ホーム インターフェイス CAN と LIN トランシーバと SBC

インターフェイス

CANLIN各トランシーバ、および SBC を使用して、ネットワークを最適化することができます。&&

長距離にわたってデータの信頼性とシステム性能を向上させることもできます。

CAN と LIN それぞれの高集積バス・トランシーバおよび関連のシステム・ベーシス・チップ (SBC) で構成された TI の多様な製品ラインアップは、CAN、CAN FD、LIN それぞれの通信性能、バス保護能力、および電磁波を改善します。これらのデバイスは、複数のプロトコル、業界標準のピン配置、革新的なパッケージでの供給をサポートし、車載と産業用の各ネットワーク全体で、より高速、より信頼性の高い方法で、より多くのデータを提供することができます。

車載用 CAN トランシーバ

高耐性、低放射の AEC-Q100 CAN トランシーバ、CAN FD(フレキシブル・データ・レート)をサポート

車載用 LIN トランシーバ

高耐性、低放射、AEC-Q100、単線式の堅牢な通信トランシーバ、低速、短距離車載用アプリケーション向け

システム・ベーシス・チップ

CAN、LIN、または両方の種類のトランシーバを低ドロップアウト(LDO)レギュレータなどの機能と統合する多機能 AEC-Q100 SBC

3.3V CAN トランシーバ

業界をリードする 3.3V VCC CAN トランシーバは 5V 混合ネットワークと相互運用可能で、システム・コストの低い 5V トランシーバの代替製品となります。

5V CAN トランシーバ

堅牢性の高い 5V VCC CAN トランシーバ、±70V までのバス障害保護と ±30V までの同相電圧を備える

絶縁型 CAN トランシーバ

2.5kVrms および 5kVrms の電気的に絶縁された CAN トランシーバ、最大 5Mbps の信号速度と ±70V のバス障害保護付き

主な製品

TCAN4550-Q1

SPI から CAN FD への接続を行うシステム・ベース・チップを使用すると、CAN FD に簡単にアップグレードできます。

TCAN334

スタンバイとシャットダウンの各低消費電力モードをサポートし、3.3V の電源電圧で動作する超小型 CAN トランシーバを採用すると、消費電力を削減できます。

TCAN1044V-Q1

超小型の SOT-23 パッケージに封止した CAN FD トランシーバを使用して、CAN FD のフットプリント節減と光学検査の簡素化を実現できます。

技術資料

物理層の電気信号特性、フレーム構造、データ通信プロトコルなど、CAN と LIN の各規格の基礎をご確認ください。

システムの迅速な評価とカスタマイズを可能にするボード・レベル / システム・レベルの包括的なリファレンス・デザインをご覧ください。

設計のあらゆる段階で、TI のエンジニアから迅速で信頼性の高い技術サポートを受けることができます。

技術記事

CAN / LIN システム設計に関する技術資料