≤ 0.47-アレイpico製品

次世代ディスプレイに最適な超小型ソリューション

parametric-filter製品をすべて表示
DLP® Pico™ 製品は、0.1 ~ 0.47 インチの範囲にわたるミラー・アレイを採用しているので、小型アプリケーションに最適です。これらの製品は、世界各地のデジタル映画館の 10 館中 9 館 (出典:PMA Research) が使用しているのと同じディスプレイ技術を活用し、数百種類のコンシューマ・エレクトロニクスに対応できる設計を採用しています。DLP マイクロディスプレイは nHD (640 x 360) から 4K UHD (3,840 x 2,160) の解像度で、オンデマンドの自由形状ディスプレイ・アプリケーションを実現し、色鮮やかで鮮明な画像をあらゆる平面に表示します。

開発中の設計に最適な Pico 製品を検索

主なアプリケーションの概要

モバイル・スマート TV / レーザー TV
HD から 4K UHD に対応する各種 DLP Pico チップセットは、半導体照明を採用した、小型で高性能のスマート・プロジェクタを実現します。

HD から 4K UHD に対応する各種 DLP Pico チップセットは、半導体照明を採用した、小型で高性能のスマート・プロジェクタを実現します。

モバイル・スマート TV は、コンテンツをワイヤレスでストリーミングし、事実上あらゆる面に投射することができるコンパクトなデバイスです。家庭内で TV の代わりとなったり、ポータブル・ディスプレイとして利用できます。両方のアプリケーションは、超短距離投射を活用して、ユニットまで数インチの表面に投影することができます。

  • 最大 4K UHD の解像度
  • 高い光効率を実現し、小型の製品で大画面を投影可能
  • 投影機能をオフにすると、オンデマンド・ディスプレイも非表示になる
  • 半導体照明 (レーザーまたは LED) との互換性を確保

主なリソース

拡張現実 (AR) メガネ
低消費電力で超小型の各種 DLP Pico チップセットを採用すると、高輝度で高コントラストの拡張現実 (AR) ディスプレイを実現できます。

低消費電力で超小型の各種 DLP Pico チップセットを採用すると、高輝度で高コントラストの拡張現実 (AR) ディスプレイを実現できます。

拡張現実 (AR) メガネとヘッドセットが使用するディスプレイ・モジュールは、デジタル領域と物理領域の両方を融合する役割を果たします。これらのディスプレイ・モジュールは、性能、サイズ、電力に関する厳しい要件を満たします。TI の DLP Pico 技術は、小型で高性能、低消費電力の AR ディスプレイ・モジュールを可能にします。

  • 高い光効率と小さい照明電力を両立しているので、電力バジェットの制約が厳しい状況でも、高輝度ディスプレイを実現可能
  • 1000:1 超過のコントラスト比は 非常に透過性の高い背景の実現に貢献
  • マイクロ秒 (μs) 単位で切り替えを行う高速デジタル・マイクロミラーを採用し、最大 240Hz のフレーム・レート、カラー・シーケンシャル対応の高リフレッシュ・レート、短いディスプレイ・レイテンシを実現
スマート・ディスプレイ
小型で高輝度の DLP Pico ディスプレイは最大 1080p の解像度に対応し、家庭内の事実上あらゆる表面にオンデマンド・スマート・ディスプレイを投影できます。

小型で高輝度の DLP Pico ディスプレイは最大 1080p の解像度に対応し、家庭内の事実上あらゆる表面にオンデマンド・スマート・ディスプレイを投影できます。

消費者がスマート・ホーム・ソリューションの採用を進めている現状で、スマート・ディスプレイは家庭の一般的な設備になりつつあります。基本的なスマート・スピーカがフィードバックの目的でオーディオを使用するのに対し、スマート・ディスプレイは、使用方法を示すビデオ、レシピ、写真などのビジュアル・コンテンツを表示し、ユーザーの使いやすさを補完します。DLP Pico 技術を採用したスマート・ディスプレイは、事実上あらゆる場所に映像を投影できます。

