Code Composer Studio™ IDE と各種開発ツール

業界をリードする TI の統合開発環境はシームレスなコーディング環境です。

TI の堅牢性の高い開発環境は、Code Composer Studio™ IDE を中心に、利便性と使いやすさを重視して構築済みです。短期間で製品を市場投入し、反復処理を迅速に行い、多様な機器ファミリ全体で迅速かつシームレスにイノベーションを拡大する必要があります。簡単にリソースを調査できる独自のクラウド環境やブラウザベースの開発ツールからデスクトップ上の高度なデバッグ機能まで、TI の開発ツールは発見から生産までの一貫した作業を可能にします。下記の表から開始できます。

TI の組込み開発ツール・エコシステム

開発環境
詳細確認とデモ
設定
開発
デバッグと計測
量産とテスト
Code Composer Studio IDE(デスクトップ) TI Resource Explorer*
近日発表予定!
エディタ*
コンパイラ*

EnergyTrace*

ROV / アナライザ*

デバッグ*

no
Code Composer Studio IDE(クラウド)
no
no
エディタ
コンパイラ
デバッグ
no
スタンドアロン

TI Resource Explorer

GUI Composer とギャラリー

UniFlash*

イメージ・クリエイター*

*オフライン・ダウンロードを利用できます

クラウド対応のブラウザで使用できます

デバッグとコンパイラの選択肢

TI は多様なデバッグ・プローブを提供しており、TI の組込みプロセッサ向けのソフトウェア開発に対応しています。これらのデバッグ・プローブは、機能と予算に関するさまざまなニーズを満たすように設計されており、どのプローブにも Code Composer Studio™ デスクトップ IDE との互換性があります。

TI の各種コンパイラは、性能とコード・サイズの両方を重視して高度にチューニング済みのコードを生成し、デバイスの能力を最大限に引き出します。TI の各種コンパイラは、Code Composer Studio IDE の一部として提供されているか、個別にダウンロードすることができます。

TI Resource Explorer

  • Resource Explorer により、選択したプラットフォームに対応する最新のサンプル、ライブラリ、デモ・アプリケーション、データシートなどの検索が可能になります。
  • デバイスや TI LaunchPad™ キットでフィルタリングし、必要なリソースのみを選択できます。

Resource Explorer は TI のクラウド・ツールと完全に統合されており、ファイルを設計に直接インポートすれば、わずか数クリックで開発を始めることができます。同様の直感的ナビゲーションを採用したデスクトップ・バージョンの Resource Explorer が、Code Composer Studio Desktop IDE に付属しています。

Code Composer Studio™ Cloud IDE

  • CCS Cloud を使用して、簡単に編集、評価、初期設計を開始できます。開始するには、LaunchPad または SensorTag を接続し、CCS Cloud を起動するだけです。
  • CCS Cloud は Energia、TI-RTOS、C / C++ により Wiring API をサポートしています。
  • Desktop IDE はいつでも利用できます。追加機能にアクセスする際には、クラウド・バージョンからデスクトップ・バージョンの Code Composer Studio IDE にコードをインポートすることにより、プロジェクトをシームレスに移行できます。

Code Composer Studio™ Desktop IDE

組込みアプリケーションの開発、コンパイル、デバッグ、および分析に必要な一連のツールで構成されている、業界をリードする統合開発環境(IDE)です。

  • Eclipse オープン・ソース開発環境をベースとしており、多くのツールと統合できます。
  • 最適化 C/C++ コンパイラ、ソース・コード・エディタ、プロジェクト・ビルド環境、デバッガ、プロファイラなど、多数の機能が含まれています。
  • アプリケーションの開発フローをステップごとに実行できる、単一のユーザー・インターフェイスが搭載されています。使い慣れたツールとインターフェイスにより、ユーザーは従来より迅速に作業を開始できます。
  • ノード・ロック型(PC に関連付け)とフローティング型(ネットワーク)の各種無償ライセンスが利用可能です。

UniFlash

UniFlash for Cloud は、(クロス開発の)ターゲット・プログラムを広範な TI デバイスの内蔵フラッシュにロードする(書き込む)簡略的な方法を実現します。インターネット・アクセスが利用できない場合や、GUI が不要な場合、UniFlash のデスクトップ・バージョンとコマンドライン・バージョンの両方を利用することもできます。

PinMux

PinMux がクラウドで利用できるようになりました。ダウンロード可能な TI のデスクトップ PinMux ツールと同じ機能を、同じ効率で利用できます。デバイスのペリフェラルを選択し、ピン・マルチプレックスの自動解決オプションを使用して必要なピン・マルチプレックス・ソリューションを生成する作業を、CCS Cloud での開発中にも実行できます。

GUI Composer

GUI Composer を使用してカスタムの HTML GUI を簡単に作成し、対象のデバイスで実行中のプログラムとやりとりを行うことができます。

(クロス開発の)ターゲット・デバイスの制御と、ターゲット・デバイスから送信されたデータの表示を可能にするさまざまな Web コンポーネントが提供されています。ユーザー・インターフェイス、デモ・アプリケーション、テスト環境のシミュレーションなど、GUI Composer で多様なソリューションを作成することができます。

製品ファミリ別にデバッグ・プローブを選択

プロセッサ・ファミリ
低コストのエントリ・レベル・オプション
高度なオプション(価格性能比が最高)
MSP430™ 超低消費電力 16 ビット・マイコン (MCU)
MSP-FET MSP-FET

SimpleLink™ マイコン

(MSP432P4、MSP432E4、CC13xx、CC26xx、CC32xx)

XDS200USB
C2000 リアルタイム制御マイコン (MCU)
TM4C12x マイコン (MCU)
Hercules セーフティ・マイコン (MCU)

Sitara™ プロセッサ

(AM1x、AM335x、AM43xx、AM57xx)

XDS110 USB

XDS560v2 STM USB

XDS560v2 STM USB とイーサネット

C6000 DSP

(C674x、C66x、C66x マルチコア)

C6000 DSP + ARM® プロセッサ

(66AK2x)

C6000 DSP + ARM® プロセッサ

(OMAP-L1x)

XDS560v2 STM USB

XDS560v2 STM USB とイーサネット

C5000 DSP XDS200USB