パワー・サプライ・デザイン・セミナー へのご登録

1977 年に発表されて以来、パワー・サプライ・デザイン・セミナー・シリーズは、新しい高度な電源の概念、基本的な設計原理、"実際の" サンプル・アプリケーションを組み合わせた、豊富で技術的、実用的なプレゼンテーションを提供しています。電源設計に関する新しい知識を吸収しようとする場合でも、電源設計の経験を積んだ技術者が知識を再確認しようとする場合のどちらでも、このセミナーで取り上げるトピックは、知識レベルがさまざまに異なる技術者にとって価値があるものです。

今年の PSDS テクニカル・シリーズは、6 週間にわたる無償 Web セミナー・シリーズという形で開催します。従来と同様、品質の高い技術資料を、お客様にオンラインで提供できることをうれしく思います。

パワー・サプライ・デザイン・セミナー

Web セミナーのトピック:

  • 車載電磁波要件準拠のための電力変換手法
  • 力率補正 (PFC) 回路の基礎
  • 大電流、高速スルーレートの負荷過渡に対する電圧レギュレータの設計と最適化
  • フライバック電源でよくあるミスと解決方法
  • SiC FET を使用した大電力双方向 AC/DC 電源の設計
  • 低電力 AC/DC 電源の実用的な EMI の考慮事項

概要全体をご覧ください

地域別の Web セミナーを表示:

南北アメリカ

この Web セミナーは英語で開催されます。概要全体をご覧ください。

日付
時間
トピックと説明
登録
2020 年 10 月 8 日 午前 10:00 ~ 11:15 (CST)

車載電磁波要件準拠のための電力変換手法 

このトピックは、CISPR 25 規格の背景情報やテスト設定など、CISPR 25 に基づく車載 EMC 要件に合格するパワー・コンバータの設計に関する独自の課題について説明します。

 

登録
2020 年 10 月 15 日 午前 10:00 ~ 11:15 (CST)

力率補正 (PFC) 回路の基礎 

力率補正 (PFC) 回路は、入力電流を瞬時のライン電圧で位相に合わせて意図的に形成し、消費される合計皮相電力を最小化します。

PFC 回路は、電力会社のような公益企業にとって有利に働くと同時に、最終アプリケーションにも利点をもたらします。このトピックは、これらの利点、PFC 回路が AC/DC 電力変換アーキテクチャにどのような影響を及ぼす可能性があるか、一般的な PFC 回路の種類、さまざまなアプローチの長所と短所、最終機器の優先順位に基づく PFC ソリューションの選択プロセスについて説明します。

登録
2020 年 10 月 22 日 午前 10:00 ~ 11:15 (CST)

大電流、高速スルーレートの負荷過渡に対する電圧レギュレータの設計と最適化

このトピックで分析するのは、レギュレータの過渡応答、選定した COUT に対して負荷スルーレートが及ぼす影響、およびプロセッサ向け電源アプリケーションで COUT を計算する 2 つの手法です。また、このトピックは、レギュレータの出力インピーダンス、負荷側とライン側、制御トポロジが過渡応答に及ぼす影響についても概要を説明します。

登録
2020 年 10 月 29 日 午前 10:00 ~ 11:15 (CST)

フライバック電源でよくあるミスと解決方法

電源設計で問題に直面した場合、他の設計者も別の設計で同じ問題に遭遇し、すでに解決したことがある可能性が高いと考えられます。そのような設計者のミスや教訓から学ぶことができる場合、優れた成果が得られます。このトピックは、出力電力の小さい AC/DC 電源の設計とトラブルシューティングで発生する可能性のある、非常に一般的ないくつかのミスに注目します。特にフライバック・トポロジーに注目します。 

登録
2020 年 11 月 5 日 午前 10:00 ~ 11:15 (CST)

SiC FET を使用した大電力双方向 AC/DC 電源の設計

このトピックは、双方向の AC/DC 電源、ブリッジレス PFC (力率補正)、絶縁型 DC/DC トポロジー、設計上の課題について総合的に考慮し、要約します。これらの課題を解決するには、トーテムポール PFC ソリューションや、SiC (シリコン・カーバイド) FET (電界効果トランジスタ) を使用した絶縁型 CLLLC 共振 DC/DC コンバータ・ソリューションなど、双方向 AC/DC 整流器の総合的なソリューションを詳細に検討する必要があります。また、この概念を簡単に適用するためのハードウェアとソフトウェアの実装方法の詳細について説明し、その結果を提示します。

