ホーム クロックとタイミング 発振器

クロックとタイミング

発振器 – 設計と開発

フル・プログラマブルでピン選択可能な固定周波数クロック発振回路の評価基板をご用意しました。
また、各種設計ツールを活用して、発振回路サンプルのカスタマイズや、ジッタ性能のシミュレーションを実施することもできます。

LMK61E2EVM 超低ジッタ・プログラマブル発振回路の評価基板

LMK61E2EVM 評価基板は、EEPROM と周波数マージン設定機能を内蔵した、TI の LMK61E2 超低ジッタ・プログラマブル差動発振回路の 90fs RMS ジッタ性能と構成能力を評価するための包括的なプラットフォームを提供します。

シンセサイザを内蔵した 9.8GHz の RF CW(連続波)信号ジェネレータのリファレンス・デザイン

このリファレンス・デザインは、LMK61E2 を使用して、9.8GHz の広帯域と低位相ノイズを実現し、CW(連続波)RF シグナル・ジェネレータを内蔵した、多用途のスプリアス低減手法を搭載しています。

FMC リファレンス・デザイン

このソリューションは、4K p60 対応 12G-SDI および IP インターフェイス付き FPGA FMC 開発モジュールです。