パワー・サプライ・デザイン・セミナーへのご登録 

1977 年に発表されて以来、パワー・サプライ・デザイン・セミナー・シリーズは、新しい高度な電源の概念、基本的な設計原理、"実際の" サンプル・アプリケーションを組み合わせた、豊富で技術的、実用的なプレゼンテーションを提供しています。電源設計に関する新しい知識を吸収しようとする場合でも、電源設計の経験を積んだ技術者が知識を再確認しようとする場合のどちらでも、このセミナーで取り上げるトピックは、知識レベルがさまざまに異なる技術者にとって価値があるものです。

以下のサービスを利用するには、myTI への登録が必要です。

  • 電源エキスパートによるパワー・サプライ・デザイン・トレーニング
  • セミナーのプレゼンテーション・ブック

新型コロナウイルスのによる現在の状況を慎重にモニタリングした結果、すべての地域での PSDS 2020 セッションの延期を決定致しました。新しい開催日時は未定ですが、確定次第、このページにて詳細情報を更新致します。参加者と従業員の健康と安全を優先すべく、ご了承いただけますと幸いです。

過去のセミナーの資料は、こちらからご覧いただけます。

南北アメリカ

日付と場所

住所
日付
会場
登録
米国ニューヨーク州ロチェスター 延期のお知らせ Rochester Institute of Technology (米国ロチェスター工科大学) 登録
米国フロリダ州オーランド 延期のお知らせ Orlando Airport Marriott Lakeside (オーランド・エアポート・マリオット・レイクサイド) 登録
カナダ、トロント 延期のお知らせ Mississauga Convention Center (ミシサガ・コンベンション・センター)
登録
米国ペンシルベニア州ピッツバーグ 延期のお知らせ DoubleTree by Hilton – Pittsburgh Cranberry (ダブルツリー・バイ・ヒルトン – ピッツバーグ・クランベリー) 登録
米国カリフォルニア州アーバイン 延期のお知らせ Anaheim Marriott Suites (アナハイム・マリオット・スイーツ) 登録
米国コロラド州デンバー 延期のお知らせ Renaissance Boulder Flatiron Hotel (ルネッサンス・ボルダー・フラットアイアン・ホテル) 登録
米国ワシントン州シアトル 延期のお知らせ Embassy Suites by Hilton Seattle North Lynnwood (エンバシー・スイーツ・バイ・ヒルトン・シアトル・ノース・リンウッド) 登録
米国カリフォルニア州サンタクララ 延期のお知らせ テキサス・インスツルメンツ 登録
米国ミネソタ州ミネアポリス 延期のお知らせ DoubleTree by Hilton Hotel Bloomington - Minneapolis South (ダブルツリー・バイ・ヒルトン・ホテル・ブルーミントン - ミネアポリス・サウス) 登録
米国イリノイ州シカゴ 延期のお知らせ The Stonegate Conference and Banquet Centre (ストーンゲート・カンファレンス・アンド・バンケット・センター) 登録
米国ワイオミング州ミルウォーキー 延期のお知らせ Holiday Inn Milwaukee Riverfront (ホリデー・イン・ミルウォーキー・リバーフロント) 登録
米国ニューヨーク州ロング・アイランド 延期のお知らせ Melville Marriott Long Island (メルビル・マリオット・ロング・アイランド) 登録
米国ジョージア州アトランタ 延期のお知らせ Embassy Suites – Atlanta NE/Gwinnett Sugarloaf (エンバシー・スイーツ – アトランタ NE / グイネット・シュガーローフ) 登録
米国ミシガン州デトロイト 延期のお知らせ The Westin Southfield Detroit (ウェスティン・サウスフィールド・デトロイト) 登録
米国マサチューセッツ州ウォルサム 延期のお知らせ Embassy by Hilton Boston/Waltham (エンバシー・バイ・ヒルトン / ウォルサム) 登録

アジェンダ

PSDS 2020 のアジェンダ (内容一覧):南北アメリカ
午前 8:00 ~ 8:30  歓迎とバッジの回収
午前 8:30 ~ 9:30 車載電磁波要件準拠のための電力変換手法