登録
2020 年 11 月 12 日 午前 10:00 ~ 11:15 (CST)

低電力 AC/DC 電源の実用的な EMI の考慮事項

電磁干渉 (EMI) は、どの電源設計でも重要な部分に相当します。ただし、非常に多くの場合は設計フローの最終段階まで先送りされていますが、その段階で EMI に対処しようとすると、時間を要し、コストが高くつき、非効率的な解決策に陥る可能性があります。このトピックは、EMI に関する懸念を解消し、課題の発見と解決を進める方法を紹介します。

登録

中国

この Web セミナーは、標準中国語 (中国語標準話) で開催されます。  概要全体をご覧ください。

日付
時間
トピックと説明
登録
10 月 16 日
午前 10:00 ~ 11:30

車載電磁波要件準拠のための電力変換手法 

このトピックは、CISPR 25 規格の背景情報やテスト設定など、CISPR 25 に基づく車載 EMC 要件に合格するパワー・コンバータの設計に関する独自の課題について説明します。

 

登録
10 月 23 日
午前 10:00 ~ 11:30

力率補正 (PFC) 回路の基礎 

力率補正 (PFC) 回路は、入力電流を瞬時のライン電圧で位相に合わせて意図的に形成し、消費される合計皮相電力を最小化します。

PFC 回路は、電力会社のような公益企業にとって有利に働くと同時に、最終アプリケーションにも利点をもたらします。このトピックは、これらの利点、PFC 回路が AC/DC 電力変換アーキテクチャにどのような影響を及ぼす可能性があるか、一般的な PFC 回路の種類、さまざまなアプローチの長所と短所、最終機器の優先順位に基づく PFC ソリューションの選択プロセスについて説明します。

登録
10 月 30 日
午前 10:00 ~ 11:30

大電流、高速スルーレートの負荷過渡に対する電圧レギュレータの設計と最適化

このトピックで分析するのは、レギュレータの過渡応答、選定した COUT に対して負荷スルーレートが及ぼす影響、およびプロセッサ向け電源アプリケーションで COUT を計算する 2 つの手法です。また、このトピックは、レギュレータの出力インピーダンス、負荷側とライン側、制御トポロジが過渡応答に及ぼす影響についても概要を説明します。

登録
11 月 6 日
午前 10:00 ~ 11:30

フライバック電源でよくあるミスと解決方法

電源設計で問題に直面した場合、他の設計者も別の設計で同じ問題に遭遇し、すでに解決したことがある可能性が高いと考えられます。そのような設計者のミスや教訓から学ぶことができる場合、優れた成果が得られます。このトピックは、出力電力の小さい AC/DC 電源の設計とトラブルシューティングで発生する可能性のある、非常に一般的ないくつかのミスに注目します。特にフライバック・トポロジーに注目します。 

登録
11 月 13 日
午前 10:00 ~ 11:30

SiC FET を使用した大電力双方向 AC/DC 電源の設計

このトピックは、双方向の AC/DC 電源、ブリッジレス PFC (力率補正)、絶縁型 DC/DC トポロジー、設計上の課題について総合的に考慮し、要約します。これらの課題を解決するには、トーテムポール PFC ソリューションや、SiC (シリコン・カーバイド) FET (電界効果トランジスタ) を使用した絶縁型 CLLLC 共振 DC/DC コンバータ・ソリューションなど、双方向 AC/DC 整流器の総合的なソリューションを詳細に検討する必要があります。また、この概念を簡単に適用するためのハードウェアとソフトウェアの実装方法の詳細について説明し、その結果を提示します。

登録
11 月 20 日
午前 10:00 ~ 11:30

低電力 AC/DC 電源の実用的な EMI の考慮事項

電磁干渉 (EMI) は、どの電源設計でも重要な部分に相当します。ただし、非常に多くの場合は設計フローの最終段階まで先送りされていますが、その段階で EMI に対処しようとすると、時間を要し、コストが高くつき、非効率的な解決策に陥る可能性があります。このトピックは、EMI に関する懸念を解消し、課題の発見と解決を進める方法を紹介します。

