テクノロジー

機能安全システム認証手続きの合理化  

ISO 26262 や IEC 61508 認証などを効率的に達成するために、TI の製品、提供資料、知識豊富な安全エキスパートをご活用ください。

製品検索機能

TI のアナログと組込みプロセッシング製品を使用して、ISO 26262 や IEC 61508 などの機能安全規格の厳格な要件に対応できます。TI のすべての製品は、TI が認定する品質管理プロセスに従いますが、安全性が重視される機能には、より厳格さが必要であることを理解しています。それで、TI の機能安全準拠製品では、TÜV SÜD 認証の機能安全ハードウェアおよびソフトウェア開発プロセスを採用しています。     

設計で必要とされる最高の ASIL と SIL レベルの達成をサポートします。機能安全の認定エンジニアに加えて、機能安全 FIT 率、FMEDA、安全証明書、ソフトウェア診断ライブラリなどの資料やリソースが利用可能なため、認証プロセスの合理化に役立ちます。

以下のチャートに、機能安全製品の技術資料セクションにある開発プロセスと資料を示します。

 
 
機能安全対応
機能安全品質管理*
機能安全準拠*
開発プロセス TI の品質管理プロセス
yes
yes
yes
TI の機能安全プロセス
yes
分析レポート 機能安全 FIT 率の計算
yes
yes
yes
故障モード分布 (FMD) やピン FMA**
yes
FMEDA に含まれています
FMEDA に含まれています
FMEDA
yes
yes
フォールト・ツリー解析 (FTA)**
yes
診断の説明 機能安全マニュアル
yes
yes
認証 機能安全製品証明書***
yes

* 機能安全準拠製品には、SafeTI-26262 または SafeTI-61508 製品が含まれています。また、機能安全品質管理製品には、SafeTI-60730 または SafeTI-QM 製品が含まれています。  

** アナログ電源とシグナル・チェーン製品でのみ利用できます。

*** 一部の製品で利用可能です。

機能安全に対応した製品

設計は、適切な部品を見つけることから始まります。TI の非常に堅牢な機能安全準拠製品と機能安全品質管理製品をご確認ください。多くの製品は、安全メカニズムが統合された設計となっており、体系的またはランダムなハードウェア障害による危険な故障の検出と防止がしやすいため、最終的に、ASIL-D または SIL-3 機能安全システム認証の取得に役立ちます。 

主なアプリケーションをご確認ください

車載用または産業用の機能安全アプリケーション向けの製品、リファレンス・デザイン、設計リソースの検索にシステム・ブロック図をご活用ください。

車載用

先進的な電子機器部品は、車両の排出量を削減し、コネクティビティを改善し、自律的な運転のレベルを実現できます。運転には多くのリスクが存在するため、機能安全が必要なリスク管理フレームワークを提供します。TI のデバイス、ツール、設計リソースを利用すると、ISO 26262 要件、ASIL D までのオートモーティブ・セーフティー・インテグリティ・レベル (ASIL) を満たす設計が可能です。

産業用

Industry 4.0 からロボットやモーター駆動まで、産業用システムはよりスマートで安全になり、効率も向上してきました。より安全な産業用システムを設計し、製造の停止時間を削減し、機器の寿命を最大化する需要の高まりによって、IEC 61508、ISO 13849、IEC 61800、IEC 60730 のような規格を満たす水準まで機能安全デザイン要件を引き上げています。産業用システム・レベルの極めて困難な技術的課題に対応する必要がある製品とリソースを紹介しています。 

産業用ロボット・アームのアイコン

よくある質問

他にも質問がございますか?TI E2E™ テクニカル・サポート・フォーラムでは、TI のエンジニアがお客様のご質問にお答えし、ナレッジを公開しています。  

部品はどの規格に準拠していますか?

IEC 60730 – 家庭用機器や同様の用途に対する自動電気制御に適用されます。また、この規格は、店舗、オフィス、病院、農場、商業用、産業用アプリケーションで使用される機器など、一般に使用される機器の自動電気制御にも適用されます。

IEC 61508 – 電気 / 電子 / プログラマブル電子 (E/E/PE) システムを使用して安全機能を実行する場合に考慮すべき機能安全要素を扱っています。 この規格は、幅広い産業用アプリケーションに適用でき、他の多くの規格の基礎としても使用されます。

ISO 26262 – 電気 / 電子 (E/E) システムを含む機能安全関連システムや、量産自動車に搭載される機能安全関連システムに適用されます。

 

機能安全 FIT 率とテクノロジー FIT 率は異なる指標ですか?機能安全 FIT 率はどのように計算されますか?

はい、機能安全 FIT 率とテクノロジー FIT 率は異なる指標です。TI の機能安全 FIT は IEC TR 62380 に準拠しており、ご要望があれば SN 29500 にも準拠します。機能安全 FIT 率の測定方法には違いがあるため、TI のテクノロジー FIT 率カリキュレータを使用した結果は、機能安全システムで必要なものではありません。

 

FMEA とピン FMA の違いは何ですか?

どちらのレポートも、故障モード解析の結果です。レポートの内容と形式は異なります。

FMEA レポートは、AIAG FMEA 要件規格を使用する車載用製品開発において IATF 16949 規格で必要とされるプロセスと形式に準拠しています。 故障モード解析レポートは、AIAG FMEA のプロセスと形式に準拠していない場合、ピン FMA と呼ばれます。 

 

FMD とピン FMA の両方を提供している製品と、どちらか一方しか提供していない製品があるのはなぜですか?

特定の故障モードに簡単にマッピングできる専用の単一機能ピンがある場合は、ピン FMA を提供する必要があります。一方、マイコンまたはプロセッサ・デバイスでは、 IO は通常マルチファンクションで、内蔵ピン・マルチプレクシングの複数の層があるため、単一のファンクションがなく、単一 の IO を単一の特定故障モードにマッピングする実質的な手段はありません。

このシナリオでは、各ピンの故障の可能性は同じであるため、故障率は同じであると想定されています。FMEDA では、パッケージの故障率は IEC 62380 モデルにより計算され、その後、ピンの数で均等に割って、ピン故障率あたりの FIT が示されます。FMEDA を使用すると、個別のピン・レベルまで適用される診断手段により、パッケージの故障率を包括的に制御できます。最後に、ピンの故障を含む IP の障害モードについては、個別の IP 解析でカバーされており、さらなるピン FMA は冗長化されます。

 

選択した製品に分析レポートがない場合はどうすればよいですか?

お近くの営業担当者にお問い合わせください。

 

SafeTI 製品はどこで入手できますか?

SafeTI ブランドはもう使用されていませんが、これらの製品は引き続きサポートされており、入手可能です。SafeTI-26262 または SafeTI-61508 製品を使用または検討している場合は、機能安全準拠製品カテゴリーからご覧いただけます。SafeTI-60730 または SafeTI-QM 製品を使用または検討している場合は、機能安全品質管理製品としてリストされた中からお探しください。