ホーム アイソレーション 絶縁型インターフェイス 絶縁型 RS-485 トランシーバ

アイソレーション

絶縁型 RS-485 トランシーバ

最大動作電圧、最高のノイズ耐性、最小のソリューション・サイズ

基本絶縁型と強化絶縁型の RS-485 トランシーバおよび RS-422 トランシーバで構成された TI の製品ラインアップは、独自の二酸化ケイ素(SiO2)絶縁バリアをベースにしており、業界をリードする性能を実現します。   この製品ファミリは、デジタル・アイソレータと、RS-485 または RS-422 トランシーバの機能をコンパクトな 1 つのデバイスに統合しています。 

主な絶縁型 RS-485 トランシーバ

ISO1500

ISO1500 絶縁型 RS-485 トランシーバの超小型 DBQ パッケージは、幅の広い SOIC パッケージと比較すると、サイズが 1/3 のソリューションです。ISO1500 絶縁型トランシーバは堅牢な 3kVrms 絶縁バリアを採用しています。

ISO1410

ISO1410 はノイズ耐性の高い、半二重の 500kbps 絶縁型 RS-485 トランシーバです。PROFIBUS に準拠し、内蔵の保護機能と堅牢な 5kVrms 絶縁バリアを特長としています。

ISO1450

ISO1450 はノイズ耐性の高い、半二重の 50Mbps 絶縁型 RS-485 トランシーバです。PROFIBUS に準拠し、内蔵の保護機能と堅牢な 5kVrms 絶縁バリアを特長としています。

主な絶縁型 RS-485 と RS-422 のリソース& 

How to Isolate RS-485 for Smallest Size and Highest Reliability

統合型の絶縁型 RS-422 と RS-485 の各トランシーバが、従来のフォトカプラ・ベース・ソリューションと比較して基板面積を大幅に節減すると同時に、高信頼性の通信を実現する方法をご確認ください。

How to isolate signal and power for an RS-485 system

RS-422 または RS-485 ノードを絶縁する各種ソリューションを紹介し、ソリューション間のトレードオフを説明しています。

Robust Isolated RS-485 enables new industrial applications

ノイズの多い産業用環境に対応し、ESD と EFT に対して優れた統合型保護機能を実現して、RS-422 と RS-485 の各通信を絶縁する方法をご確認ください。

技術記事

絶縁型 RS-485 トランシーバ技術資料


その他の資料

TI のエキスパートからの迅速な検証済みの回答と設計に関するヒントに対するソースについては、TI の E2E™ 技術サポート・フォーラムをご覧ください。

システムの迅速な評価とカスタム化を可能にする基板レベル / システム・レベルの包括的なリファレンス・デザインをご覧ください。

絶縁型 RS-485 トランシーバと RS-422 トランシーバの詳細を理解するのに役立つアプリケーション・ノート、セレクション・ガイド、ホワイト・ペーパーをご覧ください。