このトピックは、CISPR 25 規格の背景情報やテスト設定など、CISPR 25 に基づく車載 EMC 要件に合格するパワー・コンバータの設計に関する独自の課題について説明します。 
午前 9:30 ~ 9:45  休憩
午前 9:45 ~ 10:45

力率補正 (PFC) 回路の基礎

力率補正 (PFC) 回路は、入力電流を瞬時のライン電圧で位相に合わせて意図的に形成し、消費される合計皮相電力を最小化します。PFC 回路は、電力会社のような公益企業にとって有利に働くと同時に、最終アプリケーションにも利点をもたらします。このトピックは、これらの利点、PFC 回路が AC/DC 電力変換アーキテクチャにどのような影響を及ぼす可能性があるか、一般的な PFC 回路の種類、さまざまなアプローチの長所と短所、最終機器の優先順位に基づく PFC ソリューションの選択プロセスについて説明します。

午前 10:45 ~ 11:00 休憩
午前 11:00 ~ 12:00

大電流、高速スルーレートの負荷過渡に対する電圧レギュレータの設計と最適化

このトピックで分析するのは、レギュレータの過渡応答、選定した COUT に対して負荷スルーレートが及ぼす影響、およびプロセッサ向け電源アプリケーションで COUT を計算する 2 つの手法です。また、このトピックは、レギュレータの出力インピーダンス、負荷側とライン側、制御トポロジが過渡応答に及ぼす影響についても概要を説明します。

午前 12:00 ~ 午後 1:00 昼食
午後 1:00 ~ 2:00
フライバック電源でよくあるミスと解決方法

電源設計で問題に直面した場合、他の設計者も別の設計で同じ問題に遭遇し、すでに解決したことがある可能性が高いと考えられます。そのような設計者のミスや教訓から学ぶことができる場合、優れた成果が得られます。このトピックは、出力電力の小さい AC/DC 電源の設計とトラブルシューティングで発生する可能性のある、非常に一般的ないくつかのミスに注目します。特にフライバック・トポロジーに注目します。
 
午後 2:00 ~ 2:15

休憩

午後 2:15 ~ 3:15

SiC FET を使用した大電力双方向 AC/DC 電源の設計

このトピックは、双方向の AC/DC 電源、ブリッジレス PFC (力率補正)、絶縁型 DC/DC トポロジー、設計上の課題について総合的に考慮し、要約します。これらの課題を解決するには、トーテムポール PFC ソリューションや、SiC (シリコン・カーバイド) FET (電界効果トランジスタ) を使用した絶縁型 CLLLC 共振 DC/DC コンバータ・ソリューションなど、双方向 AC/DC 整流器の総合的なソリューションを詳細に検討する必要があります。また、この概念を簡単に適用するためのハードウェアとソフトウェアの実装方法の詳細について説明し、その結果を提示します。

午後 3:15 ~3:30 休憩
午後 3:30 ~ 4:30

低電力 AC/DC 電源の実用的な EMI の考慮事項

電磁干渉 (EMI) は、どの電源設計でも重要な部分に相当します。ただし、非常に多くの場合は設計フローの最終段階まで先送りされていますが、その段階で EMI に対処しようとすると、時間を要し、コストが高くつき、非効率的な解決策に陥る可能性があります。このトピックは、EMI に関する懸念を解消し、課題の発見と解決を進める方法を紹介します。

アジア地域

アジェンダ

PSDS 2020 のアジェンダ (内容一覧):アジア地域
午前 8:00 ~ 9:00 歓迎とバッジの回収
午前 9:00 ~ 10:00

車載電磁波要件準拠のための電力変換手法

このトピックは、CISPR 25 規格の背景情報やテスト設定など、CISPR 25 に基づく車載 EMC 要件に合格するパワー・コンバータの設計に関する独自の課題について説明します。 

