リニア・ホール・エフェクト・センサ

絶対位置測定用途で、磁束密度に比例した信号を出力するセンサを活用した設計が可能

parametric-filter製品をすべて表示
TI のリニア・ホール効果センサは、さまざまなアプリケーションで非接触型の高精度位置センシングを実施します。その高精度と高信頼性を活用すると、磁石の線形方向の動きを検出し、ロータリー・アプリケーションの角度位置を検出することができます。

カテゴリ別の参照

種類別に選択

デバイス・タイプ

出力形式として、バイポーラ、ユニポーラ、PWM (パルス幅変調) のいずれかを選択できます。

電源電圧

開発中アプリケーションのニーズに対応する低電圧 / 高電圧の電源電圧範囲オプションを検索できます。

デバイスのパッケージ

新規または既存の設計で簡単に実装できるように、さまざまな業界標準パッケージ・オプションを参照することができます。

技術リソース

ビデオ・シリーズ
ビデオ・シリーズ
TI プレシジョン・ラボ - 磁気センサ
リニア・ホール効果センサを含め、磁気センサに関する TI の包括的なプレシジョン・ラボ・カリキュラム (https://training.ti.com/jp/node/1139634?context=1139747-1139746-1137749-1139634) (英語) をご確認ください。
アプリケーション・ノート
アプリケーション・ノート
Linear Hall Effect Sensor Angle Measurement Theory, Implementation (Rev. B)
角度測定の目的で 1 軸リニア・ホール効果センサを使用する方法をご確認ください。
document-pdfAcrobat PDF
アプリケーション・ノート
アプリケーション・ノート
Linear Hall Effect Sensor Array Design
多様な 1 軸リニア・ホール効果センサを使用し、長距離を隔てて絶対位置を測定する方法をご覧ください。
document-pdfAcrobat PDF