ホーム 絶縁 絶縁型インターフェイス IC 絶縁型 RS-485 トランシーバ

絶縁

絶縁型 RS-485 トランシーバ

最大動作電圧、最高のノイズ耐性、最小のソリューション・サイズ

基本絶縁型と強化絶縁型の RS-485 トランシーバと RS-422 トランシーバで構成された TI の製品ラインアップは、独自の二酸化ケイ素 (SiO2) 絶縁バリアをベースにしており、業界をリードする性能を実現します。この製品ファミリは、デジタル・アイソレータと、RS-485 または RS-422 トランシーバの機能をコンパクトな 1 つのデバイスに統合しています。

主な絶縁型 RS-485 トランシーバ

ISO1500

1Mbps、半二重、3kVrms、超小型、絶縁型 RS-485/RS-422 トランシーバ

ISO1450

EMC 保護機能搭載、50Mbps、半二重、5kVrms、絶縁型 RS-485/RS-422 トランシーバ

ISOW1412

電源内蔵、低電磁波、500kbps、強化絶縁型 RS-485/RS-422 トランシーバ

絶縁型 RS-485/RS-422 の主なリソース

最小サイズと最高の信頼性のために RS-485 を絶縁する方法 (Rev. B)

統合型の絶縁型 RS-422 と RS-485 の各トランシーバが、従来のフォトカプラ・ベース・ソリューションと比較して基板面積を大幅に節減すると同時に、高信頼性の通信を実現する方法をご確認ください。

RS-485 システムの信号と電力を絶縁する方法 (Rev. C)

RS-422 または RS-485 ノードを絶縁する各種ソリューションを紹介し、ソリューション間のトレードオフを説明しています。

堅牢な絶縁型 RS-485 が新しい産業用アプリケーションを可能にします。 (Rev. B)

ノイズの多い産業用環境に対応し、ESD と EFT に対して優れた統合型保護機能を実現して、RS-422 と RS-485 の各通信を絶縁する方法をご確認ください。

技術記事

絶縁型 RS-485 トランシーバ関連の技術記事


その他の資料

設計のあらゆる段階で、TI のエンジニアから迅速で信頼性の高い技術サポートを受けることができます。

システムの迅速な評価とカスタマイズを可能にする基板レベル / システム・レベルの包括的なリファレンス・デザインをご覧ください。

絶縁型 RS-485/RS-422 トランシーバの詳細を理解するのに役立つ各種アプリケーション・ノート、セレクション・ガイド、ホワイト・ペーパーをご覧ください。