午前 10:00 ~ 10:15 休憩
午前 10:15 ~ 11:15

力率補正 (PFC) 回路の基礎

力率補正 (PFC) 回路は、入力電流を瞬時のライン電圧で位相に合わせて意図的に形成し、消費される合計皮相電力を最小化します。PFC 回路は、電力会社のような公益企業にとって有利に働くと同時に、最終アプリケーションにも利点をもたらします。このトピックは、これらの利点、PFC 回路が AC/DC 電力変換アーキテクチャにどのような影響を及ぼす可能性があるか、一般的な PFC 回路の種類、さまざまなアプローチの長所と短所、最終機器の優先順位に基づく PFC ソリューションの選択プロセスについて説明します。

午前 11:15 ~ 11:30
休憩
午前 11:30 ~ 12:30

大電流、高速スルーレートの負荷過渡に対する電圧レギュレータの設計と最適化

このトピックで分析するのは、レギュレータの過渡応答、選定した COUT に対して負荷スルーレートが及ぼす影響、およびプロセッサ向け電源アプリケーションで COUT を計算する 2 つの手法です。また、このトピックは、レギュレータの出力インピーダンス、負荷側とライン側、制御トポロジが過渡応答に及ぼす影響についても概要を説明します。また、このトピックは、レギュレータの出力インピーダンス、負荷側とライン側、制御トポロジが過渡応答に及ぼす影響についても概要を説明します。

午後 12:30 ~ 1:30
昼食
午後 1:30 ~ 2:30

フライバック電源でよくあるミスと解決方法

電源設計で問題に直面した場合、他の設計者も別の設計で同じ問題に遭遇し、すでに解決したことがある可能性が高いと考えられます。そのような設計者のミスや教訓から学ぶことができる場合、優れた成果が得られます。このトピックは、出力電力の小さい AC/DC 電源の設計とトラブルシューティングで発生する可能性のある、非常に一般的ないくつかのミスに注目します。特にフライバック・トポロジーに注目します。

午後 2:45 ~ 3:00
休憩
午後 2:45 ~ 3:45

SiC FET を使用した大電力双方向 AC/DC 電源の設計

このトピックは、双方向の AC/DC 電源、ブリッジレス PFC (力率補正)、絶縁型 DC/DC トポロジー、設計上の課題について総合的に考慮し、要約します。これらの課題を解決するには、トーテムポール PFC ソリューションや、SiC (シリコン・カーバイド) FET (電界効果トランジスタ) を使用した絶縁型 CLLLC 共振 DC/DC コンバータ・ソリューションなど、双方向 AC/DC 整流器の総合的なソリューションを詳細に検討する必要があります。また、この概念を簡単に適用するためのハードウェアとソフトウェアの実装方法の詳細について説明し、その結果を提示します。

午後 3:45 ~ 4:00
休憩
午後 4:00 ~ 5:00

低電力 AC/DC 電源の実用的な EMI の考慮事項

電磁干渉 (EMI) は、どの電源設計でも重要な部分に相当します。ただし、非常に多くの場合は設計フローの最終段階まで先送りされていますが、その段階で EMI に対処しようとすると、時間を要し、コストが高くつき、非効率的な解決策に陥る可能性があります。このトピックは、EMI に関する懸念を解消し、課題の発見と解決を進める方法を紹介します。

欧州

日付と場所 

場所 - EMEA (欧州、中東、アフリカ)
日付
会場
登録
イスラエル、テルアビブ 2020 年 2 月25 日 Prima Millennium Hotel (プリマ・ミレニアム・ホテル) 登録
ドイツ、ニュルンベルク 延期のお知らせ Le Méridien Grand Hotel Nuremberg (ル・メリディアン・グランド・オテル・ニュルンベルク) 登録
スイス、チューリッヒ 延期のお知らせ Zurich Marriott Hotel (チューリッヒ・マリオット・ホテル) 登録
イタリア、ボローニャ 延期のお知らせ Zanhotel & Meeting Centergross (ザンホテル・アンド・ミーティング・ツェンターグロス) 登録
ドイツ、ドルトムント 延期のお知らせ Mercure Hotel Dortmund Messe & Kongress (メルキュール・オテル・ドルトムント・メッセ・ウーント・コングレス) 登録
チェコ共和国、ブルノ 延期のお知らせ Courtyard by Marriott Brno (コートヤード・バイ・マリオット・ブルノ) 登録
英国、バーミンガム 延期のお知らせ Forest of Arden Marriott Hotel & Country Club (フォレスト・オブ・アーデン・マリオット・ホテル・カントリー・クラブ) 登録
デンマーク、コペンハーゲン 延期のお知らせ Copenhagen Marriott Hotel (コペンハーゲン・マリオット・ホテル)
登録
フランス、パリ 延期のお知らせ Paris Marriott Opera Ambassador (パリ・マリオット・オペラ・アンバサダー) 登録

