ホーム マイコンとプロセッサ プロセッサ DSP (デジタル・シグナル・プロセッサ)

マイコンとプロセッサ

デジタル信号プロセッサ

スケーラブルな幅広いプログラマブル DSP デバイスという選択肢で構成された、業界をリードする TI の製品ラインアップ

TI のプログラマブル・デジタル信号プロセッサ (DSP) は、オーディオ、航空宇宙、防衛など、さまざまな組込みリアルタイム信号処理アプリケーションで動作しています。TI の各種 DSP 製品は、低消費電力のシングル・コア・プロセッサから高性能のマルチコア DSP と ARM SoC まで広い範囲に対応しており、開発中の設計に最適な DSP を選択できます。

シングルコア DSP

TI の各種シングルコア DSP は、低消費電力とリアルタイム信号処理を目的とした設計を採用しており、ワットあたりの性能はクラス最高レベルです。

マルチコア DSP

TI の各種マルチコア DSP は、高性能の並列信号処理を実現します。

高信頼性 DSP

TI の各種高信頼性 DSP は、過酷な環境や堅牢性の高いアプリケーションで、ミッション・クリティカルな信号処理を実現します。

主な製品

TMS320C6748

固定小数点と浮動小数点を実装したこの DSP は、1mW/MHz 未満の消費電力で、高度な統合と複数のコネクティビティ・オプションに対応しています。

TMS320C6657

電力効率に優れ、使いやすいこの SoC は、最大 2.5GHz の性能を実現します。

TMS320C6678

固定小数点と浮動小数点に対応したこのマルチコア DSP は、高性能の各種信号処理アプリケーションで最大 10GHz の性能を実現します。

TI の DSP の概要

ディタミニスティック (確定的) リアルタイム信号処理を想定した製作を実施した TI の各種 DSP は、フットプリントが最小で、消費電力あたりの性能を重視しており、他のソフトウェア・プログラマブル・プロセッサより効率的な性能を実現します。特に、計算集中型の機能を実施する各種アプリケーションに最適です。TI の各種 DSP の特長:

  • 専門の命令を使用する場合、最短 10ns のイベント応答時間をサポート
  • 開発中のアプリケーションで、200μW/MHz の消費電力と、12GFLOPS/W を上回る性能を実現
  • 最大 200GFLOPS と 400GMAC の性能を実現

TI の DSP の特長と、お客様の側での容易な DSP 設計に役立つ方法をご確認ください。

DSP 関連の設計リソース

アプリケーションの開発を開始する際に、より信頼性の高い一連のハードウェア、またはアプリケーション固有の SDK (ソフトウェア開発キット) が必要になることがあります。TI は、ハードウェア・コンポーネントとソフトウェア・コンポーネント、サード・パーティーのリソースを網羅した一覧を維持しており、お客様の設計と開発のプロセスの簡素化や迅速化に貢献できます。