ホーム クロックとタイミング クロック・ジッタ・クリーナとシンクロナイザ

クロックとタイミング

高速信号用のクロック・ジッタ・クリーナとネットワーク・シンクロナイザ&

TI の低ジッタ・クロック・ジッタ・クリーナとネットワーク・シンクロナイザを使用すると、部品点数(BOM)を削減できます

低消費電力のネットワーク・シンクロナイザと最小のジッタ、JESD204B 準拠のジッタ・クリーナの製品ラインアップにより、業界をリードするクロック・ジッタ性能を実現します。 これらのデバイスは、システムで位相ノイズまたはジッタを低減するために、内部のフェーズ・ロック・ループ(PLL)を使用します。    TI のバルク音響波(BAW)共振器テクノロジーを活用して、高速通信および産業用アプリケーションの厳しいシステム・レベル要件を満たすのに役立ちます。

ネットワーク・シンクロナイザ、DPLL 付き

時間と周波数を同期するこれらの高性能シングルチャネルまたはマルチチャネル・ソリューションにより、可変フレーム長のマルチポイント・ネットワークと大規模なトラフィックを管理します。これらのデバイスは、 IEEE 業界標準に完全に準拠しています。

ジッタ・クリーナ、シングル・ループ PLL 付き

TI のフレキシブルで高性能なシングル・ループ PLL により、ジッタを最小化し、単一の周波数ドメインをサポートします。

ジッタ・クリーナ、カスケード接続 APLL 付き

TI のフレキシブルで高性能なデュアル・ループ PLL とカスケード接続 PLL により、ジッタを最小化し、複数の周波数ドメインをサポートします。

主なジッタ・クリーナおよびネットワーク・シンクロナイザ&

LMK05318B

業界をリードするクロック性能を実現するこのデバイスは、BAW 共振器テクノロジーを活用して、超低ジッタで最高の無瞬断切り替え (ヒットレス・スイッチング) 性能を実現します。

LMK05028

テレコム、エンタープライズ、ワイヤレス基地局(BTS)、産業用システム向けに最適化されたデュアル APLL および DPLL デバイスを使用して、高精度ネットワークを実現します。

LMK04832

JESD204B 準拠のこのマルチチャネル超低ノイズ・クロック・ジッタ・クリーナは、最大出力周波数 3250MHz に対応しており、クロック・ツリーの柔軟性向上に貢献します。

ジッタ・クリーナおよびネットワーク・シンクロナイザ向けの注目のビデオ &

TI のバルク弾性波(BAW)テクノロジーの詳細

TI のバルク弾性波(BAW)共振器テクノロジーは、安定性と安全性をいっそう強化した高性能通信インフラを実現します。設計者は TI の革新的なテクノロジーを活用して、BOM(部品表)を低減し、ネットワーク性能を改善し、振動や衝撃に対する耐性を向上できます。詳細については、TI のバルク弾性波(BAW)クロック供給テクノロジーのビデオをご覧ください。 

BAW Technology Enables Ultra-Low Jitter Network Synchronizer for Clocking Advanc

TI の BAW テクノロジーを採用した LMK05318 ネットワーク・シンクロナイザを使用して位相ノイズと RMS ジッタを低減し、高周波の低ノイズ TCXO または OCXO を不要にする方法をご確認ください。