ホーム マイコンとプロセッサ マイコン MSP430 マイコン

マイコンとプロセッサ

MSP430 超低消費電力のセンシングと測定向けマイコン (MCU)

マイコン業界で最高のアナログを、さまざまな用途向けに手ごろな価格で提供

TI の 16 ビット MSP430™ マイコン (MCU) は、各種アプリケーションに適した手ごろなソリューションを実現します。高精度アナログの統合で TI は業界をリードしており、設計者の皆様はシステム性能の向上とシステム・コストの削減を実現できます。設計者の皆様は、実質的にあらゆるニーズに対応する、2,000 種類以上のデバイスで構成された幅広い MSP430 製品ラインアップから、コスト効率の優れたマイコンを見つけることができます。TI のシンプルなツール、ソフトウェア、クラス最高のサポートを活用して、開発を迅速に開始し、開発期間を短縮しましょう。

汎用マイコン (MCU)

TI の幅広い製品ラインアップから、あらゆるニーズに対応した手ごろな価格のマイコン (MCU) を見つけることができます。ピン互換の複数のデバイスを使用して設計をスケール化することも可能です。また、多様なメモリ容量とペリフェラル・オプションも取り揃えています。

高度なセンシング・マイコン (MCU)

アナログ・フロント・エンドを内蔵したマイコン (MCU) を検索すると、最適化済みのシステム性能と BOM (部品表) コストを各種アプリケーションで実現できます。

お客様の設計に最適な MSP430 ™マイコン (MCU) を検索してください

この表を使用すると、ピン数とメモリのニーズに最適な MSP430 マイコンを選定できます。  

                       
Memory                    
                              
≥ 256 KB     General-purpose   General-purpose   General-purpose
Advanced sensing
     
                     
64 ≤ to < 256 KB     General-purpose
Advanced sensing
  General-purpose
Advanced sensing
  General-purpose
Advanced sensing
     
                     
16 ≤ to < 64 KB General-purpose
Advanced sensing
     General-purpose
Advanced sensing
     General-purpose
Advanced sensing
     General-purpose
Advanced sensing
     
                     
< 16 KB General-purpose
Advanced sensing
  General-purpose
Advanced sensing
  General-purpose
Advanced sensing
         
                   
       
        ≤ 24 pins   > 24 to ≤ 48 pins   > 48 to ≤ 80 pins   > 80 pins Pin count

新しい MSP430™ マイコン (MCU)

MSP430I2040

4 個のデルタ・シグマ ADC、電気メーター AFE、電力監視機能、温度計を搭載した、低コストの 16KB マイコン (MCU)

MSP430FR2355

システム監視や他の各種アプリケーションに使用できる 4 個のオペアンプと DAC を搭載した低コストの 32KB マイコン (MCU) であり、16KB と 32KB のピン互換オプションも利用できます。

MSP430FR6007

流量測定、液面測定とモーション・センシング、その他の超音波アプリケーション向けの高精度超音波センシング・システムを内蔵した、低コストの 256KB マイコン (MCU)

MSP430™ 製品ラインアップの詳細

世界はこれまでに自動化を進めてきたほか、多くのデバイス、工場、家庭の相互ネットワーク接続を維持するために、これらのインテリジェント化も進行中です。 

マイコン (MCU) 設計の課題の増加と多様化に対処できるように、TI の MSP430 マイコン・ファミリは、幅広い製品ラインアップを手ごろな価格で提供しています。

メモリ、機能、パッケージ・オプションなど、TI の幅広い製品ラインアップとリソースを活用すると、すぐに開発を開始できます。