登録

ドイツ

この Web セミナーは、ドイツ語で開催されます。  概要全体をご覧ください。

日付
時間
トピックと説明
登録
29 日、2020 年 9 月
14:00 ~ 15:15 時 (CET)

車載電磁波要件準拠のための電力変換手法 

このトピックは、CISPR 25 規格の背景情報やテスト設定など、CISPR 25 に基づく車載 EMC 要件に合格するパワー・コンバータの設計に関する独自の課題について説明します。

 

登録
6 日、2020 年 10 月
14:00 ~ 15:15 時 (CET)

力率補正 (PFC) 回路の基礎 

力率補正 (PFC) 回路は、入力電流を瞬時のライン電圧で位相に合わせて意図的に形成し、消費される合計皮相電力を最小化します。

PFC 回路は、電力会社のような公益企業にとって有利に働くと同時に、最終アプリケーションにも利点をもたらします。このトピックは、これらの利点、PFC 回路が AC/DC 電力変換アーキテクチャにどのような影響を及ぼす可能性があるか、一般的な PFC 回路の種類、さまざまなアプローチの長所と短所、最終機器の優先順位に基づく PFC ソリューションの選択プロセスについて説明します。

登録
13 日、2020 年 10 月
14:00 ~ 15:15 時 (CET)

大電流、高速スルーレートの負荷過渡に対する電圧レギュレータの設計と最適化

このトピックで分析するのは、レギュレータの過渡応答、選定した COUT に対して負荷スルーレートが及ぼす影響、およびプロセッサ向け電源アプリケーションで COUT を計算する 2 つの手法です。また、このトピックは、レギュレータの出力インピーダンス、負荷側とライン側、制御トポロジが過渡応答に及ぼす影響についても概要を説明します。

登録
20 日、2020 年 10 月
14:00 ~ 15:15 時 (CET)

フライバック電源でよくあるミスと解決方法

電源設計で問題に直面した場合、他の設計者も別の設計で同じ問題に遭遇し、すでに解決したことがある可能性が高いと考えられます。そのような設計者のミスや教訓から学ぶことができる場合、優れた成果が得られます。このトピックは、出力電力の小さい AC/DC 電源の設計とトラブルシューティングで発生する可能性のある、非常に一般的ないくつかのミスに注目します。特にフライバック・トポロジーに注目します。 

登録
27 日、2020 年 10 月
14:00 ~ 15:15 時 (CET)

SiC FET を使用した大電力双方向 AC/DC 電源の設計

このトピックは、双方向の AC/DC 電源、ブリッジレス PFC (力率補正)、絶縁型 DC/DC トポロジー、設計上の課題について総合的に考慮し、要約します。これらの課題を解決するには、トーテムポール PFC ソリューションや、SiC (シリコン・カーバイド) FET (電界効果トランジスタ) を使用した絶縁型 CLLLC 共振 DC/DC コンバータ・ソリューションなど、双方向 AC/DC 整流器の総合的なソリューションを詳細に検討する必要があります。また、この概念を簡単に適用するためのハードウェアとソフトウェアの実装方法の詳細について説明し、その結果を提示します。

登録
3 日、2020 年 11 月 14:00 ~ 15:15 時 (CET)

低電力 AC/DC 電源の実用的な EMI の考慮事項

電磁干渉 (EMI) は、どの電源設計でも重要な部分に相当します。ただし、非常に多くの場合は設計フローの最終段階まで先送りされていますが、その段階で EMI に対処しようとすると、時間を要し、コストが高くつき、非効率的な解決策に陥る可能性があります。このトピックは、EMI に関する懸念を解消し、課題の発見と解決を進める方法を紹介します。

登録

イタリア

この Web セミナーは、イタリア語で開催されます。  概要全体をご覧ください。

日付
時間
トピックと説明
登録
2020 年 9 月 30 日
午後 3:00 ~ 4:15 (CET)

車載電磁波要件準拠のための電力変換手法 

このトピックは、CISPR 25 規格の背景情報やテスト設定など、CISPR 25 に基づく車載 EMC 要件に合格するパワー・コンバータの設計に関する独自の課題について説明します。

 

登録
2020 年 10 月 7 日 午後 3:00 ~ 4:15 (CET)

