組込み開発ソフトウェア

単一のパッケージに収録された信頼性の高いソフトウェア開発キット

TI の各種ソフトウェア開発キット (SDK) は、組込み向け開発の開始に必要なコンポーネントをすべて提供します。TI の各種 SDK は包括的なテストと統合を実施済みであり、リリースは四半期ごとです。開発ユーザーの利便性を高めるためにオペレーティング・システム、ミドルウェアとフレームワークとスタック、サンプル・アプリケーション、デモ、資料、トレーニングをすべて同梱しているので、開発期間を短縮できます。

SDK とは?

アプリケーション・ソフトウェアは、ハードウェアで実行するシンプルなソフトウェア・コマンド(通常は C または ASM コード)で構成されています。開発ツール:IDE、コンパイラ、デバッグ ・プローブなどを使用すると、特定の評価ボードまたは開発ボード向けにアプリケーション・コードを作成することができます。ただし、SDK は、より大きな問題を解決するためのものです。オペレーティング・システム、ペリフェラル・ドライバ、ハードウェア抽象化機能、プロトコル、ライブラリのすべてがシームレスに連携する必要があります。この理由で、TI の各種キットはこれら必要な要素をすべて同梱しており、包括的なテストと統合が実施済みです。

TI の SDK の構造を理解するには、下記の表のうち斜体 (イタリック) のコンテンツをご覧ください。

ソフトウェア開発キット (SDK) のアイコン
アプリケーション
no
アプリケーション
ミドルウェアとフレームワーク
プロトコルと I/F スタック
<プロセッサ間通信>
ミドルウェアとフレームワーク
プロトコルと I/F スタック
オペレーティング・システム、ペリフェラル・ドライバ、およびハードウェア・アブストラクション
オペレーティング・システム、ペリフェラル・ドライバ、およびハードウェア・アブストラクション
プロセッサ 1
no
プロセッサ 2

評価ボードおよび開発ボード

オペレーティング・システム

各組込みオペレーティング・システムは、ハードウェアとソフトウェアの各リソースを効率的かつ信頼性の高い方法で管理するのに役立つ設計を採用しています。アプリケーションは多様であり、要件も多様なので、より適切な OS を選択して開発するオプションが使用できます。

Linux™

TI は Linux メインライン・カーネルをサポートしており、Linux コミュニティが開発した LTS (Long-Term Stable:長期安定) カーネルをベースにした堅牢なソフトウェア基盤を提供しています。コミュニティと連携すると、開発ユーザーはデバイスの差別化に専念し、ハードウェアのメリットを最大化するという利点を実現できます。

RTOS

TI は選択したデバイスで、FreeRTOS や TI-RTOS など複数の RTOS オプションをサポートしています。成熟した定評あるオープン・ソースの選択肢にアクセスできるので、ソフトウェア開発の労力を軽減し、開発期間を短縮することができます。また、TI はすぐに使用できる RTOS 互換ドライバもサポートしているので、開発を迅速化できます。

OS なし、またはベアメタル

微細な最適化が利点となるアプリケーションが存在することを TI は理解しています。多様なニーズに対応できるように、RTOS を前提としないドライバから、低水準 API やベアメタル・プログラミングまで多様なソフトウェア・オプションを通じて、TI は抽象化、移植性、効率の適切な組み合わせを提供しています。 

サード・パーティーのオペレーティング・システム

TI のオープン・ソース・オプションと OS なしオプションを使用する場合、お客様は十分なフレキシビリティを確保できますが、使用中のアプリケーションがきわめて独特のサポートを必要とすることもあります。  お客様が独特のアプリケーションに取り組んでいる場合、または単純にレベルの異なる性能を必要としている場合、TI は多数のサード・パーティーと協力してサポートを提供しています。サード・パーティー・パートナーをすべて確認することができます

サード・パーティー
OS 名
概要
サポート対象の地域
Green Hills Software 誠実性 Integrity RTOS アーキテクチャは、保護対象になる複数の仮想アドレス空間を使用しており、各アドレス空間で複数のアプリケーション・タスクを実行することができます。 グローバル
QNX Neutrino RTOS QNX Neutrino® リアルタイム・オペレーティング・システム (RTOS) はフル機能の RTOS であり、車載、医療機器、ロボット、交通、産業用の各組込みシステムを含め、信頼性を重視するさまざまな業界で次世代製品を実現するのに役立ちます。 グローバル
WindRiver VxWorks VxWorks は、低レイテンシと最小ジッタを達成する、優先順位に基づく決定論的なプリエンプティブ RTOS です。この RTOS はアップグレード可能で将来に対応できるアーキテクチャを土台としており、変化する市場要件や技術の進歩に迅速に対応できます。 グローバル
KPIT
KSAR
KPIT の AUTOSAR Adaptive Platform (KSAR 適応型プラットフォーム) は、コンピューティング能力が高いプラットフォーム向けに、洗練されたサービス指向アーキテクチャをベースとする AUTOSAR ソリューションを提供します。KSAR Adaptive Solution (適応型ソリューション) には、AUTOSAR Adaptive アプリケーションの開発に必要な構成とコード生成ツールが付属しています。 グローバル
Vector MICROSAR MICROSAR は、AUTOSAR Classic ECU (電子制御ユニット) の開発に適した組込みソフトウェアです。これは、MICROSAR.RTE と MICROSAR Basic ソフトウェア・モジュール (BSW) で構成されています。これらの要素は AUTOSAR Classic 規格全体に対応しているほか、多数の有用な拡張機能も搭載しています。
グローバル
Elektrobit EB tresos、EB corbos、および EB zentur EB は、安全かつセキュアでフレキシブルな ECU (電子制御ユニット) ソフトウェアの開発に役立つ、包括的な製品ファミリである EB tresos と EB corbos と EB zentur を提供しています。これらの製品は、Classic と Adaptive AUTOSAR を土台とし、機能安全に関する ISO 26262 規格をサポートしています。 グローバル

必要な SDK

定期的にリリースされる TI の各種 SDK は、TI のプロセッサとマイコン (MCU) の各プラットフォームで利用可能です。1つを選択して開始します。

ワイヤレス・マイコン SDK

SimpleLink™ マイコン・プラットフォームは、ARM® ベースの有線マイコンとワイヤレス・マイコンで構成された幅広い製品ラインアップを単一のソフトウェア環境で使用する場合の新しい基準を確立し、以下のものに対応するフレキシブルなハードウェア、ソフトウェア、ツール・オプションを提供します。

有線マイコン SDK

TI の有線マイコン・ファミリは、超低消費電力とリアルタイム制御のさまざまなソリューション向けに、幅広いモジュール型ソフトウェア・ソリューションをサポートしています。以下の用途に適した有線マイコン向け各種 SDK を検索できます。

プロセッサ SDK

以下に示す TI の各種プロセッサ・ファミリ間で共通のコードを使用するハードウェアとソフトウェアで構成されたスケーラブルなプラットフォームを採用すると、開発ユーザーは複数のデバイス間でシームレスに再利用や移行を行い、将来を視野に入れて投資を保護することができます。