分光法および光ネットワーク製品

高速、プログラマブル、高精度の近赤外 (NIR) センシングとスイッチング向けに最適化済み

parametric-filter製品をすべて表示
TI の DLP® 技術を採用すると、高い信号対雑音比 (SNR) とプログラマブルな波長選択を達成する近赤外線 (NIR) 分光器を製作できるうえ、多様なサード・パーティーで構成された幅広いエコシステムによる設計サポートも利用可能です。また、DLP 製品を使用すると、波長切り替え、監視、コンディショニング、再構成可能な光分岐挿入装置 (ROADM) など、高精度で安定性の高い光学ネットワーク・アプリケーションを実現することもできます。

カテゴリ別の参照

主なアプリケーションの概要

NIR (近赤外線) 分光器
DLP 技術を採用すると、高速、高精度、小型のスペクトル・スキャナと分光器を設計できます。

DLP 技術を採用すると、高速、高精度、小型のスペクトル・スキャナと分光器を設計できます。

分子は、さまざまな波長の光に対して独特な応答を示します。分光器は、これら固有の応答を使用して物質を特定し、特性評価を行います。

物質をスキャンするときに、回折格子またはプリズムを使用し、DMD (デジタル・マイクロミラー・デバイス) に向かって光スペクトルの分光を実施します。その後、特定の波長を、単一元素検出器に振り向けることができます。その結果、性能の向上、フォーム・ファクタの小型化、低コストでの化学分析を実現できます。

  • 低コストで強力な信号に対応できる、InGaAs シングル・ポイント検出器を実現可能
  • 幅広い波長のサポート (最大 2,500nm)
  • フル・プログラマブルで、フレキシブルなスキャンに対応

主なリソース

最終製品 / サブシステム
リファレンス・デザイン
  • TIDA-00554 – Bluetooth 接続のポータブル化学分析用 DLP 超モバイル NIR 分光計
  • TIDA-00155 – DLP® 近赤外分光計、液体と固体の光学的分析用
製品
ハードウェア開発
  • DLPNIRNANOEVM – Bluetooth 接続のポータブル化学分析用 DLP 超モバイル NIR 分光計
技術資料
スペクトル・スキャナ
DLP 技術を採用すると、物質の監視とテストを実施するための高速なハンドヘルド・スペクトル・スキャナを実現できます。

DLP 技術を採用すると、物質の監視とテストを実施するための高速なハンドヘルド・スペクトル・スキャナを実現できます。

分子は、さまざまな波長の光に対して独特な応答を示します。分光器は、これら固有の応答を使用して物質を特定し、特性評価を行います。

各種プログラマブル DLP チップは、単一元素検出器を使用して、特定の波長を迅速にスキャンし、監視することができます。この種のスキャナは、汚染や熟成状態などの変化をインテリジェントな方法で監視し、ばらつきを識別することができます。その結果、性能の向上、フォーム・ファクタの小型化、低コストでの物質分析を実現できます。

  • 低コストで強力な信号に対応できる、InGaAs シングル・ポイント検出器を実現可能
  • 幅広い波長のサポート (最大 2,500nm)
  • フル・プログラマブルで、フレキシブルなスキャンに対応

主なリソース

最終製品 / サブシステム
リファレンス・デザイン
  • TIDA-00554 – Bluetooth 接続のポータブル化学分析用 DLP 超モバイル NIR 分光計
製品
ハードウェア開発
  • DLPNIRNANOEVM – Bluetooth 接続のポータブル化学分析用 DLP 超モバイル NIR 分光計
技術資料
光ネットワーク
DLP 技術を使用すると、高精度で高速な光スイッチングを実現する高度な光学ネットワーク・ソリューションを設計できます。

DLP 技術を使用すると、高精度で高速な光スイッチングを実現する高度な光学ネットワーク・ソリューションを設計できます。

また、DLP 製品は、波長の切り替え、監視、コンディショニング、再構成可能な光分岐挿入装置 (ROADM) などの光学ネットワーク・アプリケーションにも対応します。

