーター・ドライブです。

TI ロボット・システム学習キット MAX (TI-RSLK MAX)

TI-RSLK 製品ファミリには、低コストのロボット・キットと教室用カリキュラムが含まれており、教育関係者や学生は組込みシステム設計を学習するための実践的でカスタマイズ可能なオプションを利用できます。

TI-RSLK MAX には、レクチャー・ビデオ、ラボ資料、設問、教室での作業を含む、コアから補助的なトピックまでを網羅する 20 の学習モジュールで構成されています。このカリキュラムは、組込みシステムとアプリケーションに関する知識を習得できるようにすることを目的としており、拡張すること、またさまざまなエンジニアリング・クラスで使用することができます。

主な内容

ロボットのAIを支えるセンサ・データ

従来の産業用ロボット・システムから最新の協力ロボット(コボット)まで、ロボットはセンサに依存していますが、それらのセンサにより生成されるデータの量および種類はますます多くなっています。詳細...

mmWave radar sensors in robotics applications

ロボットの CMOS(complementary metal-oxide semiconductor)ミリ波(mmWave)レーダー・センサの使用方法を詳しく紹介しています。

Optimizing control and design for industrial robotics

産業用ロボット、特にロボット制御ユニットの概要です。産業用ロボット制御ユニットの設計方法を理解するために役立つ、いくつかの重要なアプリケーションとシステム・テクノロジーについて説明しています。

Robotics sense and avoid demonstration using TI mmWave sensors(英語)

産業用ロボット・システムの絶縁
 

Real-time control with C2000 high-performance MCUs(英語)