ホーム センサ 特殊センサ 誘導形近接センサ対応 AFE

センサ

誘導形近接センサ対応 AFE

磁石を使用しない非接触式センシングにより、導電性ターゲットの位置を検出

誘導性センサ・アナログ・フロント・エンド (AFE) とインダクタンス/デジタル・コンバータ (LDC) は、位置センシング・アプリケーションでサブミクロン (1μm 未満) の分解能を実現します。これらの製品は直流 (DC) 磁界に対する耐性があり、動作に磁石を必要としません。TI の誘導性センサ AFE は、非接触式の性質なので、過酷な環境で高い信頼性を実現できます。

インタラクティブなタッチ・ボタン

高精度と構成可能な押下力検出を実現した TI の誘導性センサ AFE を活用すると、水中や他の過酷な環境で動作し、手袋着用にも対応できる、信頼性の高い非接触式ボタンを設計できます

イベント計測

TI の誘導性センサ AFE を採用すると、インクリメンタル・エンコーダ・ノブと、最大 300 イベント/秒のイベント計測に対応する、信頼性が高くシンプルなソリューションを実装しやすくなります。

金属の近接検出

近接または位置センシング・アプリケーションで TI の誘導性センサ AFE を使用すると、マイクロメートル (μm) 単位の精度で導電性物質の存在を検出できます。

誘導性センサ AFE 製品の比較

LDC1614

LDC1314

LDC3114-Q1

LDC2114

LDC0851

主なアプリケーション
金属の近接検出
金属の近接検出
金属の近接検出またはタッチ・ボタン
タッチ・ボタン
インクリメンタル・エンコーダとイベント計測
2 次側アプリケーション
タッチ・ボタン
タッチ・ボタン
no
no
金属の近接検出
分解能
28 ビット
12 ビット
24 ビット (未加工データ)
12 ビット (ボタン)
12 ビット
no

出力方式
I2C
I2C
I2C またはプッシュプル
I2C またはプッシュプル
プッシュプル
特長
未加工コードのデジタル出力
未加工コードのデジタル出力
未加工コードのデジタル出力
マイコン不要の動作
ベースライン補償出力
ベースライン補償出力
マイコン不要の動作
スイッチ出力
マイコン不要の動作
車載認証済み
yes
yes
yes
no
no
電源電圧
2.7V ~ 3.6V
2.7V ~ 3.6V
1.8V
1.8V
1.8V ~ 3.3V

誘導性センサ AFE の設計 / 開発ツール

誘導性タッチのステンレス・スチール・キーパッド

厚さ 0.6mm の 1 枚のステンレス・スチール金属から成形した 16 ボタン・キーパッド。

LDC0851 を使用する、32 ポジションの誘導性センシング・エンコーダ・ノブ

誘導センシングをベースとするインクリメンタル・エンコーダ・ノブのデザインを活用すると、制御入力に対する高信頼性で低コストのインターフェイスを実現できます。  別のセンシング・テクノロジーを使用する場合に問題となる、ちり、湿気、油が存在する環境下でも、信頼性の高い動作を確保できます。このソリューションでは、磁石が不要です。

LDCCOILEVM リファレンス・コイル・ボードの評価基板

細長い長方形の非対称コイルから、直径 3mm の小型円形コイルまで、19 種類のさまざまな独自 PCB コイルが付属している LDCCOILEVM は、システムのプロトタイプ製作で最大のフレキシビリティを実現し、さまざまなコイル・サイズで実験を実施できる設計を採用しています

誘導性センサ AFE 関連の技術リソース

TI プレシジョン・ラボ - 誘導性センシング (英語) で専門知識を蓄積

TI プレシジョン・ラボでは、アナログ・エンジニアを対象にした業界で最も包括的なオンライン・トレーニングを提供しています。このオンデマンド・カリキュラムはモジュール形式の実践的トレーニング・ビデオで構成されており、理論と応用形式の演習を組み合わせています。誘導性センシングの基礎、重要な一般的アプリケーション、設計を開始するためのリソースを網羅しており、誘導性センシング設計の迅速化に役立ちます。

TI の誘導性センサ・カリキュレータを使用すると、開発中のシステム要件に基づいて最適なデバイス構成を見つけることができます。

誘導性と容量性の各センシング・テクノロジーの使用に伴う利点、および利用可能な設計リソースをご確認ください。

TI のデバイス・セレクション・ガイド (英語) をお読みになると、開発中の設計に最適なデバイスを選定できます。