クロック・ジッタ・クリーナとシンクロナイザ

高速信号に適した各種クロック・ジッタ・クリーナとネットワーク・シンクロナイザ

parametric-filter製品をすべて表示
低消費電力のネットワーク・シンクロナイザや、最小ジッタを達成する JESD204B 準拠ジッタ・クリーナで構成された TI の製品ラインアップを採用すると、業界をリードするクロック・ジッタ性能を実現できます。これらのデバイスは、システムの位相ノイズやジッタを低減するために、内部フェーズ・ロック・ループ (PLL) を使用しています。TI の BAW (バルク弾性波) 共振器技術を活用している TI の各種デバイスを採用すると、高速通信や産業用の各アプリケーションで厳格なシステム・レベル要件を満たしやすくなります。

カテゴリ別の参照

機能別の選択

ネットワーク・シンクロナイザ、DPLL 付き

時間と周波数を同期するこれらの高性能シングルチャネルまたはマルチチャネル・ソリューションにより、可変フレーム長のマルチポイント・ネットワークと大規模なトラフィックを管理します。

ジッタ・クリーナ、シングル・ループ PLL 付き

TI のフレキシブルで高性能なシングル・ループ PLL により、ジッタを最小化し、単一の周波数ドメインをサポートします。

ジッタ・クリーナ、カスケード接続 APLL 付き

TI のフレキシブルで高性能なデュアル・ループ PLL とカスケード接続 PLL により、ジッタを最小化し、複数の周波数ドメインをサポートします。

主なジッタ・クリーナとネットワーク・シンクロナイザ

LMK5B33216 新製品

2.5GHz BAW VCO (バルク弾性波による電圧制御発振器) 内蔵、超低ジッタ、16 個の出力、3 個の DPLL / APLL (デジタル / アナログの各 PLL) ネットワーク・シンクロナ

概算価格 (USD) 1ku | 32

TI のバルク弾性波(BAW)テクノロジーの詳細

BAW テクノロジー

TI のバルク弾性波(BAW)共振器テクノロジーは、安定性と安全性をいっそう強化した高性能通信インフラを実現します。設計者は TI の革新的なテクノロジーを活用して、BOM(部品表)を低減し、ネットワーク性能を改善し、振動や衝撃に対する耐性を向上できます。詳細については、TI のバルク弾性波 (BAW) クロック供給技術のビデオをご覧ください。

ホワイト・ペーパー
BAW Technology Enables Ultra-Low Jitter Network Synchronizer for Clocking Advanc
TI の BAW テクノロジーを採用した LMK05318 ネットワーク・シンクロナイザを使用して位相ノイズと RMS ジッタを低減し、高周波の低ノイズ TCXO または OCXO を不要にする方法をご確認ください。
document-pdfAcrobat PDF
アプリケーション・ノート
Clocking high-speed 56G PAM-4 serial links with LMK05318 (Rev. A)
超高性能クロック・シンクロナイザを使用して、高速シリアル・リンクが必要とするリファレンス・クロックを生成する手法の利点をご確認ください。
document-pdfAcrobat PDF
アプリケーション・ノート
Jitter Cleaning with LMK05318
超高性能クロック・シンクロナイザを使用して、超低ノイズのリファレンス・クロックを生成する手法の利点をご確認ください。
document-pdfAcrobat PDF