ホーム インターフェイス RS-485 と RS-422 の各トランシーバ

インターフェイス

RS-485 と RS-422 の各トランシーバを使用して、より遠くまで信号を伝達

長距離にわたってデータの信頼性とシステム性能を向上させることもできます。

RS-422 と RS-485 の各インターフェイス向けの高性能トランシーバで構成された TI の製品ラインアップをご確認ください。ノイズの多い過酷な環境でも高い信頼性で性能を達成できるように、TI の RS-422 と RS-485 の各トランシーバは業界最小のパッケージで保護機能を搭載し、高い耐性を実現しています。

ESD 統合型トランシーバ

統合型 ESD 保護機能によって 30kV 以下における IEC 61000-4-2 接触放電保護と 30kV の HBM 保護を提供し、外部保護機能を除去することでコストの削減と基板面積の節約を実現する RS-485 トランシーバ

障害保護機能付きトランシーバ

過酷な産業用環境での保護と動作を目的として設計した、データ・ピンで発生する高電圧バス障害の保護と広い同相電圧に対処する RS-485 トランシーバ。

サージ保護機能付きトランシーバ

高度なサージ保護機能内蔵(IEC 61000-4-5)によって外部保護部品の数を低減できる RS-485 トランシーバ

絶縁型トランシーバ

バスライン・トランシーバとロジック・レベルのインターフェイス間の 2.5kVrms の絶縁を提供する、容量性絶縁を統合した RS-485 トランシーバ

主な RS-485 トランシーバ

THVD8000

OOK 変調機能搭載、電力線通信 (PLC) 向け、RS-485 トランシーバ

THVD1400

±8kV IEC ESD 保護機能搭載、3.3V ~ 5V RS-485 トランシーバ

THVD2450

IEC ESD と EFT の保護に対応、±70V 故障保護機能搭載、3.3V ~ 5V RS-485 トランシーバ

技術記事

RS-485 の技術資料