ホーム 電源 IC DC/DC スイッチング・レギュレータ 昇降圧 / 反転レギュレータ

電源 IC

DC/DC 昇降圧反転 、 分割レールの各製品

さまざまな設計ニーズに対応する複数の構成とサイズ

業界をリードする TI の各種製品は、開発中の電源設計の差異化に貢献します。TI のツールと技術サポートは、製品開発期間の短縮を可能にします。

トポロジー別に製品を検索

昇降圧製品

昇降圧製品

高効率のコンバータとコントローラを採用すると、昇圧または降圧で出力電圧を生成し、超小型ソリューション・サイズと高性能を実現することができます。

製品検索:
反転製品

反転製品

反転型で高効率のコントローラとコンバータは、反転出力電圧レールを生成し、最小のソリューション・サイズと最高レベルの性能を両立します。

製品検索:
分割レール製品

分割レール製品

フレキシブルで高効率の統合型分割レール DC/DC コンバータは、1 つの入力レールを受け入れ、単一デバイス内で安定化した正と負の各出力を生成します。

製品検索:

種類別に製品を検索

昇降圧コンバータ

スイッチを内蔵した効率的な小型の昇降圧、反転、または分割レール・ソリューション。

昇降圧コントローラ

外付け FET スイッチと組み合わせて使用する昇降圧コントローラ。

昇降圧モジュール

昇降圧、反転モジュール、分割レールの各ソリューション。

電源のトレンド

私たちの生活にエレクトロニクスを継続的に統合するうえで、パワー・マネージメントは中心的な役割を果たします。TI は数十年にわたり、お客様の設計に最適なパワー・デバイスを提供するための新しいプロセス、パッケージ、回路設計テクノロジーの開発をリードしてきました。電力密度、EMI、静止電流の課題に対処できるように設計してある、TI の以下の主な DC/DC 昇降圧レギュレータをご確認ください。

電力密度重視の昇降圧レギュレータと反転レギュレータ

開発中の電源設計の一般的な要件は、小型スペースで大電力を出力し、発熱を最小化することです。TI の高効率製品を採用すると、スペース制約が厳しいアプリケーションでこれらの発熱関連の問題に対処できます。TI の昇降圧レギュレータは、複数の先進的な電力テクノロジーを活用し、最も高い電力密度、サイズの最適化、最も優れた放熱性能を達成するソリューションの実現を支援しています。非常に効率の高い TI のコントローラと統合型コンバータは、さまざまな設計目標の達成に貢献します。

TPS55288

プログラマブル電源 (PPS) 制御機能搭載、36V、16A、昇降圧コンバータ

LM5176

55V の広い入力電圧範囲 (VIN)、4 個のスイッチを使用する同期整流昇降圧コントローラ

TPS63806

最適化済みの負荷ステップ応答、超小型 WCSP に封止、2.5A 高効率昇降圧コンバータ

低 EMI 対応の昇降圧レギュレータと反転レギュレータ 

昇降圧レギュレータの EMI 軽減は、多くの電源設計の主要な課題です。TI のデバイスと設計は、CISPR の必須の特性に基づく検証を実施済みであり、DC/DC スイッチャ使用時に、EMI、出力リップル、可聴ノイズ、他の短所の最小化に貢献します。業界をリードするデュアル・ランダム・スペクトラム拡散テクノロジーは、2 個のランダム周波数ジェネレータを使用し、関心のある複数の帯域内でエネルギーを分散する方法で EMI を軽減します。

LM5176

55V の広い入力電圧範囲 (VIN)、4 個のスイッチを使用する同期整流昇降圧コントローラ

TPS55288

プログラマブル電源 (PPS) 制御機能搭載、36V、16A、昇降圧コンバータ

LM5170-Q1

車載、マルチフェーズ双方向電流コントローラ

低静止電流の昇降圧レギュレータと反転レギュレータ (IQ)

一般的な電源設計は、バッテリ動作時間を延長するために、負荷範囲全体にわたって効率を高める必要があります。TI の昇降圧デバイスは、放電 (引き出し) 電圧入力に適切に対応する方法でバッテリを最大限に活用します。また、TI の超低静止電流 (IQ) 昇降圧レギュレータは、軽負荷時と接続解除時の静止電流の引き出し量を最小化します。 

TPS63900

入力電流制限機能とダイナミック電圧スケーリング機能搭載、1.8V ~ 5.5VIN、400mA、200nA の静止電流 (IQ)、昇降圧コンバータ

TPS63802

QFN/DFN パッケージ封止、2A、高効率、静止電流 11μA、昇降圧コンバータ

TPS63811

ダイナミック電圧スケーリング向け、I²C インターフェイス搭載、2.5A 高効率昇降圧コンバータ

昇降圧と反転関連の設計リソース

TI のエンド・ツー・エンド (自己完結型) の電源設計ツールを使用すると、開発期間を短縮できます。

さまざまなサプライヤの昇圧デバイスを指定し、パラメータに基づいて類似の TI デバイスを検索することができます。

設計のあらゆる段階で、TI のエンジニアから迅速で信頼性の高い技術サポートを受けることができます。