ホーム センサ 磁気センサ

センサ

磁気センサ

磁気位置センシングと電流センシングに適した、低消費電力、高信頼性、コスト最適化済みの各種ソリューション

磁石の近接検出、回転に関する計算の実行、ドリフトの小さい高精度電流測定など、TI の各種磁気センサは、開発中システムの制御に役立つ、信頼性と精度の高いデータを提供します。 

ホール効果電流センサ

高精度、小さい温度ドリフト、ガルバニック絶縁型の各種ホール効果電流センサは、保護、フィードバック制御、システム監視を実現します。

ホール効果ラッチとスイッチ

さまざまなアプリケーションで磁石の存在を高精度検出できる、低消費電力、高帯域幅、高感度のホール効果ラッチとスイッチです。

リニア・ホール効果センサ

絶対位置測定向けに、磁束密度に比例した信号を出力する、バイポーラ、ユニポーラ、PWM 出力の各リニア・ホール効果センサです。

多軸のセンサとリニア角度位置センサ

高集積、高精度のリニア 3D ホール効果センサは、構成可能なソリューションと診断機能を実現し、信頼性の高いシステム動作を可能にします。

主な磁気センサ

TMAG5170

SPI バス・インターフェイス搭載、高精度、3D、リニア・ホール効果センサ

TMAG5110

2 次元、デュアルチャネル、高感度、ホール効果ラッチ

TMCS1100

業界最高の精度 (0.5%)、ゼロドリフト、ガルバニック絶縁型の磁気電流センサ

磁気センサ関連資料

磁気センサに関する TI の包括的なプレシジョン・ラボ・カリキュラムをご確認ください。

各種ホール効果センサの利点と開発中システムでの活用方法をご確認ください。

最大 5,000 個の部品で構成された BOM (部品表) を入力できます。リアルタイムのオンスクリーン・クロスリファレンス・システムを活用して、開発中の設計に最適な部品を見つけることができます。