アンプ回路

システムに関する具体的なニーズに合わせて簡単に調整できる、アンプ・サブ回路のアイデア

以下の各回路は、「例示による定義」の形で提示しており、設計目標に合わせて回路を調整するための式や、ステップバイステップの説明も掲載しています。これらの回路を使用するには、アンプの概念に関する基本的な理解が必要です。アンプの設計を初めて実行する場合、TI の以下のコースを完了させることを強くお勧めします。TI Precision Labs (TIPL) トレーニング・シリーズ

以下のカテゴリのいずれかを選択し、アンプ回路の検討を開始してください

すべて展開するすべて折り畳む

非線形回路(整流器/鉗子/ピーク検出器)

センサ・アクイジション

その他のリソース

すべてのアンプ回路を表示

上記のすべてのアンプ回路を掲載した包括的な資料については、TI の『アナログ・エンジニア向け回路設計ヒント集』をご覧ください。

TI のアンプ製品ラインアップをご確認ください

汎用、高速、高精度のオペアンプ、コンパレータ、電流センス、計測アンプ、差動アンプなどで構成された、TI の幅広いデータ・コンバータ製品ラインアップ。

TI E2E™ エンジニア・サポート・フォーラム

設計のあらゆる段階で、TI のエンジニアから迅速で信頼性の高い技術サポートを受けることができます。