力率補正 (PFC) 回路の基礎 

力率補正 (PFC) 回路は、入力電流を瞬時のライン電圧で位相に合わせて意図的に形成し、消費される合計皮相電力を最小化します。

PFC 回路は、電力会社のような公益企業にとって有利に働くと同時に、最終アプリケーションにも利点をもたらします。このトピックは、これらの利点、PFC 回路が AC/DC 電力変換アーキテクチャにどのような影響を及ぼす可能性があるか、一般的な PFC 回路の種類、さまざまなアプローチの長所と短所、最終機器の優先順位に基づく PFC ソリューションの選択プロセスについて説明します。

登録
2020 年 10 月 14 日 午後 3:00 ~ 4:15 (CET)

大電流、高速スルーレートの負荷過渡に対する電圧レギュレータの設計と最適化

このトピックで分析するのは、レギュレータの過渡応答、選定した COUT に対して負荷スルーレートが及ぼす影響、およびプロセッサ向け電源アプリケーションで COUT を計算する 2 つの手法です。また、このトピックは、レギュレータの出力インピーダンス、負荷側とライン側、制御トポロジが過渡応答に及ぼす影響についても概要を説明します。

登録
2020 年 10 月 21 日 午後 3:00 ~ 4:15 (CET)

フライバック電源でよくあるミスと解決方法

電源設計で問題に直面した場合、他の設計者も別の設計で同じ問題に遭遇し、すでに解決したことがある可能性が高いと考えられます。そのような設計者のミスや教訓から学ぶことができる場合、優れた成果が得られます。このトピックは、出力電力の小さい AC/DC 電源の設計とトラブルシューティングで発生する可能性のある、非常に一般的ないくつかのミスに注目します。特にフライバック・トポロジーに注目します。 

登録
2020 年 10 月 28 日 午後 3:00 ~ 4:15 (CET)

SiC FET を使用した大電力双方向 AC/DC 電源の設計

このトピックは、双方向の AC/DC 電源、ブリッジレス PFC (力率補正)、絶縁型 DC/DC トポロジー、設計上の課題について総合的に考慮し、要約します。これらの課題を解決するには、トーテムポール PFC ソリューションや、SiC (シリコン・カーバイド) FET (電界効果トランジスタ) を使用した絶縁型 CLLLC 共振 DC/DC コンバータ・ソリューションなど、双方向 AC/DC 整流器の総合的なソリューションを詳細に検討する必要があります。また、この概念を簡単に適用するためのハードウェアとソフトウェアの実装方法の詳細について説明し、その結果を提示します。

登録
2020 年 11 月 4 日 午後 3:00 ~ 4:15 (CET)

低電力 AC/DC 電源の実用的な EMI の考慮事項

電磁干渉 (EMI) は、どの電源設計でも重要な部分に相当します。ただし、非常に多くの場合は設計フローの最終段階まで先送りされていますが、その段階で EMI に対処しようとすると、時間を要し、コストが高くつき、非効率的な解決策に陥る可能性があります。このトピックは、EMI に関する懸念を解消し、課題の発見と解決を進める方法を紹介します。

登録

日本

この Web セミナーは日本語で開催されます。  概要全体をご覧ください。

日付
時間
トピックと説明
登録
2020 年 10 月 1 日
15:00 ~ 16:00

車載電磁波要件準拠のための電力変換手法 

このトピックは、CISPR 25 規格の背景情報やテスト設定など、CISPR 25 に基づく車載 EMC 要件に合格するパワー・コンバータの設計に関する独自の課題について説明します。

 

登録
2020 年 10 月 8 日
15:00 ~ 16:00

力率補正 (PFC) 回路の基礎 

力率補正 (PFC) 回路は、入力電流を瞬時のライン電圧で位相に合わせて意図的に形成し、消費される合計皮相電力を最小化します。

PFC 回路は、電力会社のような公益企業にとって有利に働くと同時に、最終アプリケーションにも利点をもたらします。このトピックは、これらの利点、PFC 回路が AC/DC 電力変換アーキテクチャにどのような影響を及ぼす可能性があるか、一般的な PFC 回路の種類、さまざまなアプローチの長所と短所、最終機器の優先順位に基づく PFC ソリューションの選択プロセスについて説明します。

登録
2020 年 10 月 15 日
15:00 ~ 16:00

大電流、高速スルーレートの負荷過渡に対する電圧レギュレータの設計と最適化

このトピックで分析するのは、レギュレータの過渡応答、選定した COUT に対して負荷スルーレートが及ぼす影響、およびプロセッサ向け電源アプリケーションで COUT を計算する 2 つの手法です。また、このトピックは、レギュレータの出力インピーダンス、負荷側とライン側、制御トポロジが過渡応答に及ぼす影響についても概要を説明します。