  • 355 ~ 2,500nm という幅広い波長のサポート
  • 高水準の絶縁
  • 温度範囲全体と寿命全体にわたる高信頼性の性能
  • 波長の選択や信号の減衰などを包括的にプログラム可能
  • 高速なスイッチング速度 (4.8kHz 超過)

主なリソース

製品
技術資料

TI の分光器と光学ネットワーク製品の特長

checkmark

プログラマブル MEMS アレイ

制御可能な数十万個のピクセルは、広い温度範囲と寿命全体にわたって安定性が高く、コンパクトで信頼性の高い設計に貢献します。

checkmark

高速スイッチング

高速なスイッチング速度は波長の選択や特定の信号の減衰に役立つほか、プログラマブル・フィルタや多重化を有効にした高速スキャンにも貢献します。

checkmark

幅広い波長をサポート

これらの製品は、700 ~ 2,500nm の範囲内にある指定の波長と、広い範囲の光源に対応し、高い信頼性を確保して動作する設計を採用しています。

Fundamentals of DLP technology-based spectroscopy (英語)

Fundamentals of DLP technology-based spectroscopy (英語)

光スペクトル、光検知器、NIR (近赤外線) 測定、DLP 技術の利点、ケモメトリックス (計量化学) など、NIR 分光器アプリケーションに適した TI の DLP 技術の基礎。

アプリケーション・ノート
Wavelength Transmittance Considerations for DLP DMD Windows (Rev. E)
このレポート (英語) は、波長スペクトルのさまざまな領域を対象にして、DMD ウィンドウの透過率に関する情報を掲載しています。DMD システムの全体的な光効率を理解するには、透過率を理解することが重要です。
document-pdfAcrobat PDF
アプリケーション・ノート
Texas Instruments DLP Spectrometer Optical Design Considerations
NIR 分光器の主な光学パラメータと、システムのサイズや性能とこれらのパラメータの間の相互依存がどのような影響を及ぼすかを確認できます。DLP NIRscan Nano EVM (評価基板) の設計時に実施した複数の選択に関する情報も参照できます。
document-pdfAcrobat PDF

設計プロセスと開発プロセスの簡素化

DLP 技術のエコシステムは、DLP 製品の供給から、デベロッパー・ネットワークの光学メーカーやソフトウェア / ハードウェアのシステム・インテグレータによる各種サービスまで、多様な範囲にまたがっています。これらを活用すると、設計と開発の各プロセスの簡素化と迅速化を進めることができます。

詳細はこちら

分光法および光ネットワーク製品 関連の各種リファレンス・デザイン

セレクションツールを使用すると、お客様のアプリケーションやパラメータに最適なリファレンス・デザインをご覧いただけます。

技術リソース

ビデオ・シリーズ
ビデオ・シリーズ
DLP ラボ:光制御
このトレーニング (英語) は最初に、DLP® 技術の基礎や、機械的な検討事項を解説します。それらを土台とし、設計プロセスを迅速かつ簡単に進めるのに役立つ、トレーニング向けに専用制作した特定用途向けのトピックを取り扱います。
アプリケーション・ノート
アプリケーション・ノート
Optimizing the DLP® Spectrometer Signal Chain
このアプリケーション・レポート (英語) は、DLP 技術をベースとする分光器シグナル・チェーンのコンポーネントに関する設計上の検討事項と、これらのコンポーネント間の相互作用がシステム全体の性能に及ぼす影響について説明します。
document-pdfAcrobat PDF
アプリケーション・ノート
アプリケーション・ノート
Texas Instruments DLP Spectrometer Optical Design Considerations
このアプリケーション・レポート (英語) は、主な光学パラメータを特定し、それらのパラメータ間の相互依存が分光計設計のシステム・サイズと性能にどのような影響を及ぼすかを解説します。
document-pdfAcrobat PDF