ホーム マイコン (MCU) / プロセッサ マイコン (MCU) C2000 リアルタイム・マイコン

マイコン (MCU) / プロセッサ

C2000™リアルタイム・マイコン

産業用と車載用の各アプリケーションでデジタル電源とデジタル・モーター制御を可能にするリアルタイム・マイコン

C2000™ マイコンは、リアルタイム制御向けの構造を採用しています。TI には、お客様固有の設計ニーズを満たす目的特化型の車載と産業用の各ソリューションやリファレンス・デザインを開発してきた、25 年以上にわたる経験があります。TI は、さまざまなアプリケーションに対応する、多様な性能レベルと価格ポイントを取り揃えた低レイテンシのリアルタイム制御機能を提供しています。処理、センシング、アクチュエータ駆動に適した、ローエンド、ミッドレンジ、ハイエンドの各オプションを網羅した包括的なデバイス製品ラインアップから選択できます。  C2000 リアルタイム・マイコンを、GaN (窒化ガリウム) IC や SiC (シリコン・カーバイド) 電源デバイスと組み合わせると、これらの製品の能力を最大限に引き出すことができます。このような組み合わせを通じて、高いスイッチング周波数や高い電力密度など、設計上の課題を克服できます。

エントリ・レベルの性能

ペリフェラルを内蔵した TI の低コスト・デバイス・ファミリを活用すると、開発中製品の性能向上が可能になります。主な特長:

  • リアルタイム制御に適した最大 150MIPS の性能
  • 最大 512kB のフラッシュ・メモリをサポート
  • さまざまな設計オプションに対応する 38 ~ 181 本のピン
  • 設計のフレキシビリティ向上に寄与する QFP、BGA、QFN、SOP の各パッケージ

ミッド・レンジの性能

豊富なペリフェラルを内蔵した TI の多様なデバイスは、開発中の設計の向上を可能にします。主な特長:

  • リアルタイム制御に適した 150 ~ 600MIPS の性能
  • 128kB ~ 1.5MB のフラッシュ・メモリをサポート
  • さまざまな設計オプションに対応する 56 ~ 181 本のピン
  • 設計のフレキシビリティ向上に寄与する QFP、BGA、QFN の各パッケージ

高性能

包括的なペリフェラルを内蔵した TI のプレミアム・レンジのデバイスを活用すると、開発中の設計の性能向上が可能になります。主な特長:

  • リアルタイム制御に適した、600MIPS を上回る性能
  • 512kB ~ 1.5MB のフラッシュ・メモリをサポート
  • さまざまな設計オプションに対応する 100 ~ 337 本のピン
  • 設計のフレキシビリティ向上に寄与する QFP、BGA の各パッケージ

フラッシュ・メモリと性能別の C2000 リアルタイム・マイコン

リアルタイムに関する開発ニーズに適した C2000™ リアルタイム・マイコンを選択する理由

TI はリアルタイム制御の性能で業界をリードしています。TI の各種デバイスは、スケーラビリティが高い超低レイテンシのリアルタイム・マイコンであり、パワー・エレクトロニクスの効率向上に寄与する設計を採用しています。

さらに、TI の製品ラインアップに関連する多様な設計リソースを活用すると、開発中アプリケーションの評価と開発を進めることができます。

開発中のアプリケーションに最適なリアルタイム・マイコンを検索

車載と産業用の多様なアプリケーションの製作に TI 製品をご活用ください。また、お客様のニーズに適した C2000 リアルタイム・マイコンを絞り込むこともできます。

さまざまな最終製品に適した TI の各種リソースをご確認ください。以下に、その一部を掲載します。

最終製品の例:

認証プロセスの効率化

機能安全に対応した TI の各種製品、資料、ソフトウェア、知識の豊富な TI の複数のエキスパートが提供するサポートを活用すると、ISO 26262 と IEC 60730 の認証プロセスの効率化と迅速化を実現できます。TI の C2000 リアルタイム・マイコン・ファミリは、機能安全を必要とする車載または産業用アプリケーションの製作を可能にします。

 

製品開発期間の短縮に役立つ特長:

  • オンチップ診断機能を搭載し、機能安全をターゲットとする複数のサブシステムを内蔵。
  • TÜV SÜD 認証済みの各種機能安全プロセスに対応する、信頼性の高い資料。

Addressing Systematic and Random hardware faults using C2000 SafeTI Products (Rev. A)

C2000 リアルタイム・マイコンを効果的に導入して、機能安全に関する開発の目標を達成するために必要とされる、詳細情報とリソースを検索できます。

TI の C2000™ リアルタイム・マイコンを使用して開発を開始

評価やプロトタイプ製作に最適な低コストの開発ボードから、包括的なリファレンス・デザインまで、これらのリソースを活用して設計プロセスを迅速に開始することができます。

C2000 ソフトウェア開発キット (SDK) は、各種低水準ドライバ、最適化済みライブラリ、ペリフェラル関連サンプルを収録しています。TI はまた、モーター制御とデジタル電源の各アプリケーションに適した複数の SDK も提供しています。

Code Composer Studio™ ソフトウェアは、C2000 リアルタイム・マイコン向けの組込みアプリケーションの開発とデバッグに使用できる一連のツールをサポートする統合開発環境 (IDE) です。

このガイドは、C2000 リアルタイム・マイコンを使用した開発の開始に必要な情報すべてを掲載しています。このガイドは、ハードウェアからサポート・リソースまで、C2000 マイコンを使用する開発のさまざまな要素について説明しています。

TI は、C2000 リアルタイム・マイコンを使用して開発を開始する方法を示すオンライン・ハンズオン・ワークショップを提供しています。このワークショップは、SDK コンポーネントの概要、ビルド環境の設定などを取り扱います。 

C2000 リアルタイム・マイコンは、モーター制御、デジタル電源、再生可能エネルギーなど、高信頼性で高性能のリアルタイム・アプリケーションの差別化を可能にする設計を採用しています。