登録
2020 年 10 月 22 日
15:00 ~ 16:00

フライバック電源でよくあるミスと解決方法

電源設計で問題に直面した場合、他の設計者も別の設計で同じ問題に遭遇し、すでに解決したことがある可能性が高いと考えられます。そのような設計者のミスや教訓から学ぶことができる場合、優れた成果が得られます。このトピックは、出力電力の小さい AC/DC 電源の設計とトラブルシューティングで発生する可能性のある、非常に一般的ないくつかのミスに注目します。特にフライバック・トポロジーに注目します。 

登録
2020 年 10 月 29 日
15:00 ~ 16:00

SiC FET を使用した大電力双方向 AC/DC 電源の設計

このトピックは、双方向の AC/DC 電源、ブリッジレス PFC (力率補正)、絶縁型 DC/DC トポロジー、設計上の課題について総合的に考慮し、要約します。これらの課題を解決するには、トーテムポール PFC ソリューションや、SiC (シリコン・カーバイド) FET (電界効果トランジスタ) を使用した絶縁型 CLLLC 共振 DC/DC コンバータ・ソリューションなど、双方向 AC/DC 整流器の総合的なソリューションを詳細に検討する必要があります。また、この概念を簡単に適用するためのハードウェアとソフトウェアの実装方法の詳細について説明し、その結果を提示します。

登録
2020 年 11 月 5 日
15:00 ~ 16:00

低電力 AC/DC 電源の実用的な EMI の考慮事項

電磁干渉 (EMI) は、どの電源設計でも重要な部分に相当します。ただし、非常に多くの場合は設計フローの最終段階まで先送りされていますが、その段階で EMI に対処しようとすると、時間を要し、コストが高くつき、非効率的な解決策に陥る可能性があります。このトピックは、EMI に関する懸念を解消し、課題の発見と解決を進める方法を紹介します。

登録

韓国

この Web セミナーは、英語で開催され、韓国語の字幕が付きます。 概要全体をご覧ください

日付
時間
トピックと説明
登録
2020 年 10 月 15 日 (木)
10:00 ~ 11:30

車載電磁波要件準拠のための電力変換手法 

このトピックは、CISPR 25 規格の背景情報やテスト設定など、CISPR 25 に基づく車載 EMC 要件に合格するパワー・コンバータの設計に関する独自の課題について説明します。

 

登録
2020 年 10 月 22 日 (木)
10:00 ~ 11:30

力率補正 (PFC) 回路の基礎 

力率補正 (PFC) 回路は、入力電流を瞬時のライン電圧で位相に合わせて意図的に形成し、消費される合計皮相電力を最小化します。

PFC 回路は、電力会社のような公益企業にとって有利に働くと同時に、最終アプリケーションにも利点をもたらします。このトピックは、これらの利点、PFC 回路が AC/DC 電力変換アーキテクチャにどのような影響を及ぼす可能性があるか、一般的な PFC 回路の種類、さまざまなアプローチの長所と短所、最終機器の優先順位に基づく PFC ソリューションの選択プロセスについて説明します。

登録
2020 年 10 月 29 日 (木)
10:00 ~ 11:30

大電流、高速スルーレートの負荷過渡に対する電圧レギュレータの設計と最適化

このトピックで分析するのは、レギュレータの過渡応答、選定した COUT に対して負荷スルーレートが及ぼす影響、およびプロセッサ向け電源アプリケーションで COUT を計算する 2 つの手法です。また、このトピックは、レギュレータの出力インピーダンス、負荷側とライン側、制御トポロジが過渡応答に及ぼす影響についても概要を説明します。

登録
2020 年 11 月 5 日 (木)
10:00 ~ 11:30

フライバック電源でよくあるミスと解決方法

電源設計で問題に直面した場合、他の設計者も別の設計で同じ問題に遭遇し、すでに解決したことがある可能性が高いと考えられます。そのような設計者のミスや教訓から学ぶことができる場合、優れた成果が得られます。このトピックは、出力電力の小さい AC/DC 電源の設計とトラブルシューティングで発生する可能性のある、非常に一般的ないくつかのミスに注目します。特にフライバック・トポロジーに注目します。 