  • 高輝度ディスプレイの実現で、周囲光が明るい状況を克服可能
  • 投影機能がオフのときは、非表示になるオンデマンド・ディスプレイ
  • あらゆる製品に対応できるコンパクトな光学ソリューション
  • 家庭内の事実上あらゆる平面にあらゆる形状で表示可能
家電製品
対角サイズ 0.16 インチの低消費電力かつ高輝度の各種 DLP Pico DMD (デジタル・マイクロミラー・デバイス) は、家電製品向けの革新的なディスプレイ・ソリューションを実現します。

対角サイズ 0.16 インチの低消費電力かつ高輝度の各種 DLP Pico DMD (デジタル・マイクロミラー・デバイス) は、家電製品向けの革新的なディスプレイ・ソリューションを実現します。

自社製品を差別化しようとする機器メーカーは、事実上あらゆる平面に画像を投影できるプロジェクション・ディスプレイを検討する価値があります。小型で低消費電力の DLP Pico 技術を採用すると、照明やサーモスタットに加え、食器洗い機、換気扇フード、調理台、洗濯機 / 乾燥機などのさまざまな製品で、情報やスマート・ホーム・コンテンツを表示できます。

  • あらゆる平面でのディスプレイ
  • 高コントラスト、自由形状のディスプレイ
  • 投影機能がオフのときは、非表示になるオンデマンド・ディスプレイ
  • 高い光学効率と低消費電力
スマートフォンのコンパニオン
WVGA と qHD に対応する高効率で超小型の各種 DLP Pico チップセットを採用すると、薄型で低消費電力のスマートフォン向けコンパニオン・プロジェクタを製作できます。

WVGA と qHD に対応する高効率で超小型の各種 DLP Pico チップセットを採用すると、薄型で低消費電力のスマートフォン向けコンパニオン・プロジェクタを製作できます。

スマートフォン向けコンパニオン・プロジェクタは、スマートフォンに接続して大画面を投影するための設計を採用した、ポケット・サイズのデバイスです。ワイヤレスまたは USB Type-C のコネクティビティを活用し、家族や友人と共有できる視聴環境を、迅速かつ簡単に作り出すことができます。

  • DLP Pico 技術を採用すると、ポケット・サイズの大型スクリーンを実現可能
  • DLP Intellibright™ アルゴリズムを採用すると、周囲光がさまざまに異なる環境に合わせて画像を最適化可能
  • 複数の光学モジュール・メーカーとシステム・インテグレータが参加している、完成度の高いエコシステムが利用できるので、市場参入が容易 
モバイル・プロジェクタ
小型で高輝度の各種 DLP Pico ディスプレイは最大 1080p のフル HD 解像度に対応しているので、外出先で大画面環境を作り出せるバッテリ動作プロジェクタを実現できます。

小型で高輝度の各種 DLP Pico ディスプレイは最大 1080p のフル HD 解像度に対応しているので、外出先で大画面環境を作り出せるバッテリ動作プロジェクタを実現できます。

各種モバイル・プロジェクタは小型のバッテリ動作製品であり、ノート PC、スマートフォン、ゲーム・コンソールなど、ビデオ出力を搭載したさまざまなデバイスで、ポータブルな大画面ディスプレイを実現する目的で使用できます。これらの製品は、バックパックやポケットに収納できる小型サイズであると同時に、さまざまな表面に 70 インチ以上のディスプレイを投影できる強力な設計を採用しています。

  • DLP Pico 技術には高い光学効率という特長があり、最大 1,500 ルーメンの輝度を出力できる低消費電力プロジェクタを実現可能
  • 最大 1080p の解像度を、バッテリ動作の小型フォーム・ファクタで実現
  • 複数の光学モジュール・メーカーとシステム・インテグレータが参加している、完成度の高いエコシステムが利用できるので、市場参入が容易