アジェンダ

PSDS 2020 のアジェンダ (内容一覧):欧州
午前 8:30 ~ 9:00
歓迎とバッジの回収
午前 9:00 ~ 10:00

車載電磁波要件準拠のための電力変換手法

このトピックは、CISPR 25 規格の背景情報やテスト設定など、CISPR 25 に基づく車載 EMC 要件に合格するパワー・コンバータの設計に関する独自の課題について説明します。 

午前 10:00 ~ 11:00

力率補正 (PFC) 回路の基礎

力率補正 (PFC) 回路は、入力電流を瞬時のライン電圧で位相に合わせて意図的に形成し、消費される合計皮相電力を最小化します。PFC 回路は、電力会社のような公益企業にとって有利に働くと同時に、最終アプリケーションにも利点をもたらします。このトピックは、これらの利点、PFC 回路が AC/DC 電力変換アーキテクチャにどのような影響を及ぼす可能性があるか、一般的な PFC 回路の種類、さまざまなアプローチの長所と短所、最終機器の優先順位に基づく PFC ソリューションの選択プロセスについて説明します。

午前 11:00 ~ 11:30
休憩
午前 11:30 ~ 12:30

大電流、高速スルーレートの負荷過渡に対する電圧レギュレータの設計と最適化

このトピックで分析するのは、レギュレータの過渡応答、選定した COUT に対して負荷スルーレートが及ぼす影響、およびプロセッサ向け電源アプリケーションで COUT を計算する 2 つの手法です。また、このトピックは、レギュレータの出力インピーダンス、負荷側とライン側、制御トポロジが過渡応答に及ぼす影響についても概要を説明します。また、このトピックは、レギュレータの出力インピーダンス、負荷側とライン側、制御トポロジが過渡応答に及ぼす影響についても概要を説明します。

12:30 ~ 13:30
昼食
13:30 ~ 14:30

フライバック電源でよくあるミスと解決方法

電源設計で問題に直面した場合、他の設計者も別の設計で同じ問題に遭遇し、すでに解決したことがある可能性が高いと考えられます。そのような設計者のミスや教訓から学ぶことができる場合、優れた成果が得られます。このトピックは、出力電力の小さい AC/DC 電源の設計とトラブルシューティングで発生する可能性のある、非常に一般的ないくつかのミスに注目します。特にフライバック・トポロジーに注目します。

14:30 ~ 15:30

SiC FET を使用した大電力双方向 AC/DC 電源の設計

このトピックは、双方向の AC/DC 電源、ブリッジレス PFC (力率補正)、絶縁型 DC/DC トポロジー、設計上の課題について総合的に考慮し、要約します。これらの課題を解決するには、トーテムポール PFC ソリューションや、SiC (シリコン・カーバイド) FET (電界効果トランジスタ) を使用した絶縁型 CLLLC 共振 DC/DC コンバータ・ソリューションなど、双方向 AC/DC 整流器の総合的なソリューションを詳細に検討する必要があります。また、この概念を簡単に適用するためのハードウェアとソフトウェアの実装方法の詳細について説明し、その結果を提示します。

15:30 ~ 16:00
休憩
16:00 ~ 17:00

低電力 AC/DC 電源の実用的な EMI の考慮事項

電磁干渉 (EMI) は、どの電源設計でも重要な部分に相当します。ただし、非常に多くの場合は設計フローの最終段階まで先送りされていますが、その段階で EMI に対処しようとすると、時間を要し、コストが高くつき、非効率的な解決策に陥る可能性があります。このトピックは、EMI に関する懸念を解消し、課題の発見と解決を進める方法を紹介します。