登録
2020 年 11 月 12 日 (木)
10:00 ~ 11:30

SiC FET を使用した大電力双方向 AC/DC 電源の設計

このトピックは、双方向の AC/DC 電源、ブリッジレス PFC (力率補正)、絶縁型 DC/DC トポロジー、設計上の課題について総合的に考慮し、要約します。これらの課題を解決するには、トーテムポール PFC ソリューションや、SiC (シリコン・カーバイド) FET (電界効果トランジスタ) を使用した絶縁型 CLLLC 共振 DC/DC コンバータ・ソリューションなど、双方向 AC/DC 整流器の総合的なソリューションを詳細に検討する必要があります。また、この概念を簡単に適用するためのハードウェアとソフトウェアの実装方法の詳細について説明し、その結果を提示します。

登録
2020 年 11 月 19 日 (木)
10:00 ~ 11:30

低電力 AC/DC 電源の実用的な EMI の考慮事項

電磁干渉 (EMI) は、どの電源設計でも重要な部分に相当します。ただし、非常に多くの場合は設計フローの最終段階まで先送りされていますが、その段階で EMI に対処しようとすると、時間を要し、コストが高くつき、非効率的な解決策に陥る可能性があります。このトピックは、EMI に関する懸念を解消し、課題の発見と解決を進める方法を紹介します。

登録

欧州の他の国や地域

この Web セミナーは、英語で開催されます。 概要全体をご覧ください。

日付
時間
トピックと説明
登録
2020 年 10 月 1 日
午後 2:00 ~ 3:15 (CET)

車載電磁波要件準拠のための電力変換手法 

このトピックは、CISPR 25 規格の背景情報やテスト設定など、CISPR 25 に基づく車載 EMC 要件に合格するパワー・コンバータの設計に関する独自の課題について説明します。

 

登録
2020 年 10 月 8 日
午後 2:00 ~ 3:15 (CET)

力率補正 (PFC) 回路の基礎 

力率補正 (PFC) 回路は、入力電流を瞬時のライン電圧で位相に合わせて意図的に形成し、消費される合計皮相電力を最小化します。

PFC 回路は、電力会社のような公益企業にとって有利に働くと同時に、最終アプリケーションにも利点をもたらします。このトピックは、これらの利点、PFC 回路が AC/DC 電力変換アーキテクチャにどのような影響を及ぼす可能性があるか、一般的な PFC 回路の種類、さまざまなアプローチの長所と短所、最終機器の優先順位に基づく PFC ソリューションの選択プロセスについて説明します。

登録
2020 年 10 月 15 日
午後 2:00 ~ 3:15 (CET)

大電流、高速スルーレートの負荷過渡に対する電圧レギュレータの設計と最適化

このトピックで分析するのは、レギュレータの過渡応答、選定した COUT に対して負荷スルーレートが及ぼす影響、およびプロセッサ向け電源アプリケーションで COUT を計算する 2 つの手法です。また、このトピックは、レギュレータの出力インピーダンス、負荷側とライン側、制御トポロジが過渡応答に及ぼす影響についても概要を説明します。

登録
2020 年 10 月 22 日
午後 2:00 ~ 3:15 (CET)

フライバック電源でよくあるミスと解決方法

電源設計で問題に直面した場合、他の設計者も別の設計で同じ問題に遭遇し、すでに解決したことがある可能性が高いと考えられます。そのような設計者のミスや教訓から学ぶことができる場合、優れた成果が得られます。このトピックは、出力電力の小さい AC/DC 電源の設計とトラブルシューティングで発生する可能性のある、非常に一般的ないくつかのミスに注目します。特にフライバック・トポロジーに注目します。 

登録
2020 年 10 月 29 日
午後 2:00 ~ 3:15 (CET)

SiC FET を使用した大電力双方向 AC/DC 電源の設計

このトピックは、双方向の AC/DC 電源、ブリッジレス PFC (力率補正)、絶縁型 DC/DC トポロジー、設計上の課題について総合的に考慮し、要約します。これらの課題を解決するには、トーテムポール PFC ソリューションや、SiC (シリコン・カーバイド) FET (電界効果トランジスタ) を使用した絶縁型 CLLLC 共振 DC/DC コンバータ・ソリューションなど、双方向 AC/DC 整流器の総合的なソリューションを詳細に検討する必要があります。また、この概念を簡単に適用するためのハードウェアとソフトウェアの実装方法の詳細について説明し、その結果を提示します。