TI の DLP Pico ディスプレイの特長

checkmark

小さいサイズ、大きい画像

DLP テクノロジーの光学アーキテクチャと表示設計により、画像の大きさに比べて非常に小さいシステム・サイズで実現できます。

checkmark

優れた画質

DLP製品は、世界各地の映画館の 10 館中 9 館が使用しているのと同じディスプレイ技術を土台とし、原色と高コントラストを特長とするディスプレイを実現できます。 

checkmark

低消費電力

高い光学効率と DLP IntelliBright™ 画像処理アルゴリズムは、特定の輝度を実現するのに必要な照明の消費電力低減に貢献します。

checkmark

あらゆる平面でのディスプレイ

DLP Pico 技術を採用すると、鮮明な画像を事実上あらゆる平面に表示できます。必要に応じて大きな画像を生成できるうえ、電源をオフにすると画像も消えます。 

DLP Pico 技術の概要

DLP Pico 技術の概要

DLP Pico テクノロジーは、画像品質、輝度、電力効率の優れたディスプレイを実現し、小型フォーム・ファクタで電力効率の良いディスプレイ環境に貢献します。このテクノロジーは、ウルトラ・モバイル対応と低消費電力を必要とするさまざまなディスプレイ・アプリケーションと組み合わせて使用できるほか、自由形状でオンデマンドのディスプレイというニーズに対応します。

DLP ラボの入門用ビデオ (英語) と、『Getting Started With TI DLP Display Technology』 (英語) アプリケーション・レポートで、TI のこの技術の詳細をご確認ください。このビデオ (英語) は、DLP 技術の活用を短期間で開始する方法の概要を解説しています。このアプリケーション・レポート (英語) は、ディスプレイ・アプリケーションで DLP Pico 技術を使用する方法を説明するほか、最適なチップセットの選定から設計やシステムの検討事項まで、必要な情報全般を掲載しています。 

アプリケーション・ノート
TI の DLP® ディスプレイ・テクノロジー入門 (Rev. E 翻訳版)
この Getting Started ホワイト・ペーパー (英語) は、TI の DLP 技術の基本を解説しています。
document-pdfAcrobat PDF
アプリケーション・ノート
DLP System Design: Brightness Requirements and Tradeoffs (Rev. C)
開発中の投影ディスプレイが必要とする輝度の詳細をご確認ください。
document-pdfAcrobat PDF

システムの概要と評価

DLP Pico チップセットは、ブロック図に示すように、デジタル・マイクロミラー・デバイス (DMD)、コントローラ、パワー・マネージメント IC (PMIC) を搭載しており、優れた画質、小型フォーム・ファクタ、低消費電力、高い光学効率という利点を最大限に活用できます。

DLP 技術の利点を実感する最も簡単な方法は、評価基板 (EVM) を購入することです。経験が浅い場合も、エンジニアの経験が長い場合も、ニーズに応じて多様な EVM (評価基板) を活用する方法で、評価から量産に迅速に移行することができます。TI の DLP2000 評価基板 (EVM) は、DLP Pico 技術を使用して設計を開始するための最も手ごろな方法です。

セレクション・ガイド
Texas Instruments DLP® Display & Projection Chipset Selection Guide (Rev. D)
このセレクション・ガイド (英語) をご覧になると、適切なディスプレイと投影製品を選定しやすくなります。
document-pdfAcrobat PDF
ビデオ・シリーズ
最適な DLP Pico 評価基板 (EVM) の選定
このビデオ (英語) をご覧になると、開発中の設計に適した DLP Pico 評価基板を選定しやすくなります。

開発とエコシステム

光学モジュールはコンパクトなアセンブリ部品であり、デジタル・マイクロミラー・デバイス (DMD)、照明、光学、関連機械部品などを搭載しています。開発中の設計に光学モジュールを統合するのに役立つ複数のオプションがあります。迅速に市場に投入するには、既製の DLP Pico 光学モジュールが最適な選択肢になることがあります。より複雑な設計の場合、光学モジュール・メーカーとデザイン企業で構成された TI デベロッパー・ネットワークからカスタム光学機器を入手することができます。

