RF アンプ

TI の各種 RF アンプ採用で、性能と帯域幅に関するニーズに対応可能

parametric-filter製品をすべて表示
航空宇宙 / 防衛、試験 / 測定、ワイヤレス・インフラの各アプリケーションを想定した TI の各種 RF アンプは、DC ~ 8GHz の幅広い周波数範囲に対応しています。TI の製品ラインアップは、強力な OIP3 (3 次出力インターセプト・ポイント) 直線性性能と、業界をリードする HD2/HD3 歪み (2 次 / 3 次高調波歪み) 特性を達成していると同時に、システム・コストとスペースの最適化に役立ちます。

カテゴリ別の参照

TRF1208 新製品

10MHz ~ 11GHz、3dB 帯域幅、シングルエンド入力、差動出力の変換アンプ

概算価格 (USD) 1ku | 35

設計と開発に役立つリソース

Evaluation board
LMH9126、LMH9226、LMH9135、LMH9235 の各アクティブ・バランに対応する、AFE7920 リファレンス・デザインの評価基板
AFE79-LMH9-EVM 評価基板 (EVM) は、LMH9xxx アクティブ・バラン・ファミリとのインターフェイスを確立する、統合型 RF サンプリング・トランシーバ AFE79xx ファミリの性能を評価するための評価基板です。AFE79-LMH9-EVM は、AFE7920、LMH9126、LMH9226、LMH9135、および LMH9235 を提示します。このデバイスは、次世代の 5G マッシブ MIMO アクティブ・アンテナ・システム向けの要件サポートに適していると同時に、トランシーバの出力とのインターフェイスや、パワー・アンプ (PA) の入力の駆動も実現します。この基板は (...)
Evaluation board
広帯域 RF レシーバのリファレンス・デザイン

8GHz DC 結合完全差動アンプ (FDA) 搭載、RF サンプリング 4GSPS ADC最大 2GHz の連続キャプチャ帯域幅に対応する、広帯域幅で高性能の AC 結合または DC 結合のキャプチャ・プラットフォームを実現します。DDC (デジタル・ダウン・コンバータ) 機能を内蔵しているので、キャプチャ信号のチューニング、ダウンコンバージョン、帯域幅低減を実行でき、フレキシブルな RF サンプリング・アプリケーション開発が可能です。広帯域幅の DC 結合入力に対応し、高周波の時間ドメイン・アプリケーションもサポートします。

Reference design
LMH5401 と LMH6401 をカスケード接続したリファレンス・デザイン

DC 結合と AC 結合両方のアプリケーションに対応する、シングルエンドから差動への変換を行う広帯域リファレンス・デザインが公開済みです。このデザインは、LMH5401 と LMH6401 のカスケード接続の性能を評価し、設計に関する理解を深めるのに役立ちます。

RF アンプ 関連の各種リファレンス・デザイン

セレクションツールを使用すると、お客様のアプリケーションやパラメータに最適なリファレンス・デザインをご覧いただけます。