日本

日付と場所

場所 - 日本
日付
会場
登録
東京 延期のお知らせ CIVI 研修センター秋葉原 登録
大阪 延期のお知らせ CIVI 研修センター北梅田 登録

※米国 TI からの講師による講演で、同時通訳がつきます。

アジェンダ

PSDS 2020 のアジェンダ (内容一覧):日本
午前 8:30 ~ 9:00
受付
午前 9:00 ~ 10:00

車載エミッション(EMI)要件に準拠のための電力変換手法

このトピックは、CISPR 25 規格の背景情報やテスト設定など、CISPR 25 に基づく車載 EMC 要件に合格するパワー・コンバータの設計に関する独自の課題について説明します。 

午前 10:00 ~ 10:15
休憩
午前 10:15 ~ 11:15

力率補正 (PFC) 回路の基礎

力率補正 (PFC) 回路は、入力電流を瞬時のライン電圧で位相に合わせて意図的に形成し、消費される合計皮相電力を最小化します。PFC 回路は、電力会社のような公益企業にとって有利に働くと同時に、最終アプリケーションにも利点をもたらします。このトピックは、これらの利点、PFC 回路が AC/DC 電力変換アーキテクチャにどのような影響を及ぼす可能性があるか、一般的な PFC 回路の種類、さまざまなアプローチの長所と短所、最終機器の優先順位に基づく PFC ソリューションの選択プロセスについて説明します。

午前 11:15 ~ 11:30
休憩
午前 11:30 ~ 12:30

大電流、高速負荷過渡に対応した電圧レギュレータの設計と最適化

このトピックで分析するのは、レギュレータの過渡応答、選定した COUT に対して負荷スルーレートが及ぼす影響、およびプロセッサ向け電源アプリケーションで COUT を計算する 2 つの手法です。また、このトピックは、レギュレータの出力インピーダンス、負荷側とライン側、制御トポロジが過渡応答に及ぼす影響についても概要を説明します。また、このトピックは、レギュレータの出力インピーダンス、負荷側とライン側、制御トポロジが過渡応答に及ぼす影響についても概要を説明します。

12:30 ~ 13:30
昼食
13:30 ~ 14:30

フライバック電源でよくあるミスと解決方法

電源設計で問題に直面した場合、他の設計者も別の設計で同じ問題に遭遇し、すでに解決したことがある可能性が高いと考えられます。そのような設計者のミスや教訓から学ぶことができる場合、優れた成果が得られます。このトピックは、出力電力の小さい AC/DC 電源の設計とトラブルシューティングで発生する可能性のある、非常に一般的ないくつかのミスに注目します。特にフライバック・トポロジーに注目します。

14:30 ~ 14:45
休憩
14:45 ~ 15:45

SiC FET を使用した大電力双方向 AC/DC 電源の設計

このトピックは、双方向の AC/DC 電源、ブリッジレス PFC (力率補正)、絶縁型 DC/DC トポロジー、設計上の課題について総合的に考慮し、要約します。これらの課題を解決するには、トーテムポール PFC ソリューションや、SiC (シリコン・カーバイド) FET (電界効果トランジスタ) を使用した絶縁型 CLLLC 共振 DC/DC コンバータ・ソリューションなど、双方向 AC/DC 整流器の総合的なソリューションを詳細に検討する必要があります。また、この概念を簡単に適用するためのハードウェアとソフトウェアの実装方法の詳細について説明し、その結果を提示します。

15:45 ~ 16:00
休憩
16:00 ~ 17:00

低電力 AC/DC 電源の実用的な EMI の考慮事項

電磁干渉 (EMI) は、どの電源設計でも重要な部分に相当します。ただし、非常に多くの場合は設計フローの最終段階まで先送りされていますが、その段階で EMI に対処しようとすると、時間を要し、コストが高くつき、非効率的な解決策に陥る可能性があります。このトピックは、EMI に関する懸念を解消し、課題の発見と解決を進める方法を紹介します。

終了