パワー・マルチプレクサ

電流ソリューションから統合型のパワー・マルチプレクサへのシームレスな切り替えが可能

parametric-filter製品をすべて表示
パワー・マルチプレクサは、単一出力を保護機能と組み合わせる 2 つの入力パワー・パス間で選択・移動します。パワー・マルチプレクサは、バレル・プラグ (DC プラグ)、USB、ワイヤレス充電、バックアップ電源、バッテリ、他の電源入力のいずれかを選択します。加えて、これらのデバイスは高速またはシームレスな切り替え応答を必要とするアプリケーションをサポートし、電力切り替え時のシステム・リセットを防止します。

カテゴリ別の参照

仕様別の選択
TPS2116 新製品

1.6V ~ 5.5V、40mΩ、2.5A、低静止電流 (IQ)、優先順位付きパワー・マルチプレクサ

概算価格 (USD) 1ku | 0.3

統合型パワー・マルチプレクサの主な利点

checkmark

切り替え性能

高速な切り替え性能を達成しているので、電力の切り替え中の電圧降下を最小化し、切り替え中もシステムの動作状態を維持することができます。自動動作とユーザー制御の各オプションが使用できます。

checkmark

保護

過電圧、過電流、突入電流に対処できる保護機能と、ソフト・スタート機能やサーマル・シャットダウン機能を内蔵した TI のシングルチップ・ソリューションを最大限に活用することができます。

checkmark

トータル・ソリューション・サイズ

電力密度を高めることや、BOM (部品表) 点数の低減とソリューション・サイズの小型化を通じて、レイアウトのフレキシビリティを向上させることができます。

技術リソース

アプリケーション・ノート
アプリケーション・ノート
Basics of Power MUX (Rev. A)
パワー・マルチプレクスについて、重要な機能について、個別の要件に合ったソリューションまたはトポロジーを見つける方法をご確認ください。
document-pdfAcrobat PDF
ビデオ
ビデオ
What is power muxing? (英語)
このプレゼンテーション (英語) は、パワー・マルチプレクサの概要、パワー・マルチプレクサが必要な状況の例、パワー・マルチプレクサ回路を選択する際の検討事項、現在利用可能なソリューション、外部回路を使用するいくつかの独自アプリケーションについて解説します。
アプリケーション・ノート
アプリケーション・ノート
Achieve Power Efficiency with the TPS2116
この技術資料は、統合型パワー・マルチプレクサである TPS2116 の性能と、ディスクリート・ベースの実装との比較を示しています。
document-pdfAcrobat PDF

設計と開発に役立つリソース

Evaluation board
TPS2116 、手動と自動の切り替え機能搭載、低静止電流 (Iq) パワー・マルチプレクサの評価基板

TPS2116 は、TPS2116 デバイス評価のための包括的な組み立てとテスト実施済みの評価基板 (EVM) です。TPS2116 は、デュアル入力、シングル出力のパワー・マルチプレクサであり、利用可能な複数の入力の間で、自動または手動の切り替えを実行するように構成することができます。この評価基板を使用すると、TPS2116 の電圧定格と電流定格の全体にわたって評価できるように、この製品の動作モードを構成することができます。この EVM で、出力、入力、スイッチングの各波形を監視できます。

Evaluation board
優先パワー・マルチプレクサ・アプリケーション向け TPS2121 評価モジュール

TPS212x EVM は、2 入力、1 出力パワー・マルチプレクサである TI の TPS212x ファミリ向けの評価基板です。 このデバイスは、それぞれが 2.7V ~ 22V の範囲で動作する 2 個の電源の間で、検出、選択、シームレスな遷移を自動的に実行します。TPS2121 デバイスは VSON HotRod パッケージ採用で最大 4A を供給できるのに対し、TPS2120 デバイスは WCSP パッケージ採用で最大 3A を供給できます。ユーザーズ・ガイド (英語) は、この EVM の回路図、基板レイアウト、部品表、およびこの EVM (...)

Reference design
バックアップ電源向けのシームレスな切り替えのリファレンス・デザイン

TIDA-01638 リファレンス・デザインは、冗長型電源を採用したパワー・マルチプレクシングを提示します。1 つの電力供給源が故障した場合、システムをバックアップ電力供給源に切り替え、ダウンストリームの負荷に中断のない電力を供給する必要が生じます。したがって、電源の冗長性を確保しておくと、1 つの電源で障害が発生した場合でも、システムは自動的に他の電力レールに切り替わり、データの消失を防止できます。

パワー・マルチプレクサ 関連の各種リファレンス・デザイン

セレクションツールを使用すると、お客様のアプリケーションやパラメータに最適なリファレンス・デザインをご覧いただけます。