アプリケーション・ノート
Critical Design Considerations for TI DLP® Pico™ TRP Digital Micromirror Devices
開発中のプリント基板を、DLP Pico ディスプレイ・サブシステムに適したレイアウトと電気的設計要件に対応させる必要もあります。デバイスに永続的な損傷が発生する可能性を回避するために、これらのガイドラインをご確認ください。 
document-pdfAcrobat PDF
技術記事
How we designed a DMD for the smallest projection display applications (英語)
コンパクトなプロジェクタを次世代の家電製品、AR (拡張現実) メガネ、モバイル・アクセサリに組み込み、フィットネスや睡眠の統計情報をベッド近くの台などに投影することを検討できます。最小サイズの DLP チップセットには、無限の可能性があります。 
技術記事
Creating a stunning smart display experience with DLP® Pico™ technology (英語)
大型のオンデマンド・ディスプレイと組み合わせた独自の産業用設計を製作する方法の詳細をご確認ください。DLP Pico 技術は、さまざまな種類の表面で画像を表示できるフレキシビリティを確保できるほか、デュアル・ユースを想定した単一デバイスの設計に活用できます。 

設計プロセスと開発プロセスの簡素化

DLP 技術のエコシステムは、DLP 製品の供給から、デベロッパー・ネットワークの光学メーカーやソフトウェア / ハードウェアのシステム・インテグレータによる各種サービスまで、多様な範囲にまたがっています。これらを活用すると、設計と開発の各プロセスの簡素化と迅速化を進めることができます。

詳細はこちら

≤ 0.47-アレイpico製品 関連の各種リファレンス・デザイン

セレクションツールを使用すると、お客様のアプリケーションやパラメータに最適なリファレンス・デザインをご覧いただけます。

技術リソース

ビデオ・シリーズ
ビデオ・シリーズ
DLP ラボ
このトレーニング・カリキュラムは最初に、DLP 技術の基礎や、機械的な検討事項を解説します。それらを土台とし、設計プロセスを迅速かつ簡単に進めるのに役立つ、トレーニング向けに専用制作した特定用途向けのトピックを取り扱います。
アプリケーション・ノート
アプリケーション・ノート
DLP System Design: Brightness Requirements and Tradeoffs (Rev. C)
輝度要件は、投影システムを設計する際の主な検討事項の 1 つです。輝度に影響を及ぼす各種要因と、関連するシステムのトレードオフに関する詳細をご確認ください。
document-pdfAcrobat PDF
その他の技術資料
その他の技術資料
TI DLP® Pico™ graphics icons requirements and guidelines (Rev. A)
TI の各種製品は、世界各地の映画館 10 館のうち 9 館が使用しているのと同じ DLP 技術を搭載しています。開発中製品のマーケティングでこの情報を活用する方法をご確認ください (英語情報)。 
document-pdfAcrobat PDF
DLP160CP 新製品

DLP® 0.16 インチ、nHD (640 x 360)、デジタル・マイクロミラー・デバイス (DMD)

概算価格 (USD) 1ku | 14.99
DLP160AP 新製品

DLP® 0.16 インチ、QnHD (320 x180)、デジタル・マイクロミラー・デバイス (DMD)

概算価格 (USD) 1ku | 12.99
DLPC3420 新製品

DLP160AP (0.16 インチ QnHD 320 x 180) デジタル・マイクロミラー・デバイス向け、DLP® ディスプレイ・コントローラ

概算価格 (USD) 1ku | 3.99
DLPC3421 新製品

DLP160CP (0.16 インチ nHD 640 x 360) デジタル・マイクロミラー・デバイス向け、DLP® ディスプレイ・コントローラ

概算価格 (USD) 1ku | 5.49