登録
2020 年 11 月 5 日
午後 2:00 ~ 3:15 (CET)

低電力 AC/DC 電源の実用的な EMI の考慮事項

電磁干渉 (EMI) は、どの電源設計でも重要な部分に相当します。ただし、非常に多くの場合は設計フローの最終段階まで先送りされていますが、その段階で EMI に対処しようとすると、時間を要し、コストが高くつき、非効率的な解決策に陥る可能性があります。このトピックは、EMI に関する懸念を解消し、課題の発見と解決を進める方法を紹介します。

登録

台湾

この Web セミナーは、標準中国語 (中国語標準話) で開催されます。 概要全体をご覧ください。

日付
時間
トピックと説明
登録
2020  年 10 月 8 日 (木)
10:00 ~ 11:30

車載電磁波要件準拠のための電力変換手法 

このトピックは、CISPR 25 規格の背景情報やテスト設定など、CISPR 25 に基づく車載 EMC 要件に合格するパワー・コンバータの設計に関する独自の課題について説明します。

 

登録
2020  年 10 月 15 日 (木)
10:00 ~ 11:30

力率補正 (PFC) 回路の基礎 

力率補正 (PFC) 回路は、入力電流を瞬時のライン電圧で位相に合わせて意図的に形成し、消費される合計皮相電力を最小化します。

PFC 回路は、電力会社のような公益企業にとって有利に働くと同時に、最終アプリケーションにも利点をもたらします。このトピックは、これらの利点、PFC 回路が AC/DC 電力変換アーキテクチャにどのような影響を及ぼす可能性があるか、一般的な PFC 回路の種類、さまざまなアプローチの長所と短所、最終機器の優先順位に基づく PFC ソリューションの選択プロセスについて説明します。

登録
2020  年 10 月 22 日 (木)
10:00 ~ 11:30

大電流、高速スルーレートの負荷過渡に対する電圧レギュレータの設計と最適化

このトピックで分析するのは、レギュレータの過渡応答、選定した COUT に対して負荷スルーレートが及ぼす影響、およびプロセッサ向け電源アプリケーションで COUT を計算する 2 つの手法です。また、このトピックは、レギュレータの出力インピーダンス、負荷側とライン側、制御トポロジが過渡応答に及ぼす影響についても概要を説明します。

登録
2020  年 10 月 29 日 (木)
10:00 ~ 11:30

フライバック電源でよくあるミスと解決方法

電源設計で問題に直面した場合、他の設計者も別の設計で同じ問題に遭遇し、すでに解決したことがある可能性が高いと考えられます。そのような設計者のミスや教訓から学ぶことができる場合、優れた成果が得られます。このトピックは、出力電力の小さい AC/DC 電源の設計とトラブルシューティングで発生する可能性のある、非常に一般的ないくつかのミスに注目します。特にフライバック・トポロジーに注目します。 

登録
2020  年 11 月 5 日 (木)
10:00 ~ 11:30

SiC FET を使用した大電力双方向 AC/DC 電源の設計

このトピックは、双方向の AC/DC 電源、ブリッジレス PFC (力率補正)、絶縁型 DC/DC トポロジー、設計上の課題について総合的に考慮し、要約します。これらの課題を解決するには、トーテムポール PFC ソリューションや、SiC (シリコン・カーバイド) FET (電界効果トランジスタ) を使用した絶縁型 CLLLC 共振 DC/DC コンバータ・ソリューションなど、双方向 AC/DC 整流器の総合的なソリューションを詳細に検討する必要があります。また、この概念を簡単に適用するためのハードウェアとソフトウェアの実装方法の詳細について説明し、その結果を提示します。

登録
2020  年 11 月 12 日 (木)
10:00 ~ 11:30

低電力 AC/DC 電源の実用的な EMI の考慮事項

電磁干渉 (EMI) は、どの電源設計でも重要な部分に相当します。ただし、非常に多くの場合は設計フローの最終段階まで先送りされていますが、その段階で EMI に対処しようとすると、時間を要し、コストが高くつき、非効率的な解決策に陥る可能性があります。このトピックは、EMI に関する懸念を解消し、課題の発見と解決を進める方法を紹介します。

登録