ホーム アイソレーション 絶縁型インターフェイス

アイソレーション

絶縁型インターフェイス・デバイスとの通信を最適化

業界をリードする信頼性、ノイズ耐性、統合を実現する基本絶縁 IC と強化絶縁 IC

開発中の設計に最適な絶縁型 RS-485、RS-422、CAN、I2C、LVDS の各デバイスを見つけてください。これらのデバイスは、寿命期間にわたる最善の信頼性と高電圧保護を実現する SiO2 絶縁バリアを採用しています。 TI の高電圧絶縁型インターフェイス・デバイスは、設計期間の短縮と基板面積の節減に貢献します。

絶縁型 RS-485

ノイズの多い産業用環境で信頼性の高い通信を実現するために設計された TI の絶縁型 RS-485 トランシーバと RS-422 トランシーバを使用すると、基板面積を節減できます。

絶縁型 CAN

TI の絶縁型 CAN トランシーバを使用して、車載と産業用の各アプリケーションで電磁波を継続的に低減し、バス障害の保護機能を高い水準に維持することができます。

絶縁型 I2C

TI の双方向 I2C 互換デジタル・アイソレータは、産業用と車載の各システムで信頼性の高い通信を実現します。

絶縁型 LVDS

高電圧の産業用システムで、高い電磁耐性と少ない電磁波を実現する、TI の低消費電力の絶縁型デュアル LVDS バッファを使用してください。

TI の絶縁テクノロジーの詳細をご確認ください

How to isolate signal and power for an RS-485 system

RS-485 通信は、長距離通信向けの一般的な規格です。RS-485 の設計で信号と電力を絶縁するさまざまな方法について説明しています。

How to Isolate Signal and Power in Isolated CAN Systems

ディスクリート型と統合型どちらの絶縁型 CAN ソリューションを採用するかという決定は、サイズ、効率、電磁波など複数の要因間のトレードオフによって異なります。各実装の利点をご確認ください。

How to isolate signal and power for I2C

I2C は、短距離通信向けの一般的な規格です。開発中のアプリケーションに合わせて I2C バスを絶縁するためのさまざまなソリューションについて説明しています。

TI の静電容量性絶縁バリアは、高電圧、高品質、信頼性を重視して設計されています。

絶縁デバイスの一般的な用語、頭字語(略語)、定義のリファレンスとして、TI の絶縁用語集(英語)を使用してください。

TI のデバイスがどのような絶縁認証を取得しているか、また、それらの認定が皆様にとってどのような意味を持つかを理解できます。